読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎はいつもそこに

子供の頃から自然に生活の中にまざっていた不自然なものたちのお話。

ハロウィンのおばけたち(本物) その1

前回の記事の写真が怖かった〜!!と会う人によく言われるのですが、 funcyqutton.hatenablog.com すみません、私は怖くなかったのでそういう配慮してませんでした笑 なので今回も普通に載せちゃいますが、怖いの苦手な方とか、深夜に読んでくださってる方と…

Sachiko in wonder land

高校生の頃の、ものすごく変な体験です。 高熱で頭がおかしくなっていただけかもしれません。 インフルエンザで寝込んでいた時に、苦しみながら変な夢を見ました。 なんだか胡散臭い顔の「うさぎ男」が現れて、森の中の、アリスのティーパーティーみたいなと…

懐かしい花

庭に、去年はなかったお花が咲いていました。 どこからやって来たのでしょう? このお花、名前は知らないのですが、ちょっとした思い出があるのです。 10年くらい前、友達が何人か泊まりに来た時のことです。 夜通し遊んで、気づいたら外が明るくなっていま…

世界最大のアリ

その日、私は祖母に手を引かれながら公園を散歩していました。 記憶の中の自分の目線の高さから、2歳くらいだったんじゃないかと思います。 私の足元を大きなアリが通り過ぎて行きます。 「あらあ、大きなアリねえ。こんなに大きなアリ見た事ないわ」 祖母…

私も知らない世界(怖さ★)

亡くなった祖母や、夫のおばあちゃんのことを書いてみたいと思います。 介護やお世話が大変だったことは大前提としても、私は痴呆の症状に少し興味を惹かれていました。 例えば、ボケ始めてから祖母はよく「滝」を見ていました。 自分の部屋やリビングの上の…

放課後のマッドサイエンティスト

放課後の教室で遊ぶのが楽しかった高学年のある日、いつもの友達数人と、いつもしているような鬼ごっこを始めたのです。 「じゃあ数えるよー!いーち、にーい!」 という友達の声に、慌ててみんな走り出しました。私だけ、教室の後ろのドアから勢い良く飛び…

10秒間タイムスリップ

幼なじみと某街道を歩いていた時に、10秒間ほどタイムスリップしてしまったことがあります。 私たちは道路沿いの、アスファルトで舗装された緩やかな坂道を下っていたはずなのですが、突然何の前触れもなく、まわりの景色が戦時中の焼け野原になってしまった…