謎はいつもそこに

子供の頃から自然に生活の中にまざっていた不自然なものたちのお話。

生まれて初めて見た景色

「体内記憶」という言葉が認知されて久しいですが、体内ではなく、生まれて初めて目が見えた時の記憶を書いてみます。

 

体内記憶についてもいくつかあるので、それはまた別の記事に書こうと思います。

 

生まれて初めて見た景色。それは色彩の乱反射でした。

とにかく「色」というものの、なんて鮮やかなこと!

特にオレンジ色がきれいだったのを覚えています。

いろいろな色があるこの世界はなんだろう、と思っていると、だんだん見えている世界の輪郭がはっきり見えてきました。

天井、壁、上でくるくる回っているカラフルなおもちゃ。

ふいに、誰かが顔を覗き込んできました。

とても若い、笑顔の祖母です。

「あら〜?目が見えてきたのかしら〜」

と語りかけてくれました。

やさしい笑顔。やさしい声。この人が好きだな。

そんな記憶です。