読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎はいつもそこに

子供の頃から自然に生活の中にまざっていた不自然なものたちのお話。

過去生体験 前編

「過去生回帰」というワークショップに参加した時のお話です。

昔から、一度は見てみたいと思っていた過去生、つまり前世のことですね。

その夢がついに叶いました。

そのワークショップは、誘導瞑想で自分の過去生を見るというもので、まず最初は簡単な講義から始まりました。いくつかその内容を書き出してみると、

1, 意外と簡単に見えてしまうので「これ私の想像かしら」と思ってしまいやすい

2, 輪廻転生、生まれ変わりには時間の概念がない

3, 魂は何人かのグループでテーマを決めて転生することが多い

などなど、1時間ほどの講義でした。この、2番目の「生まれ変わりには時間の概念がない」ことについて、もう少し書いてみたいと思います。

 

今、私たちが生きている時間の流れは、過去から未来へと進んでいます。

矢印で書くと →→→ 一方通行です。しかし、輪廻転生とはいろんな方向に矢印が向かっているので、「過去世」を見ているはずなのに未来人が見えたり、生まれ変わった「来世」が、江戸時代かもしれない、という考え方です。

そして人はどのくらいの回数生まれ変わっているのか、修行僧がお釈迦様に聞いた逸話があります。お釈迦様の答えは、

 

「絹の衣をくわえた鳥が高い山のてっぺんを行ったり来たり飛んで、少しずつ地面が擦れていき、その山がなくなってしまうくらいの時間、生まれ変わり続けている」

 

というもの。気が遠くなる時間と回数生まれ変わっているから、無限のように過去生がある。だから、今日見えた過去生は、その膨大なデータのひとつにすぎないんですよ、というお話でした。

 

また、講師の方の体験として、ある日見た過去生が80年代のアメリカ人だったそうで、現世の自分はその時代にはもう生まれていたと。つまり、過去生の自分と現世の自分が同時に存在しているケースもあるらしいのです。

 

参加者全員ヨガマットに横になり、部屋の照明を薄暗くしてリラックスしていきます。さあ、いよいよ誘導瞑想が始まります。

 

講師の方のナビゲートで徐々に変性意識へと入っていき、少しずつ映像が見えてきました。気持ちはとてもリラックスしています。

「部屋」から出て、「庭」を抜け、「小道」や「丘」を歩いて「洞窟」まで行きました。洞窟は暗く長く、一番遠くで小さく見えてる白い点が出口だとわかります。

 

「この洞窟を抜けた先に、過去生の世界が広がっています。ゆっくり、ゆっくり、明るい方へ進んでください」

始めは小さく見えていた光がだんだん大きくなり、徐々に出口に近づいていきます。

「さあ、勢い良く飛び出しましょう。何が見えますか?」

 

真っ白い光が見えた次の瞬間、目の前には海が広がっていました。

 

色とりどりのボートが停泊している、穏やかな海です。海面が太陽の光できらきらしています。海の近くには白い建物があり、鮮やかなピンクのお花が咲いています。

ギリシャとか、地中海の方...?

 

「それでは、自分の足元を見てください」

 

海を見ている自分の足を見てみました。男の人です!

フリンジのついた黄色いローファーを履いています。

 

「ゆっくり、自分を外側から見てみましょう」

 

そこに立っていたのは、こんな人でした。

f:id:twinklesachiko:20160506152946j:plain

 

後編へ続きます。