謎はいつもそこに

子供の頃から自然に生活の中にまざっていた不自然なものたちのお話。

自己統合の完成形

 

またまた、お会いしてきましたー。

 

前回から外装も内装変わっておりましたよ!ザ パール。

 

ドン

 

 

f:id:twinklesachiko:20200921175125j:plain



 ドドン

 

 

f:id:twinklesachiko:20200921175135j:plain

 

 

ドドドーン

 

 

f:id:twinklesachiko:20200921175132j:plain

 

 

シャーン!(シンバル)

 

 

f:id:twinklesachiko:20200921175128j:plain

 

 

今回は来るまで1時間くらい待ったんですけど、無事にお会いできて、着物も褒めていただきました✨

 

ひとりだったからちょっと緊張したんですけど、今回はですね、

 

ものすごい気づきを得たんです。

 

 

ここ最近、アポロのことを含めて10年分くらいの手放しをしてみたら、すごく自分に意識が行くようになったんですね。

 

そして内なる自分の願いを積極的に叶えてあげるため、今は自分のために部屋をDIYで改装して、壁紙を貼ったりペンキを塗ったり、最高な気持ちで眠れるベッド環境にしてみたりしてるんです。

 

 

そんなふうに自己尊重しながら、自分を重くしない・常に軽くいられることを選ぶ

 

を続けていたら、何だかここ数日感じていたのは年末みたいな、年越しみたいな気配。

 

時代(次元)が切り替わるな〜、という体感というか。

 

ちょうど秋分の日の前だったから、そのせいかと思っていたのですが

 

今日ローランドさんに会って謎が解けて、無事に新年を迎えることができました。

 

どういうことかと言うとですね...

 

 

 

 

ローランドさんにまた会ってみて、神々しいなぁ、素敵だなぁ、

 

でも私、自分のほうが好きだな。

 

 

と思ったんです!!!

 

 

つまり、他者に向かってしまう気持ちってね、やっぱり本質的じゃないんだと再確認できたのです。

 

私が今回アポロを含めて手放したのは、自分より愛してしまうものってことだったのかもしれません。

 

ローランドさんにときめいて待っている間って、自分よりローランドさんを優先している状態なんですよね。

 

その気持ち、本当は自分に向けるべきエネルギーなんです。

 

もっと言うと、本当は自分に向けたいエネルギー。

 

自分のファンになりたいんです。

 

だから今日「この人よりも自分のほうが好きだな」と思えたので、無事にローランド・レッスンを修了することができた!という感じだったのですよ〜。

 

秋分のゲートの中で、自己統合が完了した瞬間。

 

でね、そうなってみると気づくんです、実は初めから答えは知らされてたなー、と。

 

 

「俺か俺以外か」

 

 

言ってましたよ最初から。声を大にして。笑

 

もう本当にね、この一言に尽きるんですよ自己統合の完成形!!!

 

本当にその世界に行っちゃうんだなー✨と初めて体験できたのでした。

 

 

学びを深めさせてくれたローランドさんに心から感謝を✨

 

自分以上のファンではなくなるけど笑、これからもたくさん応援しています。

 

 

f:id:twinklesachiko:20200921200329j:image

 

  

Happy autumn equinox🌞

 

 

 

 

 

 

愛の形

 

昨日はふと思いついて、母を誘って美術館へ行ってみました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20200920205503j:plain

 

 

 

母はもう10年以上 絵画教室で植物画を習っているので、好きかな〜と思って声をかけてみたのですが、タイミングもバッチリで、あっという間に合流して美術館へ。

 

 

ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテは、「花のラファエロ」または「バラのレンブラント」と称えられ、薔薇を語るには欠かせない人物だそうです。

 

マリー・アントワネットに仕え宮廷画家になり、フランス革命後はナポレオンの奥さんであり、薔薇の収集家であったジョゼフィーヌの元でものすごい数の絵を残している人。

 

この展覧会を選んだのは、単純に薔薇の絵をたくさん観れるっていいなと思っただけなのですが、一枚一枚ものすごい緻密で、とっても見応えがありました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20200920215258j:plain

 

 

巨大な作品とかはなくてすべて同じ規格で描かれているのですが、そこはやはり収集した薔薇を描き残して保存する、図譜のための作品だからなのでしょうね。

 

絶滅種を含め ものすごい数の薔薇が展示されているので、薔薇に詳しい方が観たらもっと楽しいんだろうな〜!と思いました。

 

600円で観られるのも嬉しいところ。(母は65歳以上なので300円でした!)

 

 

www.yumebi.com

 

 

膨大な作品の中で、3枚ほど本当に香りがしたものがありました。

 

これは私に備わっている霊的嗅覚能力(クレアセント)なのですが、少しの間 時空が繋がったようで嬉しかったです。

 

すべての匂いを嗅ぐことができたら素敵ですね。

 

一番心に残った薔薇のポストカードを買って、アポロの祭壇に飾ってみました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20200920212012j:plain

 

 

この展覧会、母と小さい声であーだこーだ言いながら観ていたのですが、途中からちょいちょいナポレオンや妻のジョゼフィーヌについての記述が出てくるのがどんどん気になってきました。

 

要約すると、ジョゼフィーヌはナポレオンに冷たくて有名な皇后だったらしく、さらに浮気三昧だったそうです。

 

ところが月日と共に徐々にナポレオンを愛すようになり、本当に大切に思えた時にはもう子供を産むのが難しい年齢になっていました。

 

時代も時代、立場も立場なので、ナポレオンは世継ぎを産ませるため若い妻を迎入れることになり、ジョゼフィーヌとは離婚式を行うのでした。

 

展示されている作品の中には、失意のどん底で嘆き悲しむジョゼフィーヌを励ますために描かれたものもたくさんあるらしく

 

「ルドゥーテとジョゼフィーヌはくっつかなかったのかしら」

 

と母が言う通り、その辺りのことも気になるところ。

 

ちょっと調べてもルドゥーテに結婚歴はなさそうだし、他の女性の名前も出てきません。

 

 

ジョゼフィーヌが収集した250種以上の薔薇を描き続けたこと。

 

ジョゼフィーヌのために刊行した「バラ図譜」という最高傑作の本。

 

 

それはもう、ロマンティックな愛以外の何物でもないのではないかと思うのです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20200920220006j:plain

 

 

人を愛する気持ちと、薔薇を愛する気持ち。

 

執着や強奪ではなく、勝ち負けでもなく、真摯に愛を注いだ人だからこそ

 

そんなふうに昇華できたのだと思いました。

 

時々恋愛のご相談でお伝えしている「エネルギーをいなして自分に向ける」「エネルギー合気道」ということの具体例というか、最高の形かもしれません。

 

 

f:id:twinklesachiko:20200920220113j:plain

 

 

それとも、愛が炸裂してどうしようもないからこそ、絵にぶつけるしかなかったのか。

 

穏やかそうなお顔からは読み解くことができませんが、なんとなくルドゥーテさんは幸せだったんじゃないかな。

 

 

f:id:twinklesachiko:20200920215459j:plain

 

 

亡きジョゼフィーヌに贈った薔薇のブーケの絵。

 

来世はどんな出会い方をするのでしょうね。

 

 

 

 

 

birthday-cake-twinkle.mystrikingly.com

 

信仰からの脱却

 

今、まるで当たり前の流れのようにたくさんの人が自分を取り戻し始めているのですが

 

「何から」「どこから」自分を取り戻しているかというと

 

親の価値観、誰かの価値観、これまで一般常識とされていた慣習、古い思い込み、罪悪感からの責任感、自己否定から無理を重ねてきたこと、誰かにやらされていた役、誰かの世界観...

 

と、いろいろあるんです。

 

それらはまるで宗教というか一つの信仰のように「当たり前にあるもの」として君臨していたかもしれません。

 

今起きているのは、そこからの脱却なのです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20200904233447j:plain

 

 

私たちは地球に魂を磨きに来ています。魂の成長のために来ているのですが

 

実は、そこをひっくるめて本当は「遊びに来ている」のです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20200904144353j:plain

 

 

これまでの学びは避けて通れなかったし、もちろんこれからも学びは続いていくのですが

 

せっかくのバカンスやリゾートに、宿題や雑務をわざわざ持っていきますか?

 

美しいビーチで書類や電卓とにらめっこして電話連絡に追われるのか

 

リラックスしてピニャコラーダを飲むのか

 

同じ場所にいても全然違う体験になってしまいます。

 

これはどこまで伝わるかわかりませんが、魔法の言葉を言ってみます。

 

 

「本当はもう悩まなくていいんです」

 

 

そこから解放されるためのスイッチは必ずあるのです。

 

苦悩を抱えている部分を少しずつ手放して行った先に、「よくここまで来たね」と笑顔で言ってくれる「本来のあなた」が待っててくれるでしょう。

 

 

f:id:twinklesachiko:20200827222109j:plain



すべては自分へと向かう旅

 

すべてのことには段階があるため、確かに簡単には「本来の自分」に辿り着けないかもしれません。

 

だけど一枚一枚古くなったベールを剥がしていくと、必ず「内なる神」である「本来のあなた」が現れるのです。

 

 

人間関係の問題は、本当は気付いていない自分の一面を知るためのもの

 

恋愛の問題は、本当に自分を愛せるようになるためのレッスン

 

 

魂はいつだって自分に恋したいのに、そこに向かえない場合は強い執着として恋愛相手に向かってしまうでしょう。

 

恋愛体質というのは、本当は自分に恋したくて仕方がない状態のこと。

 

自分に恋ができるといいですね♡

 

 

さて、はじめに書いた様々な「信仰」から脱却できた時には「ある特徴」が現れることが多いのですが、それは...

 

おっちょこちょいになる

 

というもの。笑

 

 

自分を取り戻すと頑張らなくて良くなります。そのため、ゆるんでリラックスするのでおっちょこちょいになることが多いのです。

 

だけどその時にはもう、笑ってサポートしてくれる人が周りにいることでしょう。

 

外側の世界は、あなたの内面の投影なのだから。

 

 

f:id:twinklesachiko:20200823194348j:plain

 

 

ピニャコラーダ、飲んだことないのでいつかどこかのリゾートで飲んでみよう。笑

 

 

 

 

 

birthday-cake-twinkle.mystrikingly.com

 

いい旅夢気分

 

 

昨日は久しぶりに大好きなお友達と着物でお出かけしてきました。

 

久しぶりに着物を選んだり帯を選んだり、前日は遠足の準備みたいでわくわくしました。

 

ランチは黒茶屋さんを選んだのですが、予約の時に「この日は混んでいるので個室はもう空いてません」って言われたんですね。

大広間に何席かあるような場所ならお取りできます、と。

 

「じゃあ当日もし個室に空きが出たらよろしくお願いしますね♪」

 

とだけ言って電話を切ったのですが、なんか、まぁ、個室になるだろうな✨と思ったんです。

 

だって私はいつもついてるし、一緒に行くお友達が2人とも優しさと慈悲深い愛でできているような人達なんだもの。

 

そんなこんなで黒茶屋に着くと、最初から用意してくださってたかのように、やっぱり個室に案内してもらうことができました。

 

橋を渡って...

 

 

f:id:twinklesachiko:20200918074027j:image

 

 

こんな素敵なお部屋へ!

 


f:id:twinklesachiko:20200918074030j:image

 


f:id:twinklesachiko:20200918074024j:image

 

 

豪華な二間続きのお部屋で、気分は完全に小旅行。

 

 

f:id:twinklesachiko:20200918102316j:image

 

 
f:id:twinklesachiko:20200918093623j:image



f:id:twinklesachiko:20200918093630j:image

かわいさ溢れるMさん♡

 


f:id:twinklesachiko:20200918093635j:image

 絵になるAちゃん♡

 

2人が色違いで着ているのは、八王子の着物作家・重宗玉緒さんの金魚の浴衣。

とっても鮮やかで華やかで眼福でした✨

 

私はまだ元気な方の祖母から貰った孔雀の付け下げをチョイス。

これは単衣だから春先か秋にしか着られないのでなかなか着る機会がなかったため、今回初おろしでした〜。

 

 

f:id:twinklesachiko:20200918093620j:plain

 

 

梅ジュースで乾杯。

 


f:id:twinklesachiko:20200918075408j:image

 

 

前菜は秋の籠。

 

 

f:id:twinklesachiko:20200918092626j:image

 


f:id:twinklesachiko:20200918092623j:image

 

 

見て美味しい、食べて美味しい✨

 

ランチとは思えないボリュームのコース料理を楽しんだ後は、敷地内にある川沿いのカフェエリアへ。

 

 

f:id:twinklesachiko:20200918094708j:image

 


f:id:twinklesachiko:20200918094705j:image

 


f:id:twinklesachiko:20200918094701j:image

 


f:id:twinklesachiko:20200918094711j:image

 

 

久しぶりに着物を着てお友達に会うだけでも楽しいのに、なんだかすっかり浄化されてしまいました。

 

さすが黒茶屋、看板に偽りなし!

 

 

f:id:twinklesachiko:20200918075415j:plain


 

 

さらにMさんが「アポロのイメージで」と、とっても素敵なガラスイヤリングをプレゼントしてくれました😢✨

 

作家のむらかみゆーこさんのアクセサリーです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20200918095042j:image

 

 

亡くなったばかりの時もAちゃんと2人で駆けつけてくれたり、本当にいただきっぱなしです😭✨

ありがとうございました✨

 

 

帰ってから撮った写真を送り合っていると、オーブが写ってることに気がつきました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20200918100234j:image

 

 

何だかイヤリングのアポロ・ブルーに似てますよね。現れてくれたのかなぁ。

 

 

一日楽しく浄化されて、寝る前には友達が送ってくれたこの動画でパレードを楽しんで。笑

 

 

youtu.be

 

これ本当に行った気になりますよ。 iPadで流しながら好きなシーンをスマホで撮ろうとすると、本当に現地気分になれますww

 

 

f:id:twinklesachiko:20200918101928j:image

 

 

そして、心の中でもう手放せるものはすべて手放して寝ると、夢でアポロに会えたんです✨

 

乙女座新月は、そんないい旅夢気分でした。

 

 

 

 

 

羽のように軽やかに③

 

アポロのことが落ち着いてきてしばらくしてから、なんだか身体のあちこちが痛くなる現象が起きました。

 

すっごく痛いわけではないのだけれど、痛いんです。

 

これは精神的なものだな、というところまでは気づけたので、ちょっと休みを増やしたり仕事のペースを落としてみたりしました。

 

だけどあまり良くならず、精神的なものだとは分かってるけど夫に治療してもらうべきかな〜と思い始めた頃、そのことを心友に言うと、

 

 

さっちゃんに起きたことって、震災とかテロみたいなレベルの衝撃だったと思うの。

普通はそんなに早く回復できることじゃないからさ、

 

「だいぶ元気になった」って言うの、もうやめようよ🥺

 

 

と言われ、ああ!その言葉が自分を痛めつけていたのか!と気づいたのでした。

 

実際、癒されていないところもあれば、本当に元気になってるところもあったのですが、ついつい「いいほう合せ」にしていたなー、と思ったのです。

 

だから私の身体はそこに矛盾を感じ、「そうじゃないよ。そんなふうに言わないで」って痛くなっていたようですね。

 

その後、ブログに「ゆっくり元気になることにしました」と書き、それ以降あの言葉を言わなくなったのですが、見事に身体の痛みが消えましたよ。

 

そういうふうにできてるんですね。

 

身体はすべて知っていますね。

 

 

f:id:twinklesachiko:20200916232748j:plain

 

 

アポロがいなくなってからアフリカは少し外を怖がるようになり、私もアフリカを外に出す時は一緒に出て、彼女の気が済んだらすぐ家に入れるように管理しているのですが、さっき隙をついて脱走されたんです。

 

いつもならそんなことしないのに、窓から何か気になるものが見えたのかもしれません。

 

正直アポロの事故のトラウマが浮上して何度も道路を確認しに行ってしまったのですが、でもどこかで大丈夫なことも感じてはいて...

 

感じていることが現実を作るので、これは私の恐れをクリアリングすることが大事だなと思い、まずは今のアフリカの状況をカードで見てみました。すると...

 

 

f:id:twinklesachiko:20200916233539j:plain

 

 

イエーイ!ひっさびさの夜の畑ー♪と大喜びなんですよ。JOYのカード出ちゃって。

 

アポロからのメッセージも一枚出たのですが、それはこちらで。

 

 

f:id:twinklesachiko:20200916233737j:plain

 

 

「ネガティブな思いや想像は一掃して。クリアにして。大丈夫だから。」

 

うーん、やっぱり私のエネルギーを軽くすることが必要ですね。

 

旬なテーマである「軽さ」にシフトするには、先ほどのJOYのカードの横に出ていた

 

「音楽と繋がって」というカード。

 

自分が何をしてアフリカの帰りを待つべきか、すぐにわかりました。

 

私が繋がった音楽とは...これです。

 

 

 

youtu.be

 

 

身体を動かしてネガティブを祓い、軽くなるにはこれしかないとw

 

踊りながら笑っちゃうくらいの軽さ。でも意外とハード。

 

これを2セットやって汗かいて、涼みに縁側に出たらアフリカが帰ってきました。

 

twinkle TAROTって当たるなぁ〜なんてね。

 

無事に帰ってきてくれて本当によかったです。 

 

 

何かを願うあまり、重たくなってしまうことってありますよね。

 

本気の時はシリアスや真面目にもなりがちですが、やっぱり意識的に軽くすること、軽さを選んでいくこと。

 

とっても大事だな〜と思ったのでした。

 

 

Clear your vibes

 

軽さをキープして参りましょう♡

 

 

f:id:twinklesachiko:20200916235127j:plain

 

 

 

 

お問い合わせはこちらへ

birthday-cake-twinkle.mystrikingly.com

立ち上がる時

 

 

子供の頃からなかなか叶わなかったこと

 

どうやっても理想の形にならないこと、させてもらえなかったこと

 

いつもこの妥協のサイクルに入ってしまうな、ということ

 

ありませんか?

 

 

f:id:twinklesachiko:20200915203857j:plain

 

 

誰の魂にも「これを達成する」と決めてきたことがいくつもあります。

 

子供の頃からなかなか叶わなかったり、理想の形にならなかったり、いつも妥協のサイクルに入ってしまうのは、あなたがそれらを本気でやれるようになるための設定だったのかもしれません。

 

 

例えばですが...「満足できる自分の部屋を作る!」と決めてきた場合、

 

「満足できる自分の部屋」を「ついに自分で作って達成する」ことができるように、まずは「納得いかない自分の部屋」を体験することになります。

 

もしくは「自分の部屋」というものを持たない体験から始まるかもしれません。

 

センスが磨かれたり、自分の求めるものがわかるようになるまでは、作ろうとしても邪魔が入ったり納得いく出来にはならないかもしれません。

 

人まかせで叶えてもらおうとするとスムーズにいかなかったり、やっぱり妥協ワールドになってしまったり...。

 

すべては、ついにあなたが立ち上がって行動を起こすためのストーリー設定でした。

 

 

さんざん学んできたあなただから

 

さんざん他者を優先してきたあなただからこそ

 

今、ようやく自分本来の力を満遍なく使い切って具現化できるところまで来たのです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20200915211736j:plain

 

 

なぜその設定だったのか、どうして周りの人が叶えてくれなかったのか。

 

それは、あなたが本気で立ち上がった時にわかることかもしれませんが

 

周りの人は、あなたがいい加減うんざりして立ち上がるまで追い込む役目だったのかもしれませんね。

 

「ここまでやれば本気出してくれるかな♪」

 

ってね。笑

 

 

これは「なぜかお金がうまく回らないんです」とご相談される方にも多いパターンなのですが...

 

私のところに来てくださる方は、魂の計画で「これをやる」と決めてきたことをやっていないからお金が回っていないパターンがとっても多いんです。

 

(例えば、今回の人生はもの作りをするために来てるのに作らずに関係ない職種で働いていたらエネルギーもお金も回りません。)

 

それをやらないと回りようがないと言うか、始まりようがないんですね。

 

確かにその「始めること」はあなたの最終形態ではないかもしれません。

 

続けていく先に本当の「使命」が待ってるのかもしれませんが、とにかくパンくずを拾って進まないことにはストーリーは展開しないのです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20200915213749j:plain

 

 

今、現状にうんざりしているとしたら、とても順調な証拠です。

 

いよいよもう限界、という方はリーチです。

 

 

逃げ場がなくて、追い込まれて、八方塞がりになるからこそ

 

いよいよ本気で立ち上がることができるのだから。

 

 

 

youtu.be

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちらへ

birthday-cake-twinkle.mystrikingly.com

内なる家族

 

 

身軽になることを選びながら、

 

自分が自分の「お父さん」と「お母さん」になる。

 

 

f:id:twinklesachiko:20200907211303j:image

 

 

「男性性と女性性の統合」とか、「内なる結婚」という言葉がピンとくる方はそのまま進んで欲しいのですが

 

「それって実際どういうこと?」と聞かれることも多いので、私はそのように説明しています。

 

 

自分の気持ちや体の声を繊細に拾って聞いてあげるのが「お母さん」

 

その上で、要望を叶えてあげるのが「お父さん」

 

 

「お父さん」と「お母さん」が見つめているのは、世界一かわいい存在である「あなた」です。 

 

 

f:id:twinklesachiko:20200907211300j:plain

 

 

普段パートナーや身近な人に言われて嫌なことや、されて嫌なことはありますか?

 

それらは、実はあなたの内なる「お父さん」や「お母さん」があなたに主張していること。

 

あなたの体験している世界は、あなたの内側の投影でしかないからです。

 

 

例えば、無神経な人にイライラさせられる日々を送っているのなら、それはあなたがあなたに対して無神経だよ、というサイン。

 

無視される、というのはもっとわかりやすくて、あなたがあなたの声を無視してるから。

 

尽くしても尽くしても満足してくれないパートナーがいる場合は、あなたが自分に尽くしていないことが原因だったりします。

 

その場合しっかり自分に尽くせるようになるまで、パートナーの態度は変わらないでしょう。

 

向き合うべきはあくまでも自分。

 

「こんなにしてあげてるのにひどい」というドラマに巻き込まれないでください。

 

お相手はあなたの内側を演じているだけなのです。

 

さらに関係性が魂の双子同士だったりする場合は、お互いに強烈な演じ合いになるので本当に大変だと思います。

 

 

ずっと探しているのにパートナーが見つからない、というケースは、あなたの内側に異性のあなたを見つけ出せていないのかもしれません。

 

あなたが男性なら「内なるお母さん」を、あなたが女性なら「内なるお父さん」を。

 

パートナーが欲しい、もしくはパートナーと「こんな関係性に変わりたい」と思うなら、まずは自分が自分の望むことを叶えてあげるしかないのです。

 

 

内側に最高の「お父さん」や「お母さん」を生み出すことができれば、その人格とあなたの「関係性」が外側に具現化します。

 

きちんとあなたがあなたの気持ちを聞いてくれて(お母さん)、あなたがあなたの望むことを叶えてくれる(お父さん)関係性。

 

この関係性を自分自身と作ることができれば、外側の世界は内側の投影になりますからね、後はもう具現化されるだけなのです。

 

 

今、たくさんの方がそこに向き合わされているのですが、いよいよ「自分の虚無は自分でしか埋められない」ということを受け入れる時期なのでしょうね。

 

 

f:id:twinklesachiko:20200911073237j:plain

 

 

この間、久しぶりに友達とセッションし合って、自分の中にかなり根源的な未消化の問題を見つけることができました。

 

その問題は普通に記憶にある出来事なのですが、そこから自分との分断が起きた自覚はなかったんですよね。

 

その分断が、私が他人の荷物を持ちやすかった原因へと繋がっていました。

 

幼少期の境界線にまつわる出来事って、やっぱりその後の人生への影響力がハンパないものですね〜。

 

だけどそれがなかったら私は3歳くらいでもう天に還ってたかもしれないし、その後も安全に生きられたかはわかりません。

 

何より、この人生になってないはず。

 

だから回り道なんてないんですけどね。

 

 

f:id:twinklesachiko:20200911074216j:plain

 

 

それにしても、自分との信頼関係が分断されてしまうと、自己尊重がしにくくなるものなんだなぁ、と今回本当に体感したんですけど

 

自己尊重 という言葉が、ものすごくバチっと来ましてね。

 

 

自己愛 って言葉だと「ハートの領域」というか、ときめくものを自分に与えてあげるとか、いたわってあげるとか、そんなニュアンスなのですが

 

自己尊重 ってね、許可を与えるか与えないかの世界なのでハートじゃなくて「子宮の領域」だと思うんですね。(もしくは第二チャクラ、丹田など、ハラの領域)

 

ハートの領域って本当にほぼハートだけの声なので、実は全体を見通せていないこともあるんですよ。

 

ところが子宮の領域って総合監督というか、デメリットもちゃんと見えてる人格なので

 

「確かにときめくことだけど、身体には疲れが溜まってるんだよなぁ」とか

 

「素敵でキュンキュンするのはわかるよ。でも身体の奥底はNO!って言ってるよ」とか

 

身体主体でかなり冷静に物事を見てるキレキレの賢者なのです。

 

 

自分の感覚を信頼できないと、その総合監督の声が届かないから

 

持たなくていい責任感を背負ったり、嫌なのに断れなかったり、その結果、身体のどこかが痛くなったり、するのです。 

 

 

自己尊重、していきたいですね❣️

 

身体のためにも心のためにも、世界平和のためにも。

 

 

f:id:twinklesachiko:20200912181812j:plain

 

 

私も、もっとゆっくり元気になることにしました✨

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちらへ

birthday-cake-twinkle.mystrikingly.com