謎はいつもそこに

子供の頃から自然に生活の中にまざっていた不自然なものたちのお話。

あの天井の向こう側

 

f:id:twinklesachiko:20180113173310j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20180113173320j:plain 

 

 

快適な「車なし生活」を一年ほど送っていましたが、年が明けたある日

「また車を持ちたいな」と急に思いました。

 

うん。車が欲しい。

 

 

その次の日に母から電話があり、

 

「新車買うから今乗ってるやつあげようか?なんか急に車買おう!って気になっちゃって。」

 

というありがたすぎる申し出をいただきました。

 

 

早速、母が買いたい車を試乗しに行ったところ、ハイスペックな最新技術の詰まった車だったんですが、後部座席が狭く、車高が低めで視界があまり良くないことがわかり一度保留にして店を出ました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180113200459j:plain

 

 

⭐︎100パーセント全てに大満足な車があるはず

⭐︎ハートがときめいて惚れ込んでしまう車以外にお金を使うべきではない

⭐︎そんな100パーセントバッチリな車を買う時はトントン契約も進むはず

 

 

こんなことを伝えていたら、

 

「そういえば私、おばあちゃんの介護が辛くて辛くて仕方がなかった時に、これをやりきったら憧れのジムニー買って乗るんだ!って、それを心の支えにしていたんだ。すっかり忘れてた..」

 

と母。

 

 

「え?ジムニーに憧れてたの?」

 

「うん。昔から憧れてた。え?じゃあジムニーの夢が、叶うのー!」

 

と言って涙ぐむから私までもらい泣きw

 

本当に辛い祖母の介護と父の闘病を支えきった今、もう母は自由なのだから幸せにならなくちゃいけない。

そのために必要なのは最新型の車ではなく、ジムニーじゃないとダメだった。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180113200415j:plain

 

 

そういう流れで私のところへも車が来るわけなんですが、なんだか父からのお年玉に思えて仕方ないんですよね。やたら父のエネルギーを感じるし。

 

 

そう思った時にこれを思い出したんです!

 

 

www.youtube.com

 

 

今回譲り受ける母の車を乗ってた時に映り込んだ映像!

 

天井がガラス張りになってるようにしか見えないこの謎映像。

 

 

funcyqutton.hatenablog.com

 

 

インターステラーを観た後なので尚更、この天井が他次元と繋がっているようにしか思えません。

 

 

この車が私のところへ来ることは、一体いつから決まっていたのでしょう?

 

 

f:id:twinklesachiko:20180113161500j:plain

 

 

 

父が亡くなる3〜4年前に祖母が他界しました。

 

大往生だったからか、祖母の魂は肉体を離れたらすぐ遠くへ行ってしまいました。

 

 

人は死ぬと肉体から魂が出ますが、直後はまださっきまでの肉体のふちどりの姿で、薄い膜を隔てたすぐ外にいるのがわかります。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180125145337j:plain

 

 

しかし時間とともに、魂はいくつもの領域を移動していきます。

 

 

父は4層くらい外の領域まではコンタクト可能でしたが、みんな必ず音信不通の領域へ入っていきます。

 

祖母は光の速さでその領域まで進んで行ってしまったのです。

 

寝たきりだった「さっきまでの姿」ではなく、元気で若い頃のエネルギーで。

 

それでも祖母は魂になってから二度ほど会いに来てくれましたが、父が亡くなった頃にはもう、居場所が遥か遠くすぎて全く捉えることはできませんでした。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180125145850j:plain

 

 

最近私は寝る前に「今繋がるべき人と繋げてください」とお願いしてから眠ります。

 

それは夢の中でというニュアンスなんですが、実在の知ってる人でも知らない人でも、人間じゃなくてもいいと思ってるんですね。

 

もちろん光の世界の存在限定ですが、意外な人が出て来たりするので面白いんです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180125153124j:plain

 

 

昨日の夜は、巨大な祖母が出て来ました。

 

うまく言語化できないんですが、ただの夢とメッセージの夢って質感が違うんです。

 

祖母の夢は後者で、ただの夢ではなくこれは「体験していること」だとわかりました。

 

 

他界して以来ちゃんと「会えた」のですが、

 

 

「私のことはもう忘れて大丈夫だから先に進みなさい。私はもう新しい世界にいて、もう違うから」

 

 

と言われました。私が小さいのか祖母が巨大なのか、巨大な祖母の手に抱きついて私は泣いていました。

 

その光景を客観的に見てる私の感覚もあって、その私は全然悲しくないのに、手のひらサイズの私は泣いて甘えてるのです。

 

しばらくすると、また別の大きな手が現れて、頭から背中まで優しく撫でられました。

 

 

それは絶対に間違うことのない、父の手の温かさ。

 

 

優しい大きな手の隙間から、周りに紫陽花が咲いているのが見えました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180125151419j:plain

 

 

目が醒めるとやたらスッキリしていて、夢で泣いてたのが嘘のよう。

 

 

実家の仏壇やお墓参りをするたびに祖母のエネルギーを何も感じないことをどう捉えたらいいのかわからなかったのですが、もう「私の祖母」はいないのだと、わかりました。

 

それは三次元では悲しいことかもしれないけど、「あの魂」は「祖母」の領域を脱ぎ捨て、今やものすごくフレッシュに輝いてるのがわかったので、それでいいのです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180125152046j:plain

 

 

過去生で祖母は私のガイドだったこともあるので、これからも「元祖母」の存在とは繋がって行くでしょう。

 

その繋がっている相手が「弱き、守るべきお年寄り」から「フレッシュでビカビカなエネルギー存在」に衣替えしただけのことなのです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180125153909j:plain

 

 

お互いに姿が変わっても、変わらないものが私たちを繋いでいます。

 

 

 

 

さて、 母はジムニーのナンバープレートに、父の名前を語呂合わせにした数字を選びました。

 

父は母を守るために「新しい家」になり「ジムニー」になり、母の世界に散らばってキラキラしています。

 

 

本当に大切なものは目に見えない。

 

だけどその見えないものがそこに入ってるから、美しいとわかる。

 

 

 

あの天井の向こう側でも桜が咲いたり、紫陽花が咲いているのなら、それはみんな幸せだってことじゃないかな、なんて思うのです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180113161430j:plain

 

 

今年も桜が楽しみですね。早く春にならないかなあ。

 

 

雪の森で

 

どかーんと降りましたね東京。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180123140342j:plain

 

 

朝撮ったのはこの一枚だけ。長靴の上まで埋まってしまうので森に入れませんでした。

 

午後もう一度行ってみると、天気のおかげでだいぶ雪が沈んでいて入れました〜。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180123140653j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20180123140736j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20180123150636j:plain

 

 

いつも元気なこの子、木-3PO

 

 

f:id:twinklesachiko:20180123141332j:plain

 

 

C-3POの仲間だと思ってるんで木-3POと呼んでるんですが、

 

 

f:id:twinklesachiko:20180123141458j:plain

 

 

埋まっていました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180123140814j:plain

 

 

「この雪をごらんくださいっ。わたくしこんなに埋まってしまいましたよ」

 

C-3POの声で脳内再生してくださいね。

 

ジェダイの騎士も発見。フォース弱め。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180123143843j:plain

 

 

そしてふと見ると、木にハートが♡

 

 

f:id:twinklesachiko:20180123150105j:plain

 

 

溶け始めの雪って面白いですね。これなんてうちの白猫アポロみたい。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180123144156j:plain

 

 

仲間もぞろぞろ

 

 

f:id:twinklesachiko:20180123144231j:plain

 

 

あ!

 

 

天使!

 

 

f:id:twinklesachiko:20180123144334j:plain

 

 

胸にハートの落ち葉を抱えた、ネコミミの天使。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180123144426j:plain

 

 

こんな可愛い雪のかたまりが、ぶら下がって浮いていたのです。

 

ダンサーの女神たちも雪に大喜び。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180123144910j:plain

 

 

日陰の小川にはスワンもいました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180123145027j:plain

 

 

溶けかけの雪って、白と透明が混ざり合って本当にきれい。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180123145115j:plain

 

 

ガラス細工みたいで、なんだか懐かしい気持ちでいっぱいになりました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180123145155j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20180123145249j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20180123145309j:plain

 

 

あ、どうしようオチがないや。

 

 

 

受験シーズンだからいっか!

 

オチないオチない、スベらない💮

 

 

f:id:twinklesachiko:20180123150712j:plain

透視と量子力学

 

「メンタリストDAIGOとホリエモンがやってたカードバトルしようぜ〜」

 

と夫がトランプを持ってきました。

 

メンタル駆け引きでジョーカーを当てるような企画だったらしく、ホリエモンは完敗だったと。

 

「さっちゃんが一発で当てれば一勝、俺も一発で当てたら引き分けね」

 

ちょっと超能力ファミリー思い出しましたw(知ってます?)

 

 

f:id:twinklesachiko:20180121193018j:plain

 

 

ジョーカー入りでトランプを5枚選び、私は部屋から退出。

 

準備できた〜と言われてテーブルを見ると、なんか不自然に並べられていましたw

 

 

f:id:twinklesachiko:20180121172807j:plain

 

 

初見で「E」のカードがジョーカーだと思ったんですが、タロットリーディングの時のように手をかざして、一枚一枚エネルギーを感じてみます。

 

おそらく「E」か「B」で間違いない。

 

今度は心の中で一枚一枚カードに聞いていきます。

 

「あなたはジョーカーですか?」

 

『違います』

 

「あなたはジョーカーですか?」

 

『全然違います』

 

「E」のカードに聞くと『そうです』と答えたので、

 

「じゃあやっぱり第一印象から決めてたキミ!」と「E」をめくるとビンゴ!

ジョーカーでした。

 

 

今度は夫の番。部屋から出て行ってもらってカードを配置。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180121172748j:plain

 

 

ジョーカーは「D」に置きました。

 

部屋に入ってきた夫は、見た瞬間爆笑。

 

「これやばいな簡単すぎる。Dじゃんこれww」

 

 

サイキックvsサイキックだと勝負にならないんですね。お互い初見でバレバレなのだから。

もう1回ずつやってみても、結果は同じ。2−2です。

 

お互い仕事でもっと細かい領域まで扱ってるので、正直ちょっと簡単すぎたかもしれません。

 

 

でも面白いのはここからで、今度は「出題者も答えを知らない状態」でやってみると、明らかに感じる情報量が減り、二人とも精度が落ちたんです。

 

 

「出題者が答えを知っている」事実が、透視をかなり助けていることがわかりました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180121190955j:plain

 

 

答えを「知っている」だけで、出題者とカードの間に明らかに情報(エネルギー)が発生してるのです。

 

 

量子力学では「観測者」自体が「観測対象である粒子」に影響を与えてしまうことがあります。

つまり観測者が「観た」瞬間に「状態が決まる」としか言えない状態もある。

 

(気になる方は量子もつれ量子テレポーテーション、不確定原理などで調べてみてくださいね)

 

 

出題者が答えを知っていた場合

 

「答えはDだと知っている事実」が空間に情報として発生して、答えである「D」と「それ以外のカード」に与える影響、エネルギーの運動量が変化するような感じで。

 

これは見た目にも空間に浮遊している「答えはDだと知っている事実」がDのカードの上に溜まっているような感じで、だからお互い初見で質感の違いがわかってしまうのかな?

 

手をかざしてみても、ジョーカーから得られるエネルギー(粒子の反射?)と、それ以外のカードの反応が違うのです。

 

 

 

そして3回目。

 

正直、描かれてる絵の色までは大体わかってしまうので、ジョーカーによく似た絵のカードを混ぜ、お互い答えを知らない状態でトライ。

 

 

2回とも初見で合ってたので、今回も初見でこれだと思ったものを選びました。

 

ただ今回は直感のみで、手をかざしたりカードに聞いたりする「考察」をしませんでした。

 

そしてめくるとハズレ!!ジョーカーによく似たカードをまんまと引いてしまいました。

 

 

直感は大切だけど、考察も大事なんですね。

 

直感を確信に変えていくには、考察が必要なんだと思い知りました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180121175735j:plain

 

 

量子力学には「多世界解釈」という考え方もあるようです。

 

観測によって状態がひとつに収縮する(決定する)のではなく、観測によりふたつの平行世界が出現する。

しかし観測者はひとつの世界しか知り得ないため、答えが「ひとつに収縮する」

 

という考え方らしい。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180121191527j:plain

 

 

直感の時点でそのカードはアタリともハズレともなり得るけど、考察するかしないかで世界はふたつに分岐する?

 

手をかざすことでさらに分岐して、カードに話しかけることでまた分岐する?

 

 

そこまでやった世界ではそのカードはジョーカーの姿を保てている?

 

もしくは私が本物のジョーカーに気がつける?

 

 

 

 

答えは、私がひとつの世界にしかとどまれないので、わかりません。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180121191510j:plain

 

 

またいろいろ考察していきたいと思います〜。

 

 

濃霧の森で

 

今朝の濃霧。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180118162915j:plain

 

 

思わずカメラを持って森へ。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180118163216j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20180118163846j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20180118163246j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20180118163540j:plain

 

 

幻想的で不思議な世界でした。

 

 

そろそろ帰ろうかな、と歩き始めた時。

 

いたいた。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180118164153j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20180118164242j:plain

 

 

ココペリ??

 

 

f:id:twinklesachiko:20180118164453p:plain

 

f:id:twinklesachiko:20180118164618j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20180118164632j:plain

 

 

ネイティブアメリカンの神様が、八王子の山奥に!笑

 

 

f:id:twinklesachiko:20180118164741j:plain

 

 

見えない存在は「似た姿のところに宿る」ので、森に行くとこうして誰かに会えたりします。

 

 

funcyqutton.hatenablog.com

 

 

これまで出会ってきた妖精や小人、神様たち。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180118165917j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20180118165836j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20180118165900j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20180118165958j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20180118170020j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20180118171015j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20180118170036j:plain

 

 

皆さん意外とこっそり姿を現してます。

 

「見間違いだよね」と思うギリギリのラインで。

 

 

 

濃霧きれいだったなあ。

 

明日は晴れるかな?

 

 

f:id:twinklesachiko:20180118171314j:plain

 

 

 

「隙」ってすてき。

 

f:id:twinklesachiko:20180117174645j:plain

 

 

昨日サチコーデお出かけ編で行った信松院さんの、松姫さまのご神木。

 

 

みんなでワイワイ楽しみながら、時々ハッとする深いことを誰かが言う。

 

そんな、一粒で何度も美味しいラブズキモノ サチコーデです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180117175058j:plain

 

 

着物の女性が集まると、ああ、女性は花なんだなと実感します。

本当に華やか。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180117182259j:plain

 

 

ランチをいただきながら、パーフェクト美女Aちゃんが

 

「どうやって隙というものを作るのかわからないんです」

 

と言い出し、みんなで隙とはなんぞやと、あーでもないこーでもない。

 

 デキる人にはデキる人の悩みがあるものなんですね〜。

 

 

 

帰り道ふと前を見ると、先を歩くハーフ美女Jちゃんが異様に色っぽい。

 

元々セクシーな人だけど、なんだろうこの色香は?

 

 

f:id:twinklesachiko:20180117175717j:plain

 

 

この写真だと右腕を上げてるのでわかりませんが、まっすぐ立つとほんの少〜しだけ帯が右側に傾いているんです。

 

その傾きが、後ろから見ると右重心にシナを作っているように見えて、

 

なんとも色っぽい!!

 

しかも帯の傾きが無防備な雰囲気まで醸し出している。

 

 

 

「これが隙だー!!!」

 

 

 

満場一致で納得。

 

ここに「隙」の真髄と、着物の本当の面白さがあります。

 

 

カチッと一分の隙もない完璧な着付けだったら、この色香はないんです。

 

完璧な着付けにはゴージャスで玄人な色気がありますが、ここでのテーマは「隙」!

 

隙がわからない私たちに、女神が隙を体現してくれたのでした。

 

 

夢二の絵の色っぽさも同じニュアンスですよね。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180117181232j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20180117181252j:plain

 

 

くぅ〜〜隙だらけやないかいっ!!///

 

 

 

正式な場にはカチッと着付けて、ふだんは夢二風に着てみてはいかがでしょう?

 

↓まあこれはちょっと色々心配されちゃうレベルだけどw

 

 

f:id:twinklesachiko:20180117181232j:plain

 

 

私もアンティーク着物にはあえて帯板を入れないで、夢二風にするのが好きです。

 

隙や色気を意識したことはなかったですがw

 

 

↓この、少し帯締めがめり込む感じ。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180117194524j:plain

 

 

完璧を目指さない、完璧じゃないことが完成の着こなし。

 

着物って、意外と懐の広い世界なんです。

 

 

 

そしてね、自撮り中の女子は可愛い!

 

 

f:id:twinklesachiko:20180117203103j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20180117202959j:plain

 

 

これも発見でした〜♡

宣言することの威力

 

「自分で決めて宣言すること」の威力について、書きたいと思います。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180115150314j:plain

 

 

「職種は問わないから面白そうな仕事で稼ぐ」と決めた時、

 

「具体的にこういう仕事をしよう」と決めた時、

 

「本当の私の才能で仕事をする」と宣言した時、

 

すべて実現しています。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170224110218j:plain

 

 

先に自分が決めてしまうと、現実は後から追いかけて来ます。

 

だから先に自分が「決めて」「宣言する」ことが重要。

 

引き寄せの法則の原理と同じだと思うんですけど、これはすべて私の体験に基づいたお話です。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170224104416j:plain

 

 

以前、ラフティングのガイドの見習いをしていた時期があったんですけど、その仕事に就いたきっかけは友人に誘われたからで、動機としては

 

「面白そうだし、とにかく経済力をつけたい」

 

だったんですね。

 

ラフティングは夏季限定の季節商売なので、ひと夏やったとして、その後は秋から何をしようか考えていました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180115170940j:plain

 

 

ある日、温泉に行っておやきを食べたら、そのおやきが全然美味しくないんです。

 

袋に入れたままレンジで温めたことが容易に想像できるベチャベチャさで、思い描くおやきとは全然違ったことがショックでした。

そこでなぜか火がついて「私は秋からおやき屋をやろう!」と思い、友人夫婦に展望を語ったのです。

 

『食育とか視野に入れた体に優しい野菜おやきを作って、パッケージもデザインしてキュートなものにして、出店してまわっても楽しそうだし、どこかに卸したりできたらビジネスとして成り立つ』と。

 

そんなことを考えながらラフティングの修行が始まったのですが、私を知る大半の人が思っただろう通り、体力や筋力の限界がやって来ました。笑

 

でもそれを認められず続けていたら、背中を痛めてしばらく出勤できなくなってしまったのです。

 

 

その当時たまたまタロットカードを買ってみたので引いてみると、

 

「自分への愛に気がついて」

 

というメッセージばかり。自分への愛が、完全にわからなくなっていました。

 

 

ここでの詳しいお話は是非とも書きたいエピソードなので今は割愛しますが、自分へのヒーリングを経て自分の本質を感じられた私は、そこで感じた自分を絵に描きます。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180115152030j:plain

 

 

絵を描くこと自体久しぶりだったし、忘れていた自分に会えた感覚。

 

この先自分がブレないために「灯台」のつもりで作っておいたネットショップを見ると、ずいぶん遠くまで流れてしまったな、と感じました。

 

クリエイティブなものから離れ、アスリートをしてたので当然なんですが。笑

 

とにかくそこで「私はものを作り出す人間だ」と思い出したんです。

 

 

「私は、絵描きだ。」

 

 

f:id:twinklesachiko:20180115152609j:plain

 

 

絵を描き終わると、友人Pちゃんから電話が来ました。

 

「あの、野菜でおやきを作ってくれる人を探してる人がいるんですけど...笑」

 

Pちゃんは、おやき屋さんの展望を聞いてくれた夫婦の奥さんです。

 

「おやきにして欲しい野菜があるみたいで、材料とか売る場所とか全部もうあって決まってるけど、作ってくれる人だけがいないらしいです」

 

「そんなことあんの?!笑」

 

とりあえずその人と一度会いたいから、詳しい日程はラフティングのシフトがわかったら連絡することにして電話を切ると、今度はラフティングの店長から電話が来ました。

 

 

「えーとですね、社長と話したんですけど、ちょっと体力的にも今から体壊してたら繁忙期の夏は乗り切れないと思うんです。なので、もうここで終了にしましょう」

 

 

そんなことあんの?!

 

人生で初めてクビになりましたww

 

 

でも、これでもう行かなくて済む。

本来なら私が言い出さなきゃいけないことを、天の采配で向こうから言ってもらえたことに感謝しました。

 

その後おやきは改良を重ね、発表の場にも恵まれました。

 

使用しているのが「江戸東京野菜」の「川口エンドウ」なので、春の短い収穫期間にしか試作を重ねられないので現在もプロジェクトは進んでいます。

 

 

 

ある日、星がきれいな夜に突然思い立ち

 

「私の魂と体を捧げられる仕事をします!!」

 

と宣言しました。

 

そこから気がつけばタロット占い師になっていて、タロットでエネルギーを降ろしたりチャネリングしたりしているうちに絵への意識も変わり、波に乗り始めたのです。

 

「自分に合ってること」って、全然エネルギーを消耗しないので楽々できちゃうんですよね。簡単に出来るから誰にでもできるように思えたり。

 

私にラフティングを紹介してくれた友人はまさに「こんな簡単なことでめっちゃ稼げる」と言っていたのですが、合っていない私にとっては壮絶な大変さでした。笑

 

彼にとってはそれが理解できないくらい簡単なんです。

 

私にとってタロットは、簡単というより最初からやり方を知っていた感覚でした。

 

そんな流れで絵とタロットと着物講座と時々写真やおやき、でファンシーキュットンという宇宙船は動き始めました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180115160253j:plain

 

 

そしてここで最初に書いた一文に戻るんですが...

 

「自分で決めて宣言すること」の威力について、書きたいと思います。

 

 

8年くらい前にやったアバンダンス(豊かさ)のワークで使ったノートを見返してみたら、そこで願ったことがほとんど叶っていたのですが、

 

「何種類も自分が好きな仕事をしてお金を稼ぎます」

 

って書いてあったんです。

 

宣言のすごいところは、それが実現するために必要な出来事が起こっていきます。

 

その宣言を実現するために自己価値観が低ければ、自己肯定できる体験が続き、知識が必要ならまずはそこを学ぶ体験が与えられます。

 

これは例え話ですが「アイドルになります!」と宣言したらまず一旦病気になって、本当に美しくなるために食生活の見直しから始まる、そんな感じです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170825152621j:plain

 

 

宣言をすると、必要なレッスンが宇宙から与えられます。

 

だから私が「何種類も自分が好きな仕事をしてお金を稼ぎます」を実現するには8年近く準備期間が必要だったんです。

 

 

逆に準備が整っていれば実現は早いもの。

 

昨年の秋に、久しぶりに私は宣言しました。

 

 

「大きい仕事をする」

 

 

そして天が与えてくれたRINNEのMV。

とてもラッキーなお話だったけど、実は先に宣言していたことだったんです。

 

なーーーんの片鱗もない状態で、大きい仕事をすると決め、達成したマインドで過ごしていました。もうイメージングでは3つくらい大きい仕事してましたねw

 

 

これはポジティブ・シンキングとかそういうことじゃないんです。

 

きちんと自分の魂が納得して了解した宣言は、実現する時代になっているんです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170317112839j:plain

 

 

是非、宣言してみてください。

 

ポイントは、軽いノリで宇宙にぽいっと投げること。

 

軽く、お願いします。そして忘れちゃってください。

 

 

 

地球を遊びながら楽しんでいきましょう。

 

ありがとうございました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170824205258j:plain


 

 

 

着物で寄席へ行こう

 

昨年12月 最後のサチコーデ(着物講座)の帰り道、運営のSちゃんとふたりでカフェにでも寄っていこうか、と駅近くを歩いていました。

 

 直感で「あそこにしよう!」と入ったお店はお世辞にもおしゃれなカフェとは言えず、くつろげる席でもなく、時々店員さんが布巾を干すため後ろに来て窓を開けては寒い風が背中に当たる、そんなお店でした。

 

でもここだと思ったし、喋れればどこでもいいさ、な気持ちで1時間ちょっと過ごしたのです。

 

ここで一度サチコーデは終わるけど、そのうちPolaarisに噺家さん呼んで着物で寄席を楽しむ会とかやりたいね〜なんて盛り上がり、お会計をしにレジに行くと、壁にこんなポスターが!!

 

 

f:id:twinklesachiko:20180113101336j:plain

 

 

演芸寄席2000名様ご招待。

招待券をご希望の方はこのポスターを掲示している商店にお問い合わせください。

 

「あの!これ申し込みたいんですけど!」

 

レジのおばちゃんは困った顔して

 

「私よくわからないの。下のお惣菜屋さんで聞いてね」

 

展開が完全にRPG

喫茶店を出て、お惣菜屋さんへ向かう。 

 

お惣菜屋さんの店内にも同じポスターが貼られていました。お惣菜をいくつか買い、レジのおばちゃんに申し込みたい旨を伝えると、

 

「家族の名前も書いて申し込んじゃいなよ」

 

とハガキをたくさんくれました。笑

 

夕暮れの長閑な商店街で、これはあれだね、当たる流れだね。なんて言いながら帰路に着いたのですが、年明け早々 それぞれの家のポストにチケット入りの封筒が届いた時は流石にテンション上がりましたね!

 

 

f:id:twinklesachiko:20171129000724j:plain

 

 

ところが。

 

 

よくよく日にちを見てみると...弓道の審査の日とかぶってる!!!泣

 

審査は明治神宮で朝から夕方まで。

 

寄席は八王子で14:30開場。無理やん...

 

 

というわけで、私の分(二席)は寄付させていただくので「サチコーデ着物で寄席編」という企画をSちゃんが立ててくれることになりました!

 

私は不在なのにそんな企画名で申し訳ないですが、

 

①これまでサチコーデに参加された方

②着物をお持ちで、なんとか着られる方

 

を対象にさせていただきます。

 

お申し込みいただいてから、厳正なる抽選にて2名様ご招待いたします♡

 

いいなあいいなあ、木久扇さん観たかったなあ〜

 

 

 

そして着物繋がりということでお知らせですが、同じ日にこんなイベントもあります。

 

はれのひ」の被害に遭われた方へ救済プロジェクト。

 

twitter.com

 

立上げ人のきものの西室さんを始め、様々な職種、企業の方が動いてくださってます。

 

被害に遭われた方のお気持ちを思うと本当に胸が痛みます。

 

大切に受け継がれた着物を持ち逃げされてしまった方もいらっしゃるようで...それは代替品ではどうにもならないことです。

 

この事件に関してはまだまだ深い問題も感じているので、その辺りは言語化できたらまた書きたいと思います。

 

 

 

ちなみに私の成人式の写真はなぜか頭がソフトドレッドでですね、ワー頭が悪そうだなーと見る度に思いますね。いい記念です。

 

先日、母の付き添いで車を見に行った時にディーラーさんと成人式の話になり、

 

「この娘の時は大雪でねえ」

 

と言う母に対し、

 

「何年前ですか?」

 

なんてノンキに聞いてきたディーラーさんに、おめえそれは聞いちゃダメだろうよと心の中でツッコんだ私です。

 

「つい最近です」

 

って答えた母が好き。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180113112421j:plain

 

お正月に姉が撮ってくれた母と私。

 

 

成人式プロジェクト、演芸寄席、弓道の審査と盛りだくさんな2月12日が、全ての人にとって佳き一日となりますように。