謎はいつもそこに

子供の頃から自然に生活の中にまざっていた不自然なものたちのお話。

私の世界 まとめ

 

 

f:id:twinklesachiko:20190610152602j:plain

 

 

 

funcyqutton.hatenablog.com

 

 

funcyqutton.hatenablog.com

funcyqutton.hatenablog.com

funcyqutton.hatenablog.com

funcyqutton.hatenablog.com

funcyqutton.hatenablog.com

funcyqutton.hatenablog.com

funcyqutton.hatenablog.com

funcyqutton.hatenablog.com

funcyqutton.hatenablog.com

funcyqutton.hatenablog.com

funcyqutton.hatenablog.com

funcyqutton.hatenablog.com

funcyqutton.hatenablog.com

funcyqutton.hatenablog.com

 

植物の謎

 

雨の日は、なぜだか子供の頃のことをよく思い出します。

 

祖母の部屋で絵を描いている光景や、お迎えを待つ保育園の窓に映る、うす暗い空。

 

この間、実家の裏のアパートが取り壊され更地になりました。

 

 

funcyqutton.hatenablog.com

 

 

取り壊す前に、大家さんが近所の人たちに「ほしい植物があったら抜いて持って行って」と言っていたので、母も近所のおばさんも百合やスミレをもらっていました。

 

私が選んだのは、小判草とスミレと、黄色い花の咲く多肉っぽい植物。

 

何十年もそのアパートの草むらを見てきて、自然に植生が変わっていくことが面白く感じます。

 

植物たちは自然な力関係で繁殖したり、新しく登場したり。

 

私が子供時代を思い出す時、それぞれの場所にかつていた植物ばかり頭の中に浮かびます。

 

 

f:id:twinklesachiko:20190712113859j:plain


 

道の角にいたオシロイバナ、あの家のフェンスからはみ出ていたグミの木。

 

裏道を入っていくと陰鬱そうに立っていた名前の知らない大きな木。

 

友達のおばあちゃん家の庭の、江戸時代から生きているという大きな柿の木。

 

住宅街の真ん中にあった竹藪。

 

子供の頃の私は学校の波動が辛かったので、通学路のいろいろな植物から元気を分けてもらっていたんだな、と思います。

 

 

 けれども、「彼ら」はいつもある日突然いなくなってしまいました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20190607125523j:plain

 

 

植物と人間の関わりって難しいですね。

 

暮らしの中では、管理してあげなきゃいけない。

 

次々出てくる雑草も毎日のように抜かなきゃいけないし。(全然できてない)

 

 

 

宇宙人が外側から地球を見ると、人間が米や小麦に「支配」されているように見えると聞いたことがあります。

 

確かに、世界中で米や小麦がない生活は成り立たない。

 

「小麦抜き」をしている今、これまで本当に依存的に小麦を食べていたことに気がつきました。

 

定期的に「そろそろ小麦食べなきゃ」と体が少し焦ってくる感覚。

 

人はそれを好物とも呼びますが、確かに支配されているとも言えます。

 

 

謎の文書「ヴォイニッチ手稿」はその辺りのことが書かれているのかもしれません。

 

 

f:id:twinklesachiko:20190712115241j:plain



  

なかなか梅雨も明けないことだし、たまにはスピリチュアルじゃなくてオカルトに触れてみるのも面白いですよ。

 

 

www.nazotoki.com

 

matome.naver.jp

  

 

おかげさまで7月分の対面セッション満員御礼となりました。

 

遠隔でしたらまだもう少しお受けできると思います。

 

8月も引き続きよろしくお願いいたします。

 

 

f:id:twinklesachiko:20190712120501j:image

 

米粉で焼いたケーキが美味しかったので、小麦がなくてもなんとかなりそうです。

 

息子が12歳になりました✨

 

 

 

 

シンクロニシティー

 

昨日セッションを受けに来てくれたYちゃんから、オーストラリアのバイロンベイのお土産をいただきました。

 

石鹸と小さなクッキーをいただいたのですが、わたくし今、湿気とかアレルギーが大変なので、治療の指示で小麦粉を抜いてるんですね。

 

だからクッキーは息子にあげようと思っていたのですが、一晩経って今朝キッチンへ降りていくと、テーブルの上にちょこんと乗っているクッキーがものすごく主張しているんです。

 

「今日セッションを受けにくるRさんにあげて」

 

と。

 

えー?そうなのー?なんでだろう?と思いながらも、そのことは忘れて午前中はのんびり過ごし、午後にRさんが到着してセッションが始まりました。

(ここから書く内容はRさんの許可を得ています。)

 

 

1枚目にきれいな海の中のカードが出ると、

 

「あああ。やっぱり行けってことですかね〜〜」とRさん。

 

「ずーっとオーストラリアに行きたくて、でも体が動かなくて。でもやっぱり行けってことですよねえ」

 

と言うので、オーストラリアというキーワードでクッキーのこと思い出したんです。

 

「Rさんにお渡しするものがあるんですよ」とクッキーの経緯を話しながら渡してみると、

 

「キャアア!!このクッキーバイロンベイって書いてある!!そうなんです、バイロンベイに行きたかったんです!」

 

ピンポイントでビンゴ。だからクッキーが主張してたんですね〜。

 

バイロンベイ帰りの人のセッションの次の日が、バイロンベイに行きたい人のセッションというものすごいシンクロ。

 

 

しかも通常なら、私はクッキー大好きなので誰にもあげませんw

 

私が食べられないタイミングで受け取ったクッキーは、本当に「メッセージ」として必要な方の元へと届きました。

 

そんなこととは知らずにメッセンジャーの役割を担ってくれたYちゃんもすごいですね〜。

 

 

 

そしてセッションは進み、私がカードの説明をしていた時のこと。

 

「このカードはまあ一言で言うと『出る杭になることを恐れないで』という意味」

 

と言った時に、ガラッと小学校から帰ってきた息子が顔を出しました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20190708174449j:plain

 

 

これはですね...小学校から帰ってきた息子です。

 

「俺、今日スーツで行くから」と言ってスーツにランドセル背負って学校に行った息子です。

 

「全員をぶっちぎってみんなにドン引きされたい」

 

というMなのかSなのかよくわからないことを言って、颯爽と登校した息子です。(サングラスはやめさせたけど)

 

 

「Rさん、これですよ、出る杭になることを恐れないって」

 

「わああ、分かりやすい〜〜〜」

 

なんだか今日はRさんへのメッセージをいろいろな存在が託されているような感じ。

 

人類総天使時代は、すべてのことがメッセージ。

 

 

youtu.be

 

 

帰り際に息子が置き忘れたままの刀のおもちゃを見たRさんが、

 

「なぜこんなところに刀が?迷いを断ち切れってことですかね!」

 

と言うので、

 

「そう感じたならそうなんです!感じたことが真実なんですよ」

 

とお答えしました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20190515223836j:plain


 

スピリチュアルって、自分の内側に存在するものなんです。

 

霊感が強い人だけのものではなく、一人一人にオリジナルのスピリチュアルな世界が実はあるんです。

 

こう言ってしまうといろいろなものを否定するように聞こえてしまうかもしれませんが、スピリチュアルなことって本当は人に習ってはいけないんです。

 

自分なりの真実を掴んでいける方なら誰に習っても大丈夫なんですが、本当に手探りの場合だと、自分が感じたこととティーチャーの言ってることがズレた時にティーチャーのことを採用してしまうんですね。

 

あなたが感じたこと が真実なのに。

 

 

習ったことではなく、自分の真実を信頼して進むことが真の創造へと繋がって行きます。

 

ティーチャーのスピリチュアル世界は、そのティーチャーのオリジナル。

 

そしてあなたのスピリチュアルな世界は、あなただけの真実。

 

 

f:id:twinklesachiko:20190708215333j:plain


 

もうすぐ梅雨が明けるかな。早く海に行きたいです。

 

梅雨のエネルギーリーディング

 

6月は厳しい湿度に参ったり、メンタルがきつかった方も多かったのではないでしょうか。

 

理由なき絶望感や、自分の不甲斐なさ、足りてないところ、やり残したままのタスクなど

 

「かなり完成されてきてはいるけど、ここがまだ曖昧なんだよな...」なんていうところがあれば、容赦なく突つかれたのではないかと思います。

 

すべては7月から始まる次のステージに向けての最終調整でした。

 

次のステージから始まる拡大期に未完了なものは持ち込めないので、一掃するために各地で様々なドラマが起きたのだと思います。

 

 

f:id:twinklesachiko:20190705113441j:plain


 

私にはどうしても、自分と向き合わせるために猛烈な湿度が降り注いだとしか思えないんですね。

 

東洋医学的に、湿気は心臓に負担がかかるそうです。つまりハートですね。

 

だからメンタルにズシリと湿気がアンカリングして、さあ向き合ってやり残しを一気に片付けちゃおうよ🎶というスパルタ宇宙塾だったのではないかと...笑

 

 

f:id:twinklesachiko:20190705103915j:plain

 

 

また、その問題を「どうクリアするか」も重要だったので、小手先のやり方が通用しなくて半ベソだった方も多いのでは...笑

 

 

私は7月に切り替わった途端、体がものすごく軽くなりました。

 

6月の理由なき重さや絶望感ったらすごかったですw

 

こんな感じでしたw

 

 

f:id:twinklesachiko:20190705113616j:plain

ぐえ〜

 

 

ちょうど一年前の記事もなんとなく貼っておきます。

 

 

funcyqutton.hatenablog.com

 

 

あと、これは私の場合なので合わない方もいると思いますが、私はあんまり食べないことでとても楽になったんですね。

 

食べると体温も上がりさらに心臓に負担がかかるはずなので、軽いものを少し食べたり一日二食にしたりしたら快適になりましたよ〜。

 

 

6月に大変だった方は、そんなわけで7月のシフトに間に合わせるためにスパートをかけられていた状態なので、ここから身動きが取りやすくなっていくと思います。

 

 

すべては「あなたにもっと自分を大切に扱ってもらうため」の宇宙の計らい。

 

豊かさも人の優しさも、自分に与えられた権利も取りこぼしのないようにと...。

 

 

それが腑に落ちる瞬間が、太陽に照らされて過ごしやすくなった頃にやってくるかもしれません。

 

 

f:id:twinklesachiko:20190615122459j:plain

 

 

 

【お知らせ】

 

7月23日よりロンドンで行われる展覧会「A Bridge to JAPANESE ART」に参加するため渡英します。

 

 

f:id:twinklesachiko:20190705105658j:plain

 

 

それに伴い、セッションのご予約やお仕事のご依頼は7月23日までとさせていただきまして、次回は8月1日よりご予約を承ります。

 

お休み期間はメールのお問い合わせにも対応致しかねますので、よろしくお願い致します。

 

 

7月のバースデータロットをご希望されている方はお早めにどうぞ!

 

birthday-cake-twinkle.strikingly.com

片思い?両思い? その2

 

funcyqutton.hatenablog.com

 

続きです。

 

 

私にとってタロットは一生かけて掘り下げていけるものだと感じているので、「まだまだ先は長いぞ」と思えることもワクワクしていられるのですが

 

絵に関してはいつもどこかで逃げたい気持ちがあって。

 

 

本気だからこそ、逃げたくなる。

 

お互い好きな気持ちを隠してるような、お互い素直になれないような、そんな関係性なのです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20190702084111j:plain

 

 

絵は私を安心させてくれるようなものではなく、私が自分の殻を破ってエネルギーを放てた時に初めて

 

「よく頑張ったな」

 

とようやく微笑んでくれるユーリ・ミロノフ先生みたいな存在。

 

 

f:id:twinklesachiko:20190702082940j:plain

山岸涼子アラベスク」より

 

 

だからタロットと同じように「まだまだ先は長いぞ」と感じても、それは果てしなく続く沼のような道で。

 

 

若い頃から絵と向き合ってきて、私は天才じゃないけど「続けていける才能」ならあるかもしれないからと、積み重ねることに重きを置いてきました。(でも言うほど積み重ねてないかも、、)

 

そうしてずっと自分の不甲斐なさと対峙してきたから、いつか「私にはこれだったんだ!」と思える別のものが登場して解放してくれないかと密かに願っていたりしたので、相思相愛だと思えるタロットの登場が本当に嬉しかったのです。

 

 

今月ロンドンの展覧会に参加するのですが、それが終わったら絵のことはひと段落させて手放して、タロット一本に集中したいなと少し前に考えていました。

 

絵と向き合うことは自分と向き合うことだから、もう終わりにしたら楽になれると思ったのです。

 

  

f:id:twinklesachiko:20190702084306j:plain



その頃、普段あまり使わないスプレッド(展開法)をなんとなく試してみたんですね。

 

シンプルに「今の私に必要なメッセージをください」と。

 

 

f:id:twinklesachiko:20190427190133j:plain

裏面の模様を合わせていく「運命のスプレッド」は、すべてがアートです。

 

 

そうしたら「このバカタレがぁ!!」とダヴィンチ先生に思いっきり叱られてしまいました。

 

 

お前はどちらの仕事にも敬意を払ってるか?

 

絵のことをどれだけ軽く見積もってるんだ?

 

お前がタロットをうまくできるのは絵を描いているからだと知れ。

 

絵を描くことでタロットができ、タロットをやることで絵が描けている。

 

そうやって物事は回っているのにお前ときたら何たる短絡思考...

 

今のお前に足りてないものは、想!像!力!だああああ!!

 

バーン!

f:id:twinklesachiko:20181229105126j:plain
絵のことを聞くと大体このカードが出るのですが、これはデッキ唯一のダヴィンチ先生自画像なんで、毎回励まされたり叱られたりがとてもダイレクトな感じなのです。

 

 

 深く愛したいから、怖い。逃げたい。

 

私はどのお仕事も心を込めて最善を尽くしてますが、 「自分」からは逃げようとしていたのかもしれません。

 

 

絵や着物のお仕事をさせていただくことでタロットがうまくできるということは

 

つまり私にお仕事を依頼してくれたり、こうしてブログを読んでくれたり、私に関わってくださる「皆さんのおかげ」ということだったんです。

 

才能はあるかもしれないし、ないかもしれない。だけどそんなことは、実は本質的には全然関係なくて

 

人に対して放ったものや、仕事の中で放ったもの

 

愛を放てば「愛の形」として才能が育ってゆく

 

だから相思相愛という現象が起きるのです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20190705094818j:plain

 

 

人の中で生かされている

 

人の中に自分がいる

 

あらゆる人のおかげで自分が成り立っている。

 

 

f:id:twinklesachiko:20190705091843j:plain

 

 

誰かのために働きかける、何かに対して働きかける

 

そこに導きがやってくるということ。

 

 

才能がある人に愛を開いた人が多いのは、愛を開いたから才能を授けられたということ。逆なんです。

 

 

一番得意なことをやればいいや、じゃなかったんですね〜。

 

 

例えば本業の他にアルバイトをしていると、一本に絞りたいと感じる方って多いと思うんです。早くこれ一本で食えるようになりたい、って。

 

だけどそのアルバイトでの働き方が本業の「才能に影響する」という宇宙のすごい秘密。知っていましたか?

 

実はそこで才能を育てる、才能貯金をしているのです。

 

 

自分の本業やメインステージじゃない場所でどれだけ愛を放って才能を育てることができるのか。

 

宇宙と両思いになる方法のひとつです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20190705092928j:plain

 

 

 

片思い?両思い?

 

タロットを通して霊視させていただくと、世の中にはこんなにいろいろな「妖精」がいるのかと驚かされます。

 

その昔日本人が「八百万の神」と言ったことの意味が、今日は少しわかっていただけるかもしれません。

 

 

f:id:twinklesachiko:20190629100413j:plain

 野原に現れたケルビム

 

 

「物事」と「人」との関係は人間関係とよく似ていて、一見私たち人間が「物事」を選んでいるように見えますが、「物事」の方が選んでくれた場合もあるのです。

 

 

自分に合っていることって、人より上手にできたり、なぜか直感的にコツを知っていたりしますよね。

 

そうかと思えば、いくら練習しても一向に上達しないこともある。

 

 

こういうことって「合ってるor合ってない」と捉えることもできますが、「それ」と「片思いか?両思いか?」と考えてみるとまた見えてくる世界があります。

 

なぜセッションを通して私が様々な「妖精」が見えるのかというと、どんな物にも「気持ち」があるから。

 

どんな物にも感情があるんです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20190110204706j:plain

 

 

あなたがどうしても色鉛筆が気になっている時、色鉛筆が「私を使って描いて」と言っているのかもしれません。

 

手芸をして楽しくて仕方ない時、手芸道具たちも嬉しくて楽しいんです。

 

 

だから「どんな物にも妖精が宿っている」というのは、色鉛筆の後ろに「色鉛筆の妖精」という存在がいるわけではなく、

 

 

f:id:twinklesachiko:20190629103608j:image

 

 

色鉛筆自体が「色鉛筆という妖精」なんです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20190629103623j:image

 

 

すべて生きているのですね。

 

そんな「物事」との関係性の中で「強い相思相愛」の状態を「才能がある」というのかなと思うのです。

 

 

私が弓道をやっていた頃は、当然タロットの仕事もしていたし絵も描いていました。

 

ところが日々のお仕事で満たされるような自己価値観が、弓道では得られない。

 

頑張っても報われない、いくらやっても上達しない。その中でふと横を見ると、10射皆中(すべて当たる)する人がいる。

 

そういう方の弓との相思相愛の絆と比べて、私の弓は片思いなんだなとわかったのです。

 

もちろん、そういう方が費やした時間や努力も私の比ではないのですが、得意なことってそういう次元じゃないんですよね。

 

例えばタロットは、初めて手にした時から扱い方がわかったのです。

 

 

そんな気づきを得た頃、たまたま息子の担任の先生と何気ない話をしていたら、

 

「自分に合ってないこと続けると自己価値観が下がりますからね〜」

 

と言われたんです。

 

弓道のことが脳裏によぎった私は、ああ、いくら尽くしても愛してくれない人といても仕方ないんだな、別れよう。なんて気持ちになりましたね。笑

  

 

果たすべき使命やソウルワークは、必ず相思相愛のもの。

 

相思相愛が故に、あまりにも自分にとっては簡単にできることだから逆に気づきにくいこともあります。

 

それは例えると「いつもそばにいてくれた幼なじみ」みたいな関係性。

 

 

f:id:twinklesachiko:20190509204257j:plain

 

 

自分をわかっていないと、人は見当違いなことを始めたりするんですよね。

 

全然タフな体じゃないのにラフティングをやっていた過去の私のようにww

 

ラフティングも下手くそでしたね〜〜(遠い目

 

 

これも例えると、本当は自分に合っていないことに気づかずマッスルな先輩に恋して追いかけて、

 

 

f:id:twinklesachiko:20180320163658j:plain

 

 

玉砕して初めて、ずっとそばにいてくれた幼なじみ(自分の霊能力)に気がついた。的な。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180320163741j:plain

 

 

なんだ!あんなに過酷なことしなくても、タロットを仕事にすればいいんじゃん!!

 

 

f:id:twinklesachiko:20180320163753j:plain

 

 

えんだーーーーーーいあーーーーーーーー

 

 

f:id:twinklesachiko:20190629112618j:plain

 

※ラフティングの才能がある人にとっては、ラフティングは全然過酷なことではありません。 

 

 

私は才能って、「それが非常に良くできる才能」と「それを続けられる才能」の二種類あると思っているのですが、

 

前者がありながら辞めてしまう場合は「物事」の片思いなのかもしれませんね。

 

「物事」はその人に惚れていても、その人はそれを愛せないのだから。

 

また、抜群に秀でたものはなくてもずっと続けていける後者の関係性はお見合い結婚と似ていて、大恋愛の相思相愛から始まったわけじゃなくても、日々の暮らしの中で誰にも真似できない確かな愛と信頼を築き上げることができたということではないかと。

 

時にそんな風に積み上げた「愛」は、大恋愛(前者)を凌駕することも。

 

(オリンピック選手や名人、達人などは前者と後者のハイブリッドだから無敵ですよね〜。)

 

 

とにかく、「あなたが得意なこと」はあなたのことが大好きなのです。 

 

本を読破するのが得意、運転が得意、整理整頓が得意、人の名前を覚えるのが得意...

 

あなたは何が得意ですか?

 

得意なことと愛し愛されながら大切にしていってくださいね♡

 

 

才能といえば、最近America's Got  Talentにハマっていて、どれを観てもいちいち感動して泣いてしまうのですが、今日はこちらをシェアします。 

 

 

この子は妖精みたいに可愛らしいし、パペットは「生きて」います。

 

彼女は「歌うこと」ともパペットとも相思相愛。

 

すべてが妖精という神秘そのものです。

 

 

youtu.be

 

ゴールデンブザーはいつも泣いちゃう!w

 

 

 

でも、得意なこと以外は意味がないかというとそんなはずはなく。

 

ものすごく運気を回すポイントだったりするのです。

 

その辺りは次回♪

 

 

 

 

「お断りします」の力 その2

 

funcyqutton.hatenablog.com

 

 

続きです。

 

「視える人にこんなこと言われたけど、どうなのでしょうか?」とセカンドオピニオン的に聞かれることが時々あります。

 

私の判断基準はいくつかあるのですが、まず大前提として確認したいのが

 

 

①その言葉は、お金を払って受けたセッションで言われたのかどうか

 

 

と言うのも、その人が「仕事としてやっているのか」という、本当に根本的なところなのです。

 

仕事としてやっていないなら、正しく導いてくれる指導霊はついていないでしょう。

 

指導霊はその仕事を全うできるように必要な人格形成のレッスンもしてくるし、基本的には余計な霊や眷属などの邪魔も入りません。

 

なので、もし仕事や使命としてやっていないなら、その人が視えているものや聞こえる言葉はどことコネクトしているのか?という疑問が湧いてきます。

 

「視える」ことは本当だとしても、問題はそこじゃないわけですね。 

 

実際、仕事にしていない場合は、視えることや降りてくるメッセージに振り回されて「視える人」本人が不安定になっているケースも多いのです。

 

見えない世界と現実をうまく切り分けられていない状態なので心身ともに揺さぶられやすく、その混乱から人に「視えたこと」を無闇矢鱈に伝えることで他者との共依存にも陥りやすかったり。

 

その場合「視える人」は、最終的には自分の不安定さをあなたのせいにしてくることもあるでしょう。

 

 

そもそも、なんですけど。

 

頼んでもいないのに「あなたには〇〇が視える」「あなたはこうだ」と言ってくる人は、相手への「尊重」がないんです。

 

(もしかしたら若い頃の私もやってしまったことはあるかもしれません。ごめんなさい。) 

 

あなたのために伝えたいのではなく、その人が受け止めきれない「その人に見えている世界」のことを放出しているに過ぎないんですね。

 

 

「尊重」と「配慮」のない行為は「受け取らないと決める」のがオススメ。

 

その人があなたには視えない何かを言ってきたとしても、

 

「お断りします」

 

という呪文でバッサリと切ることができます。もちろん口に出さなくてもOK。

 

 次に、これはお金を払ってセッション等を受けた場合も含まれることですが

 

 

②それを言われて救いはありましたか? 

 

 

「あなたは事故にあいます。運気も悪いです」と言われたら、当然嬉しくなんかないですよね。

 

何の救いもないことを言われた場合、これも「お断りします」の受け取り拒否で。

 

 

守護霊やご先祖様はあなたが大切な存在だからこそ時には厳しいことも言いますが、必ずそこに救いがあるはずなんです。

 

それを、視える力を振りかざして救いのないことを言ってくるのはもう、ただの悪口というか呪いでしかない。

 

「あなたの運気が悪いのは押入れにゴミばかり入っているからですよ」とか、

 

「今は運気が停滞する時期だから人助けをして運気を上げてください」とか、

 

何か解決策を示してくれた上での言葉なのかどうかで、それが受け取るべきものか判断してください。

 

いくら「当たる」と評判の霊能者やすごい経歴を持つヒーラーでも、その人に会うと落ち込む場合はもう行かない方がいいと思います。

 

仕事としてやっていても一部のジャンルには眷属のおもちゃになっている人もいるので、セッション以外にもブログなどを読む時は、

 

「その人は幸せそうか」

「その人は他者の幸せも考えてあげられてるのか」

「そのブログを読んであなたの心に平和や調和の感覚が訪れるか」

 

を大切にしてくださいネ。

 

 

f:id:twinklesachiko:20180314162225j:plain



ちなみに私が閉じることを決めた決定打は、あまりよく知らない男性にあれこれ透視を頼まれ、さんざん言い当てさせられた挙句、おぞましいものを見るような目で「これってプライバシーの侵害だよね。最低だな」と言われたことでした。

 

何年もつらい記憶として残っていたけど、今思うとあのまま進んでたら何か事件に巻き込まれてたかもしれないので、その男性はきっと天使の役割を果たしてくれたのですね。

 

おかげさまで今の私はセッションの時しか視ない設定にしているので、毎日快適に暮らしています。

 

 

私の人生をシフトさせてくれた人。

 

本当に通りすがり的な人だったから顔も名前も覚えてないし二度と会うこともないけれど、今は心から感謝しています。