謎はいつもそこに

子供の頃から自然に生活の中にまざっていた不自然なものたちのお話。

正しさより楽しさ

 

今年の春から始まった着物講座「サチコーデ」が本日無事に大盛況で幕を降ろすことができました。

 

このふざけた名前の講座をたくさんの方に知ってもらえたのは、下の階のアンティーク着物屋さん「ラブズキモノ」Mさんと、会場であるイベントスペース「Polaaris」Sちゃん、

 

そして参加者の皆々様のおかげです。

 

本当にありがとうございました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20161229235657j:plain

 

 

今や「着物」と言っても、その着こなしは十人十色。

 

 

京風はんなり、現代ポップ、知的な正統派、作家もの、アンティーク...

 

それぞれの世界に、それぞれの着こなし方があります。

 

 

例えば「音楽やっています」という人がいたら「どんなジャンルなんですか?」って聞きますよね。

それと同じで「着物を着ます」と言ったら「いいですねえ。どんな着方をするんですか?」なんて会話が生まれる時代に突入している気がします。

 

みんな違っていいんです。

 

失敗してもいいんです。

 

それよりも着物を着て嬉しい!かわいい!楽しい!って気持ちを大切にしてほしい。

 

「正しさ」より「楽しさ」を選ぶ生き方は自分もまわりも笑顔になるから。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171212214941j:plain

ときめく着物に身を包まれて自撮りタイムの乙女たち♡

 

 

 

ちょっと壮大な話になってしまうけど、人間は完璧な生き物です。

 

どこがどう完璧かというと、「絶対に完璧になれないところ」が完璧なのです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170103185625j:plain

 

 

未熟で未完成だから、生きて日々が学びになる。

 

完璧だったら肉体を持って生きている意味がないんです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170317112540j:plain

 

 

だからどうか着物を着なれている方は、まだ着なれない方を見かけた時には温かい目で見守ってあげてほしいのです。

 

たとえ帯が歪んでても、ピシッと着られていなくても、あなたが着物を着ると嬉しいように、その人も嬉しくて幸せな気持ちなのです。

 

 

もしもマナーに触れるようなことだったり、盛大に着崩れかけていた時には、どうか優しく教えて差し上げてくださいね。

 

「正しい」より、「楽しい」を♡

 

 

f:id:twinklesachiko:20170824171909j:plain

 

 

「え、それ合わせちゃうの?」とコーデに少々驚くことがあっても、時代は刻々と変化しているので、ご自分が知らないだけで一部では定番の着方かもしれません。

 

それだけ現代の着物文化は自由だし、気候も変わってるから昔のルールでは体に合わなかったり。

 

そうそう、振袖は独身女性用のはずなのに、この前呉服屋さんの前を通りかかったら

 

「ママでも振袖!」

 

なんてキャッチコピーでママ用振袖なるものが売られていました。

 

いつ何時どんなものが「アリ」になるかわからないんです。

 

100年後には帯を頭で背負うスタイルが生み出されてたりするかもしれないですねw

さすがにないなw

 

 

「正しい」はずの呉服屋さんだって価値観を壊して新しいものを生み出しているのだから、「そういうのもあるんだな〜」くらいに思っている方が楽しいです。

 

何なら「和装でどれだけデタラメな着方ができるか選手権」とかあったら絶対楽しいですね!いかに間違えるかを競い合う!みたいな

 

両肩に帯枕を入れて肩パッドにしてみたり、そうだなあ、袖に足でも通してみますかね。

 

そこまでデタラメなことはなかなかできないはずなので、着物初心者さんは自信を持って着物ライフ楽しんでください♡

 

今年一年ありがとうございました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171212223430j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

RINNE

 

魂の再会が加速している。

 

今、私たちが生きているのはそんな新時代です。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171204212009j:plain
 

 

 

今年の春頃だったか、紙とペンを持った私に何かが宿り、あるメッセージを書き記しました。

 

応援歌のようにあたたかい言葉たちは、魂の再会で迷子になっている人々を強く励ますものだと思ったので、これをどうやって形にしようか考え始めました。

 

 

「歌にして歌ったらいいんじゃないか?」

 

 

いや、私がそれをやるには歌唱力を磨くところから始めなければ。笑

 

その時、何万人もの前で歌っている友人の顔が浮かびました。

彼ほどのパワーの人ならば、きっとたくさんの人に届く。

 

 

「歌詞として提供させてもらう?」

 

 

だけどその案はしっくり来ませんでした。

 

その人は十分すぎるくらい天啓を受けて曲を作っているし、何より私は彼が作る歌が好きでリスペクトしているので、私が作品に介入するのは無理だし違うと思ったのです。

 

 

どうしたらいいのかわからないまま、日常が通り過ぎて行きました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171202123725j:plain

 

 

それから数ヶ月間、時々「彼に曲を作るよう連絡しなさい」と見えない人達に言われていて、その度に今度は彼の守護霊やガイド達に「まだ今じゃない」と止められ、どうしたらいいかわからず動けない状態が続きました。

 

 

ある日「今日だ!」と突然すべてからGOサインが来たので、彼に電話をかけたお昼過ぎ。

 

「もしもし〜」と眠そうな声で出た寝起きの友人に

 

 

「あの、お告げがありましてお電話しました」

 

 

怪しさの極み。

 

だけどそこは20年来のつきあいなので、動じないで聞いてくれました。

 

 

電話じゃなんだから来週あたり会って話そう。連絡するね、と言って電話を切ったものの、またそこからすべてのタイミングがバラバラになり、個人的に色々なことがあったりで、連絡できないまま2〜3ヶ月が過ぎて行きました。

 

その件についてはずっと考えていたのですが、神秘をどのような方向性で扱い、どのように伝えればいいのか、答えはまとまらないままでした。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171202125053j:plain

 

 

夏のある日。主催している着付け講座の後、夫や友人たちと合流する予定だったのですが、その時ちょうどその友人も遊びに来ることになりました。

 

 

「ちょっとちょっと〜お告げの話はどうなったの〜!?笑」

 

 

と会うなり言われ(そりゃそうだw)私の中で伝える方向性が定まっていないまま、話をする流れになりました。

 

しかし話せる時間はとても短く、何を どんなふうに伝えればいいのか。

 

メッセージを降ろした紙切れのことは、なぜか頭から忘れ去られていました。

 

 

これは頭で考えても仕方ないからもう「エネルギー」で伝えようと思い、ざっくりとした話とほんの少しのキーワードを話してみました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171126210734j:plain

 

 

友人は何かを受け取ってくれた感じで「ありがとう!曲作ってみるよ!」と別れたのですが、

本当に伝えきれたのか、もう一度会ってもう少し説明した方がいいんじゃないか?

不安な気持ちがよぎります。

 

 

だけど「彼と、彼を守護している存在たち」を信頼しようと決めました。

 

伝達役を担った自分のことも。

 

きっとあれで十分だったんだ。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171202130656j:plain

 

 

たくさんの人に必要なエネルギーを、彼なら広い世界へ放つことができる。

 

一度にたくさんの人に届かせることができる。

 

そしてたくさんの人が励まされ癒されるはず。

 

 

その美しい花火みたいなエネルギーが形になることが楽しみで、私は観客席に座っているような気持ちでワクワクしていました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170929213155j:plain

 


 

ある日、その友人から電話が来ます。

 

 

「あのさ、嫌だったら全然断ってくれて構わないんだけど、曲のMV作るのにさっちんの絵使わせてくれないかな?」

 

 

まさかの申し出。そんなの答えは決まってる。ぜひぜひぜひ!

 

 

「あ〜良かった〜ありがとう。しかも、さっちんのお告げの曲のMVなんだよ〜」

 

 

その時、大多数の人のために動いていたことが、自分にも深く関係あることだったのだと知ったのです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170929201359j:plain



 

 

なんという自作自演でしょうか。

 

会ったこともない誰かのために心を込めてルームメイキングしてお花を生けて到着を待っていたら、招待客は自分だったという。

 

 

そんな気分。 

 

 

f:id:twinklesachiko:20171202134425j:plain

 

 

これまで描いた絵の中から50数枚ピックアップして、夫にプリントアウトしてもらって資料を作り、私は都内某所の打ち合わせへ向かいました。

 

MVを制作してくださる会社の方と、友人とマネージャーさんで顔合わせ兼、打ち合わせです。

 

駅から歩いている私に、目的地まであと5分だとiphoneのナビが教えてくれます。 

 

私のドキドキも高まります。

 

これは私個人を超えた、大きな力が動いている。導かれている。

その幕が今日上がるのです。

 

 

ナビをもう一度確認しようとした瞬間、たっぷり充電が残っていたiphoneが突然落ちて電源が入らなくなりました。

 

 

右も左もわからない、現地の建物も知らない都内某所で、ひとり叫ぶ。

 

 

誰の電話番号も覚えてない。何度やっても電源は入らない。

手は冷たくなり心臓は早鐘のようになっていきます。

  

 

あまりのパニックに、近くにいた作業員の人をすがるような目でしばらく見つめてしまう。

 

いや、待て待て、この人を見つめても何にもならない。落ち着け。落ち着こう。

 

正直ちょっと泣いてたけど、私はついてるし、守られているはずだから大丈夫!と言い聞かせる。

 

こうなったらもう先に解決したことにして、解決を引き寄せるしかない。

 

 

「あー良かったーやっぱり守られてた!ありがとうございます!」

 

 

と宇宙にお礼を言いました。怪しさ無限大。

 

ところがその時、数日前にマネージャーさんからメールを受け取った時のことを思い出したんです。 

 

打ち合わせ先の住所を確認した時の、自分の発言を。

 

 

「お、住所の数字が私の誕生日♪」

 

 

目の前にタクシーが来たので捕まえて乗り込み、すごい形相で「某所3丁目の25番地まで!!」と伝え、ビルの前まで連れて行ってもらいました。

 

もう、本当に天使が現れたと思いました。感謝です。

 

なんとか数分の遅刻で済みましたが、打ち合わせが終わるまでiphoneの電源は入りませんでした。(終わったら入った。。)

 

 

 

どんな事態に遭遇しても、宇宙に導かれ守られてることを心から信頼してるか?

 

それを確認されたのかもしれません。 

 

 

f:id:twinklesachiko:20170907003835j:plain

 

 

本当にモンちゃんをはじめ、関わってくださった方に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

こんな風に命を捧げることができて、私は幸せです。

 

 

さらに光栄なことに、その曲が「王様のブランチ」の12月のエンディングに決まったので、全国放送でMVを流していただけることに✨

 

12月中にはフルバージョンも公開されるので、そちらも是非観ていただきたいです。 

 

 

この歌がたくさんの人に届きますように。

 

そして誰かの笑顔に繋がるといいな。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

魂のこと

 

「子供は親を選んで生まれて来る」と言われていることについて、ちょっと書いてみたいと思います。

 

下のリンクはこれまで書いた「私の胎内記憶」の記事です。

 

 

funcyqutton.hatenablog.com

funcyqutton.hatenablog.com

funcyqutton.hatenablog.com

funcyqutton.hatenablog.com

funcyqutton.hatenablog.com

 

 

 

「魂は死なない」という事実を、受け入れられますか?

 

 

f:id:twinklesachiko:20171128225039j:plain

 

 

人は死ぬと、あちらの世界で誕生します。

 

命日とは、あちらの世界の誕生日なので、今まで忘れていたみんなから「おかえりー!」と歓迎されるでしょう。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171128225151j:plain

 

 

今世で努力して身につけたものは、来世でも上手です。

来来世に生まれる時はさらにその道の血筋の親を選び、「天才少年」なんてもてはやされたりするかもしれません。

 

そういう意図で親を選ぶ魂はあるかもしれませんが、大前提として人が地球で生きる目的とは「魂の成長のため」です。

 

ですから子供が親を選ぶ基準は「魂が成長できる相手」ということになります。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171128230122j:plain

 

 

「ママの笑顔が優しそうだったから、選んだんだよ」

 

そんなことを3歳くらいの子に言われたら、感動してしまいます。

 

だけどその3歳児の「魂」はちょっと違うことを言うかもしれません。

 

 

「私があなたの笑顔を気に入ったのは事実ですが、それは一番の理由ではありません。

まず第一に、あなたのようにヒステリックな親の元で育たないと私の我慢強さが育ちません。なぜ我慢強さが必要かというと、私にはいずれ根気強く患者さんの話を聞く専門医になって全うしたいことがあるからです。

第二に、あなたのように過干渉な親じゃないと私の自立心がうまく育たないのです。

第三の理由としては、前世では体が弱かったので、今度はあなたのようなガッシリした体格の遺伝子が必要だったからです。

それから、散らかった家で育たないと、将来結婚する彼女の清潔感に好感を持つ流れにならないからです!ニコッ」

 

 

 

魂は成長しなきゃいけない。

 

そのために親も子も、成長できる相手を選んでいるのです。

 

何万通り、何億通りの人生を生きないと真理は学べません。

 

勇気を出して書きますが、虐待する親の元には、痛みや暴力について学びたい魂が来るのかもしれません。

 

 

そして一度きりの人生だと思うから、虐待された子の人生が惨めに見えてしまうのでしょう。

 

 

例えば駅で転んでしまった人を気の毒に思うのと同じで、その人は何年もその駅を使っているのに、たまたまその日は転んだだけなのです。

 

 

すべての魂は何万通り、何億通りの人生を生きて真理を学んでいる最中なのです。

時には虐待する側の人生すらも歩みながら。 

 

 

金持ちを経験して、貧乏を経験して、悲しい人生も楽しい人生も経験して、そうして魂は磨かれていく。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171129000920j:plain

 

 

何かを磨く時には、摩擦が必要です。

 

魂への摩擦の大部分がつまり、親子関係なのです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171128232502j:plain

 

 

誰もが自分の人生を設計して納得して生まれます。

 

どんなに小さな赤ちゃんでも子供でも、みんな人生に納得してここへ来ている。

 

 

 

でも、だからってそれは子供の心を踏みにじっていい理由にはなりません。

 

「子供はわかってて生まれて来てるから」を、親が自己中心的に生きるための盾にしてほしくはありません。

 

一生懸命育てている結果、至らなかったり、間違えてしまったりで生まれるのが摩擦なのだから。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171128235441j:plain

 

光の存在を見つめるアポロ。

 

やっぱり猫には見えてますね〜。

 

 

 

「自分で納得して生まれて来る」についてもう少し。

 

現状で納得できないことがたくさんあるのは当然ですよ。

 

設定を決めたのは魂、つまり「一番高い意識」の自己だから。

 

 

今こうして生きている「体」や「心」より「魂」は高い意識なので、それは時として頭がおかしいんじゃないかと言いたくなるような試練を配置していたりします。

 

その試練に向き合い乗り越えると、確かに成長した自分になっている。

 

そんな「結果」を見据えた、いや、結果しか見据えていない采配だから「普通に考えたらこんな設定を自分にするバカいないでしょ」という現実があるのです。

 

おめでとうございます。

 

頑張って、楽しみながら生きて生きましょう♪

 

 

f:id:twinklesachiko:20171129000724j:plain

 

ファンシーキュットンくす玉♡

 

 

 

 

 

魔法のノート

 

今年もあと少しということで、来年に向けて今日は「エンジェルノート」について書きたいと思います。

 

こちらが3冊目となる私のエンジェルノート。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171126192957j:plain

 

 

普通のノートを買ってきて、表紙にコラージュしたもの。

 

信じるも信じないも自由です◎

 

ただ、自分で編み出しておいて効力がすごいと思ったので、開運したい方にオススメしたいです。

 

 

これは「アファメーション・コラージュ」

 

 

f:id:twinklesachiko:20171126194601j:plain

 

 

やり方は検索すれば色々載ってると思いますが、私はハートが惹かれるものを雑誌から切り取り、直感でコラージュしています。

 

この時ポイントとして「仕事を開花させる」ことだけ意図しました。

 

 

このノートは仕事のアイディアや打ち合わせ内容を主に書くものなんですが、その他、日々の自分へのタロットリーディングの内容、心に残った夢、降りてきた言葉なども綴っています。

 

そう、つまり毎日のように使うものだからこそ、表紙にパワーを入れ込んでおくのです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171126205326j:plain

 

 

このコラージュを作ったのが3月くらいだったかな?

 

その時点でコラージュの意味合いは読み解けませんでしたが、そこは「おたのしみ」として、ここまで進んで参りました。

 

 

面白いのは、時間経過とともに少しずつ「現実化を伴いながら」コラージュの意味がわかってきたこと。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171126192957j:plain

 

 

まず、このうさぎちゃんはどうやら「私」らしい。

 

左の女性はSちゃん。

 

Sちゃんの想念で進む船に、私はおしゃれして楽しそうに乗っています。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171126193143j:plain

 

 

これは、Polaarisを運営しているSちゃんと、Polaarisで着物講座「サチコーデ」を始めることになった時に読み解けました。

その当時Sちゃんのテーマも「時間」だったのです。

 

じゃあアリスと妖精の男の子は誰だろう??

 

ワクワクしながら時間は進んで行きました。

 

そして、ある時Iさんに生き霊を払ってもらった時に、このアリスがIさんだったとわかりました。

 

Iさん普段はしてないのに、私がお世話になった時だけエプロンしてたんです。

 

Iさんのセッションはその時一度受けただけですが、本当にシフトしたと思います。

 

 

さらに妖精の男の子。これは最近、Mちゃんだと気がつきました。

 

こういう帽子をかぶってる人は確かにMちゃんしかいない。

青い宝石を持ってるのも、ちょっと鳥肌。(今は説明できなくてごめんなさい

 

 

f:id:twinklesachiko:20171126193200j:plain

 

 

船の本体から少し離れたところでサポートしてくれてるのは金髪のYちゃんでした。

 

Yちゃんのテーマも「自分自身を愛すること」でした。

 

今は離れて会えないけど、私も心から感謝とエールを送っています。

 

 

その上の「大聖堂」は、赤坂真里さんの着付けでお邪魔した共同通信社ビルだと思います。他にお仕事でここまでのビルにはお邪魔していないからです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171126193253j:plain

 

 

この天使はまさかの息子でした!

いきなり「アーチェリーやりたい」と言うので連れて行った日の夜、気づきました。

矢筒が同じタイプ!

 

 

f:id:twinklesachiko:20171126193331j:plain

 

 

その下の二人の天使は、先日着付けをさせていただいた台湾人のお二人のエネルギーです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171126205707j:plain

 

 

 

この前、オーダーいただいた絵をお渡ししてきました。

 

ご要望に対して、有効にエネルギーが動くよう設定して描いております。


 

 f:id:twinklesachiko:20171126213025j:plain


 

こちらの絵をオーダーしてくださったNさん、亡きおばあさまのお話が印象的だったんですが、この天使がそのおばあさまかな?と思うんです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171126193221j:plain

 

 

雰囲気も似てますし、絵に描いたバラと似たお花の上に立っているし、この大きな天使の上には花束と楽譜があるんですよね。

 

Nさんは音楽関係の方で、そのお会いした時にも「これからの音楽活動はおばあさまと協働していくと思います」とお伝えしたんです。

やっぱり万全のサポートですね〜✨これからのご活躍が楽しみです✨

 

 

その天使の左側の男性たち。

これは今、私の絵たちをあれこれ調理してくださってる方々かなと思います。

 

 

そして今年一番のテーマだった「Love me」

 

 

f:id:twinklesachiko:20171126193237j:plain

 

 

自分を愛することができて、自分もすべての人も「神」なんだと本当によくわかりました。

 

4月から今まで、二度もマッターホルンの夢を見ました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171126193308j:plain

 

 

二回ともマッターホルンは金色に輝き、虹色の雲が湧き、まるで天国みたいに美しい花が咲き乱れていました。

 

たまに私はこの世のものとは思えないくらい美しい景色の夢を見るのですが、それはただ「夢見がいい」とか「吉夢」なだけではなく、

回り回って、巡り巡って、辿り着いてくれた「愛」なんだとわかりました。

 

この山にこの言葉を貼った意味が、ようやく繋がりました。

 

 

愛に気づいて、愛を知って、私は一輪のバラになることができました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170825152342j:plain



一輪のバラだったことを、信じられたんです。

 

 

 

そんなアファメーションコラージュ。そんなエンジェルノート。

 

もし良かったら作ってみてください♡

 

もうすぐノート使い終わるので、まっさらなノート買ってきました〜。

 

透明か半透明のカバー付きのノートだとコラージュが守られる上にちゃんと見えるので、そういうものがオススメです♪

 

 

 

 

次はどんなコラージュになるのかな。

 

 

母船を見た日に。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171126210810j:plain

 

 

みんなすごい

 

 

funcyqutton.hatenablog.com

 

 

前回の記事の「自分をすごいと思うこと」について補足ですが、

 

自己価値を上げて「私はすごい」を貫くにはとっても大変なんです。

だけど「すべての人がすごい」と、全部を底上げすればそんなに大変じゃないのです。

 

 

自分の価値だけを上げるには、とても「ハラ」の力がいる。

丹田、第2チャクラ、子宮。

 

 

自己価値を上げて自己実現していくにはその辺のエネルギーがすごく必要だと思うので、女性起業家と子宮系女子がシンクロするのはそういうことかなと個人的には思っています。

 

自分の体に意識が向くきっかけとして、子宮から始めてもいいと思います。

 

 

ただ、自分の体のすべてに感謝をしていると、リキまずリラックスしたまま望むものが来てくれる体質になるからラクなんです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171121184436j:plain

 

 

みんな素晴らしい。みんな素敵。みんなありがとう。

 

体のパーツはすべてが主役。

 

 

そして女性は大切に扱われるべきだけど、男性も大切に扱われるべき。

 

女性に優しい社会は必要だけど、男性に優しい社会も必要なんです。

  

大人も子供も大切に扱われる社会がいいですよね。

 

 

そうして「すべてすごい」「みんなすごい」にすると、引き寄せる物事の質が大きく変わっていきます。

 

なぜか?

 

 

 

差別をしない愛を拡大した人は、どんなものを授けられても悪用しないと宇宙は知ってるからです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171121184126j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20171121184149j:plain

 

 

「みんなすごい」にしていく時に、とっても便利な機能が人間には備わっています。

 

それはコンプレックス。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171012201207j:plain

 

 

ちょうど息子が顔の小さなほくろを気にしていた時に、夫が言った言葉が良かったので書いちゃいますね。

 

 

「そのほくろは、こんなの嫌だっていう気持ちと向き合って、お前が人の痛みがわかるようになるために大切なものなんだよ」

 

 

私がもしお肌になんの悩みもない人だったら、「肌の綺麗なブス」になっていたと思うんです。

 

人の痛みが分からなければ、そんな中身は人相に出ますから。

 

魂を成長させていくために生まれたのに、人の痛みが分からなければ学びが捗らないわけです。

だから私の肌が弱いのは、私を意地悪な人にしないために宇宙がくれた設定なんです。

 

 

これは個人的見解なんですが、石原さとみさんときゃりーぱみゅぱみゅさんの可愛さって、魂や心を磨いている人の可愛さだと感じます。

 

きゃりーちゃんがまだ無名の読モ時代にたまたまネットで見かけた時に、そのハートの開き方とエネルギーの大きさに、この人はいずれワールドクラスのスターになるなと確信しました。

 

石原さとみさんの可愛さも、ああ、この人は「当たり前に」心を磨いているなと思ったのです。

 

自分のことも、自分以外の人のことも大切に扱っているから心に争いがないんです。

 

 

 

だからコンプレックスすらもありがとう。

 

そういう意味で「みんなすごい」ということを書きました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171121191605j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変わっていく 始まっていく

 

 

【行ってらっしゃい】

 

 

これまで描きためた絵のほとんど、50点を越える私の作品が今、すべて旅に出ています。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171012193105j:plain

 

 

すべてはエネルギーなので、絵も例外なくエネルギー。

 

 

そんな50種類以上のエネルギーが一度に家から出て行ったら、なんだかものすごくスッキリしているのです。

 

床の間の「お出口様」も、トイレの絵も、キッチンの絵も、すべてない。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171015103127j:plain

 

 

なんだろう、この盛大な排泄のような感覚は...(お出口様なだけに...)

 

 

原画たちは任務を終えたら戻ってきますが、そこに付随していただろうエネルギーの集団は、なんとなくもう、戻ってこないのだと思います。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170929213155j:plain

 

 

ようやく自由にさせてあげられました。

 

リリース。宇宙へ還ってゆくもの。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171012200559j:plain

 

 

物事は変化することで、その意味合いもまた姿を変えていきます。

 

ただただ絵を描き続けているだけだと思っていた私の行動は、ひょっとすると長い時間をかけ、そうとは知らず何かを完成するために費やしていたのかもしれません。

 

 

この絵たちの旅先や旅路については、12月にはお知らせできるかな?

 

かなりエクストリームな物語なので、その頃またブログに書きたいと思います♪

 

 

f:id:twinklesachiko:20171115230125j:plain

 

 

【自分が変われば世界が変わる】

 

 

私は「すごい仕事」って、いつか「すごい自分」になって「すごい作品」を作らなきゃできないんだと思っていました。

 

でも、そうじゃなかった。

 

 

自分はそのままで、息をしているだけですごいんだと自分にオッケーを出せたから、すごいと思うお仕事をいただくことができたのだと思います。

 

逆だったんです。

  

自分の意識が自分の設定を決めている。

 

 

これは「私だけがすごい」ということではなく、あなたも彼も誰でもどんな人でもすべての人がみんな「すごい人」だということです。それも、何もしなくても。

 

 

 

設定を「たいしたことない」から「すごい」に変えて周りを見渡してみると、描きためた絵は何ひとつ変わらないのに、どれも「すごい絵」に見えてくるんです。笑

 

自分が変われば世界が変わる。

 

change the world

 

 

f:id:twinklesachiko:20171024173758j:plain

 

 

【エネルギーは内に下に】


 

「手の内は見せない」という言葉は弓道から派生したものです。

 

弓を握る左手の中を「手の内」と言い、そこでの働きはとても重要なので

「手の内を作り上げるには3年かかる」と言われているくらい。

 

 

私はまだ2年なので手の内は暗中模索といったところなのですが、練習している体感と先生方のお言葉を総括すると「手の中を小さく集める」というニュアンスに近いのかなと思います。

 

手の中で扱う部分を小さく小さく集約していく。

 

その結果、矢を放った後の弓がひっくり返る勢いが出る。

 

 

 

お仕事や目指しているものも同じだと思うんです。

 

お仕事を大きくしたいのなら、エネルギーは内に内に向けていく。

 

あれこれ分散させず内に下に、手元足元にエネルギーを注ぎ続ける。

 

 

その結果、エネルギーはそこに収まりきらず決壊して溢れ出し、思いもよらぬほど遠くまで広がっていくのではないでしょうか。

 

極限まで引いた弓の如く、自分以上のエネルギーを伴って盛大に。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171115223712j:plain

 

 

【捨てると入ってくる】

 

 

願い事を叶えるポイントのひとつに「軽〜く願ってすぐ忘れちゃう」ことがありますが、「一度捨てる」こともおすすめです。

 

本当に必要なことなら、ものすごい勢いで進化して戻ってきます。

 

 

というのも、狙ったつもりは全くないのですが、着物関係のお仕事を手放すと決めてから、結果的にお仕事が倍に増えましたw

 

本当にありがたいことですが、どうしたものかとタロットを引いてみると、

 

 

「抵抗するのをやめて愛を受け入れる。無私の心で慈善活動する。不安に思っているのはたいしたことないかもしれません。愛する覚悟。」

 

 

f:id:twinklesachiko:20171115205541j:plain



抵抗するのをやめて愛を受け入れる。

 

愛する覚悟。

 

 

お仕事が予想以上に広がっていくことや、私に届くエネルギーの量がどんどん増えていたことに、ちょっとびびっていたのかもしれません。 

 

だけど抵抗するのをやめてみたら、私のところへどんどん来ていたものは

「愛」だったとわかりました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171115211647j:plain

 

 

「愛」なのに、私が抵抗してブロックするものだから正体がわからず無駄な不安を抱えていたのでしょう。

 

愛する覚悟をしてみたら、講座に来てくださった方から次々と「感謝や愛のお言葉」をいただく体験が始まりました。

 

講座に来ていない方からも!

 

本当にありがたいことです。

 

 

さらに先日、お友達の繋がりで作家の赤坂真理さんからオファーをいただき、着物スタイリング・着付け・ヘアメイクを担当させていただきました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171115232432j:plain

 photo by 田島寛久

 

「ヘアメイクは素人なのですが」とお伝えしたのですが、私のセンスが好きだからお任せしたいと!

 

そんなこと言っていただけたらもう魂かけて楽しむしかない!

 

 

きちんと受け取れるようになりました✨

 

 

そして最高に美しい真理さんが完成いたしました。

 

新春対談の企画なので、また追ってご紹介させてくださいね♡

 

 

f:id:twinklesachiko:20171116002331j:plain



 

「五方よし」と着物のお話

 

三方よし(売り手も買い手も満足して、社会貢献にもなる)というのは商売人の心得として有名ですが、最近は仕事や何かをする時には「五方よし」を心掛けています。

 

①私も②相手も喜んで、③なるべく社会貢献にもなって、④上の方々(見えない存在)もOKを出してくれた上に、⑤自分の体が動くこと。

 

いくら良いと思うことでも、最終的には自分の体が動かないことはできません。

 

頭では行動したいのに、体が重い、気が進まない。

 

体はちゃんとわかっているので、自分の本当の心に耳を傾けていない時は「なぜか動けない」ということが起こります。

 

自分のために動かないでくれるんですね。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171017180432j:plain

 

 

自分の感覚を大切にして生き始めると、残念ながら少し常識と外れることもありますが、この世はそういう世界に変わり始めています。

 

これまでの常識は、ここまでの長い歴史の中で積み重ねてきた世界に合ったものだったので、世界が変わり始めたからフィットしなくなってきてるのですが...

 

 

そのことを体だけは知ってるんです。

 

 

本当に不思議。

 

私たちの顕在意識では全く感知してないことを、体だけは知っている。

 

だから、誰にとっても素晴らしいことでも、最終的に「体様」がOKを出さないなら、きっと何か違うんでしょうね。

 

 

f:id:twinklesachiko:20171017180523j:plain

 

 

すべてはエネルギーなので、「ルール」もエネルギーなんです。

 

ルールというエネルギーの中に生きている以上、違反したものはいくら「素晴らしいと思うもの」でも運気は下がっていきます。

 

この場合は③の「社会にとっていいこと」 も×になりますが、

 

④の「上の方々のOKが出ない」ということにもなります。

 

 

もしも「五方よし」じゃないのに続けていることがあるのなら、五方よしになるように変えていくと運気は上がっていくはずです。

 

自分の体を大切にしていきましょう♡

 

 

f:id:twinklesachiko:20171017183339j:plain

 

 

さて、着物のコーディネートも「五方よし」が当てはまります。

 

①着物②帯③自分の顔④帯揚げ&帯締め⑤バッグなど小物類

 

すべてが活きた時、「可愛い!!」が降臨するんです。

 

ピカーッと本当に輝くんですよ。

 

 

すべてが活かされる組み合わせが、必ず存在します。

 

 

似合う着物と似合わない着物がありますが、たとえ似合わなくても帯や半襟などでどうにか「似合う」まで持っていくことはできます。

 

だけど似合う着物にぴったりな帯が来ると、着物も帯もお顔も、何倍も素敵に見えるんです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170824171909j:plain

 

 

似合う着物を見分けるコツとして、お顔のトーンが明るく見えること、お顔が若々しく見えることがありますが、着物と帯の関係にも同じことが言えます。

 

この着物にこの帯が来ると、なんだか着物のトーンが暗くなった。

 

この着物にこの帯が来ると、地味だと思ってた着物が華やかに見える。

 

相殺し合っていると、どちらも地味になります。

 

その結果、お顔まで老けて見えるんです。

 

 

似合う着物にぴったりな帯を、さらにドラマティックにしてくれるのが差し色となる帯揚げと帯締め

 

無難にしちゃ、せっかくのコーデが台無しです。ここはとびきりドラマティックな色をチョイスしてください。

 

「絶対に合いそうな色」と「絶対に合わなそうな色」を二つ選んで比べてみてください。

 

絶対に合わなそうな色を置いたとき、きっと驚くと思います。

 

とても粋だったり、おしゃれになることの方が多いんですよ♡

 

 

f:id:twinklesachiko:20171017190314j:plain

 

 

着物も帯も、自分も!帯揚げ&帯締めも小物類も、全員が主役。

 

すべてが活きた時、「可愛い!!」が降臨するんです。

 

大切なことなので二度言いました。

 

 

Polaarisでのサチコーデは残すところあと3回です。

 

ラブズキモノ サチコーデ | Polaaris/ポラリス

 

Polaarisのビルの一階にあるラブズキモノさんにて、楽しそうなイベントもありますよー♡

 

みんなのきものばざぁーる

 

 

女性は花。すべての花が美しい。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170826130153j:plain