読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎はいつもそこに

子供の頃から自然に生活の中にまざっていた不自然なものたちのお話。

映らないはずの景色

 

春の妖精たち。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170410201325j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170410201432j:plain

 

 

ドラマチック。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170410201621j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170410201651j:plain

  

 

桜の写真はまだ撮れていません。

なーんとなく、今年はいいやって思っています。

 

毎年、実家の家族とお花見していたので、今年は父の不在が悲しいのかもしれません。

 

仕方ないですね。

 

あ、でも動画は撮ったんです、思わず。

 

今、車なし生活をしてるんですけど、たまたま母の車を預かる事になったので運転していたら、桜のトンネルになってる場所や、延々と桜が続く道があるんですよね。

 

わああ〜って、思わず動画撮影モードにして、iphone持ったまま運転してみた動画があるんですけど、見返してみると明らかにおかしいんです。

 

 

 

撮れてるかどうかは運に任せてみたんですけど、まあまあちゃんと撮れてるんです。

 

むしろきれいに撮れてるんですけど、何がおかしいって、車の天井がガラス張りに見えるんです。

 

母の車は日産のNOTEなんで、天井は普通に天井なわけです。

 

天井がガラスになってて、空が見えるやつあるじゃないですか。

 

どう見てもそれになってるんですよね。

 

 

上から太陽とか差し込んでるし、アッレー?そういう天井だったっけ?って車を確認しに行っちゃうくらい、天井がガラス張りに映ってるんです。

 

これ書きながらも今、もう一度確認してきましたが、やっぱり母の車はガラス張りではありません。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170410203345j:plain

 

 

というわけで、はてなブログに動画を載せる機能がないのでyoutubeに載せてみました。笑

 

 


sakura road

 

 

おわかりいただけただろうか。

 

最初、空が見えてますよね?

 

太陽も上から差し込んでますよね??

 

なんでこんな風になってるのでしょう???

 

 

 

 

そうそう、動画と言えば!

 

magical shop ファンシーキュットンの商品紹介動画をちょこちょこアップしていこうかな〜と思っていまして、とりあえず第一弾!

アップしてみました💓

 

 

商品は「ファンシー聴診器」です。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170410205236j:plain

 

 

じわじわ売れ筋の「ハートのお手当クッション」とセットで心の応急処置しちゃってくださ〜い。って言ってる私も意味はあんまりわかりませんが、

 

意味なんて後からついてくるもの。

 

意味を生み出すのもあなた。

 

意味を変えてゆけるのもあなた。

 

使い道は無限大。ファンシー聴診器。ふりきって行こうよ!

 

 

f:id:twinklesachiko:20170410212419j:plain

 

 

ちなみに、出演してくれてるYokoちゃんが身につけてるのはこちらです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170410210005j:plain

 

 

聖母マリアのロケットペンダントと、マーメイドブレス💙

 

 

f:id:twinklesachiko:20170410210418j:plain

 

 

おもちゃなの?アクセなの?というラインを、大真面目に作っています。

 

ちなみに私がファンシー聴診器を渡す前日に、Yokoちゃんの元にピンクのナース服がやってきたというシンクロぶり。

 

全部繋がってますね〜。

 

Yokoちゃんの おピンクナース姿でまた別テイク撮りたいな〜。

 

 


ファンシーキュットン 聴診器①

 


ファンシーキュットン 聴診器②

Birthday Tarot

 

3/25 サチコの日に誕生日を迎えました。

 

お祝いのコメントやメッセージ、とっても嬉しかったです✨

ありがとうございました💖

 

 

f:id:twinklesachiko:20170328193900j:plain

 

 

誕生日は毎年、家族や友達とワイワイするのですが、今年は何だか自分と向き合う時間というか、現実的に時間の管理とか、あらゆる仕事の優先順位とか、これからの1年に向けて頭の中を整理し直すような、そんな時間でした。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170326211913j:plain

 

 

お誕生日は運勢の切り替えのタイミング。

 

だからお誕生日前は年末総決算みたいになりやすく、ちょっとしんどい時間を過ごす方も少なくないようです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170326220338j:plain

 

 

私は今回の誕生日に、忘れていた自分の一部を取り戻すことができました。

なんかもう、それが一番のプレゼントだったかなって。

 

その辺りは長くなるので、またの機会に。笑

 

 

さてさて、自分の課題やクリアしたいことが見えたので、やってみました。

 

セルフ・バースデータロット!

 

 

f:id:twinklesachiko:20170326212733j:plain

 

 

ギャラクシータロットでは1枚目からこんなカードが出ました✨

「新しい始まり」

 

 

f:id:twinklesachiko:20170326223338j:plain

 

 

ダヴィンチ・タロットによる、私の「泉」となる豊かさでは、こんなカードが出たり✨

 

 

f:id:twinklesachiko:20170326215829j:plain

 

 

「魔術師」ですが、ダヴィンチ・タロットでは通常のタロットと少し意味合いが違うかも。

 

しっかり背中を押してもらえるような、嬉しいメッセージでした。

 

 

 

泉から流れてゆく、水の行く先は...✨

 

 

f:id:twinklesachiko:20170326221318j:plain

 

 

そういえば、セッション内容をブログに書いたことないので、今日はちらりと書いてみたいと思います。

 

 

 

私はタロット占い師ですが、タロットの知識はそんなにありません。

 

 

 

じゃあ何をしているのかと言うと、

タロットを「よりしろ」にして、チャネリングとリーディングをしています。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170326214940j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170328194413j:plain

 

 

1枚のカードごとに、3つの扉から紐解きます。

 

 

1.裏返しのカードを触って、そこからやって来るヴィジョンや言葉(チャネリング)

2.カードの絵から見えてくる今の状況(リーディング)

3.解説書によるカードの意味

 

 

f:id:twinklesachiko:20170326215031j:plain

 

 

ギャラクシータロットは4枚選んでいただくので、4枚×3つのボリュームとなります。

 

4枚選んでいただくテーマも、その人の周りにいる存在から言われたことを言ってるだけなので、私には何のことなのかわからないケースがほとんどです。

 

例「許したくないこと、のイメージで1枚選んでください」

 「月に一度の楽しみ、というイメージで1枚選んでください」などなど。

 

 

初めから皆さんが私に何もかも話すわけではありません。

別に全てを私に話さなくても、いいと思います。

 

けれど、何もかも話さなくても周りの存在は的確なテーマを投げて来るので、よく驚かれるんですよね。笑

私が考えて言ってるわけじゃないので、そりゃそうなんですけど。

 

 

そしてギャラクシータロットで心をほぐして整えた後、ダヴィンチ・タロットで現実的にどうしていくべきなのか、どんなところを改善すればいいのかを教えてもらいます。

 

天才ダヴィンチの哲学と着眼点。

 

そこで導き出されたものは、ギャラクシータロットでのメッセージと絡み合い、補い合うので、より深い理解へと繋がっていきます。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170328201208j:plain

 

 

徐々に現れていく多次元のアートショー。

 

そこにいつも「立ち会わせていただいてる」気分になります。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170328201516j:plain

 

 

この世界にたくさんの言語があるように、

 

同じくらいまだ未知の言語があって、

 

そういうものを伝えるお手伝いができたなら、

 

私は本当に幸せだなあと思うのです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170328231800j:plain

 

 

birthday-cake-twinkle.strikingly.com

 

 

祥子は微弱陣痛でなかなか生まれなかったんだよ。

退院の時は桜が満開だったよ。

お誕生日おめでとう。

 

父が亡き今、母からのメールがとても心に沁みました。

 

産んでくれてありがとう。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170328234008j:plain

夢と春と妖精たち

 

朝起きて一階に降りて行くと、アルクトゥルスの瞑想の音楽がパソコンから勝手に流れていました。

 

本に付いてたCDをパソコンに取り込んでおいたやつです。

 

全てはautomatic

 

 

f:id:twinklesachiko:20170323090325j:plain

 

 

すっかり春ですね。カメラが楽しい季節です♬

 

 

f:id:twinklesachiko:20170323172223j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170323172248j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170323172314j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170324005808j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170323172335j:plain

 

 

共感覚があるからなのか、黄色い花の香りって黄色いんです。

 

 

 

亡き父は花を撮るのが大好きで、いつもロマンチックで繊細な写真を撮っていました。

 

この前、久しぶりに父の夢を見たのですが、父はどこかへ出発するところでした。

 

 

二艘のボートがあって、前のボートには父と3人くらい見知らぬ誰かが乗り、すぐ後ろに続くボートに、私は母と姉と乗っていました。

 

ボートは薄霧の中、音もなく進んでいます。

 

すぐ目の前で父は振り返り、

 

「(母)もこっちに来ちゃえよ。」

 

と笑って言いました。

 

母は少し取り乱しながら、

 

「私も行きたいよ!そっちのボートに乗りたいんだけど、どうやったらそっちに乗れるのかわからないの!」

 

と言いました。

 

父のボートはすぐ目の前の飛び移れる距離にいるのですが、なぜか私にも、どうすればそっちのボートへ移れるのか見当もつかないのです。

 

母はもどかしくて泣きそうになっていました。

 

けれども、父は相変わらず笑っていて、

 

「まあ、今回は仕方ねーな。俺だけ行ってくるよ。じゃあ4年後な。」

 

と言ったところで目が覚めました。

 

 

 

 

ちょっ、、え?

 

 待ってよ。4年後??まじで??

 

なにその予告。。

 

 

父と母はお互いにもっともっと一緒にいたかったので、娘としては4年後に父が迎えに来たら行かせてあげたい気持ちもあるんですが、

 

 

「あ、お父さん悪いんだけどね、私もひとりの生活色々楽しくなってきちゃってるし、コーラスの発表会もあるから今まだ無理だわ。ごめんねー!また来てね!」

 

 

と、あっさり断る母の姿も浮かぶので、まあどっちでもいいのかなと今は思っています。

 

魂の世界を知ってしまうと、かなりイカレた死生観になります。

 

 

funcyqutton.hatenablog.com

 

 

さてさて、最近の不思議写真を載せていこうと思います。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170126085950j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170126090139j:plain

 

 

窓に映ったお花のような妖精の光、わかりますか?

 

 

f:id:twinklesachiko:20170316181754j:plain

 

 

この間も載せたけど、メルヘンでお気に入り♡

 

 

f:id:twinklesachiko:20170323180442j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170323180511j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170323181028j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170323180604j:plain

 

 

ヨガマスター!

 

 

あと、今日公園に行った時に息子がいきなり「うおおコアラ。。」と言って立ち止まったんです。

 

それがこちら。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170323180825j:plain

 

 

「母ちゃんコアラがピースしてる!」

 

 

f:id:twinklesachiko:20170323180919j:plain

 

 

世界は本当に面白い。

 

これはユニコーンの雲!

 

 

f:id:twinklesachiko:20170324002113j:plain

 

f:id:twinklesachiko:20170324003753j:plain

 

 

この後いいことあったので吉兆の雲だと思います♬

 

 

そういえば私、髪の毛の先が黄緑色になってるんですけど、なんかアレですかね、メタモルフォーゼ的な。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170316091941j:plain

 

(こげ茶のファーのマフラーをしています。)

 

何年もパーマやカラーはしてないんだけどなあ。老化現象??

 

 

謎と言えば、おなじみミラクルYokoちゃんとチャットしてた時に、

 

「わああ怪奇現象!今ペットボトルが勝手にこんなんなったよお!」

 

って送られてきた画像が、これ。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170316091727j:plain

 

 

どうしてなのww

 

 

そんな、謎だらけの日常です。

 

今日も見てくださり、ありがとうございました♡

 

 

f:id:twinklesachiko:20170323171836j:plain

 

 

 

みんなの学校

 

この前やらせていただいたマタニティーアート「安産祈願 花曼荼羅

 

 

f:id:twinklesachiko:20170322174407j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170322174413j:plain

 

 

無事に安産で元気な男の子が生まれたそうです✨

おめでとうございます✨

 

 

f:id:twinklesachiko:20170322201355j:plain

 

 

今日は子供の学校関係について書いてみたいと思います。

 

ちょっと前になりますが、「みんなの学校」観てきました。

 


『みんなの学校』劇場予告篇

 

これは問題児も障碍児も健常児もみんな同じ教室で学ぶ小学校のドキュメンタリーです。

 

これを観て、私は自分が「自分の子供さえ快適ならそれでいい」と思っていた!と衝撃を受けました。

 

問題児のいない学校でよかった。つい、そう思ってしまうものだけど。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170322175822j:plain

 

 

確かに今はいいかもしれない。

でも、問題児や障碍児は年々増えているから、これからの子供達はもう

「どう共存していくのか」を学ぶべき時期に来ている。

 

そこを問題提起しているのが、この映画の本質じゃないでしょうか。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170322200035j:plain

 

 

排除とか隔離では抜本的な解決策にならない。

 

問題のない子は、問題のある子から何かを学べる可能性だって眠ってる。

 

そもそも理解の足りなさが、問題じゃないものを「問題」にしていることもある。

 

 

でもそこまで指導できる器がどの学校にもあるわけではなく、とても難しい問題だからこそ、この「大空小学校」のドキュメンタリーが注目されているわけで。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170322203058j:plain

 

 

学校にも学校の事情があり、例えば2020年度から始まる新学習指導要領により、授業日数を35時間も増やさないといけない。

 

これ、どういうことかと言うと単純に夏休みが減るとかじゃないんです。

 

ただでさえギチギチなところにそれだけ増やさなきゃいけないんだから、学校によっては音楽会や学芸会がなくなる可能性もゼロじゃないんですよ。

 

行事の準備や指導にも「授業扱いになるかどうか」の規定があるので、日本の古典芸能である能や落語なら授業扱いになるけど、ただ歌ったり劇をするだけじゃ規定をクリアできないから、教師にとって「コマ食い虫」になるらしく。

 

運動会のリレーや100m走の指導も規定をクリアしていないから、教師にとってはお荷物になるそうで、

リレーと100m走が、運動会から消えてなくなる可能性があるわけです。

 

 

個人的にはもう土曜日の午前授業を復活させた方がいいんじゃないかと思うけど、それはそれで「土曜日の子供の習い事」で、かなりの日本経済が回ってるから今更返上できないのが実情。

 

そうなってくると、学校側はもうひとコマでも多く確保したい。

 

そこに、近年のモンスターペアレント問題やら、PTAやりたくない保護者の勢力やらが絡み合い、ひとつの「案」が登場するわけです。

 

 

「PTA制度、もう廃止してよくね?」

 

 

PTAの行事枠すら、授業日数として確保したい学校も出てくるかもしれません。

 

イムリーにも、ネットのコラムやニュースで、PTAは任意だからやらなくていいみたいな記事もよく見かけます。

 

 

でも、PTAがなくなった場合のこと、反対してる人はどこまで考えてるのかな?

 

 

PTAがなくなった場合、例えば卒業式の後の謝恩会ですら、誰もやろうとしなければ開催されないわけです。やりたいなら自分たちで全部設定しなきゃいけなくなり、その都度、全員で集まって予算を決めたり、意見をまとめたり、お金を集めたりするわけですよね。

 

今までは「面倒だからPTAに押し付けていた仕事」を、逆にやるハメになるって気づいてるのかな。笑

 

運動会の後片付けなんかも、手伝うPTAがいないなら「保護者全員参加」が義務づけられたりするかもしれないわけです。

 

そもそも学校行事以外の親子で参加できるようなイベントは基本的にPTAが主催なので、そういう楽しめる行事も消えます。

 

授業日数の都合で学芸会や音楽会もなくなり、運動会に行ってもリレーはなく、必ず片付けをしなければ帰れない立場になる。

 

親同士の横の繋がりもなく、誰がどの子の親かもわからない。

 

親同士の面識がないと、子供同士のトラブルも複雑になる。

 

先生との連携もなくなるから、学校との一体感もなくて全てが不透明。

 

防犯や安全に関しての安心感は、完全に消える。

 

それが保護者にとってPTAがなくなるということです。

 

 

 

 

では学校にとってPTAがなくなるとどうなるかというと、

 

ほぼ100%「父母の会」が立ち上がるでしょうね。

 

PTA (parent‐teacher association)から「T」が抜けたparent associationになるわけです。

 

これはもはや、ただの対立組織ではないでしょうか。笑

 

今までは学校との連携を軸に動いてたのが、もうひたすら保護者による要望の押し付けでしかなくなる。

 

今だって地域密着の学校はいろんなところから意見が飛んで来て大変なんでしょうけど、モンペや、「PTAなんてダッリー」とか言ってる人達って、要望だけはすごそうですけどね。学級崩壊以前に、学校崩壊しちゃいそう。

 

保護者の勢力が強くなりすぎてダメになった幼稚園とか実際ありますからね。

 

あと予算。これまでPTA会費から賄っていたものが全部学校にのしかかるわけだから、結構、地味に大変じゃないかな。

 

 

だから、落とし所として、PTAってちょうどいい組織だと思うんですけど、いかがでしょうかねえ。

 

子供だけのためじゃない、みんなの学校なんだから。

 

 

 

それが1年間本部役員をやってみた、私の感想です。

 

宇宙人だってPTAをやる時代なのさbaby

 

 

f:id:twinklesachiko:20170322212610j:plain

 

 

学校も宇宙だ!

 

 

f:id:twinklesachiko:20170322212647j:plain

 

 

花の種類は、多い方が美しい。

 

みんな自由に咲けたらいいね。

 

 

 

 

 

 

きもの心

 

半分仕事、半分遊びで上野・浅草へ。

 

お友達が韻松亭のランチを予約しておいてくれたので、彼女にも着物を着せて、着物でお出かけしました。

 

 

上野公園に入ってすぐ、遠目から見ても普通じゃないパワーを感じる木を見つけました。

 

無性に「この木、撮らなきゃ!」と急き立てられ、カメラを取り出しました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170319110459j:plain

 

 

人も多かったので、あと一枚だけ全体を撮って韻松亭へ向かったのですが、家に帰ってから写真をPCでよく見てみたら、すごい光が写ってました✨

 

 

f:id:twinklesachiko:20170319110709j:plain

 

 

ふたつの木がひとつになったような、不思議なツインの木。

こちらに向かって心を開いてくれています。

 

光を見せてくれてありがとう!

元気をもらいました。

 

 

韻松亭は見晴らしのいいカウンター席で、上野の景色と、目の前の木に遊びに来る鳥がよく見えました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170319112622j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170319112650j:plain

 

 

お料理はひとつひとつ丁寧に作られていて、和食文化の素晴らしさに改めて感動。

 

これ、外国の方も楽しいでしょうね。ひとつひとつ味が違う小さな世界。

 

煮びたしのナスの上に乗ってる小さなパプリカですら、めちゃくちゃ美味しかったです。また行きたい💓

 

 

 

韻松亭を出た後、すぐ隣にある花園神社へ立ち寄りました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170319115711j:plain

 

 

レンタル着物を着た台湾人のカップルが嬉しそう。

 

ん?やたらカップル多いけどなんで??と思ったら、縁結びの神社なんですね〜。

 

この鳥居の道を進み、本堂へ抜けると、やたらハッピーな波動を感じました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170319174315j:plain

 

 

本堂には対になったお狐様が祀られていたのですが、普通は神社で感じることのない「ラブリーさ」が溢れていて驚きました。

 

神社なのに、波動がめちゃくちゃラブリーなんです。

ラブリーって言葉が一番しっくりくるんです。

 

そしてそのラブリーさは、ハートにダイレクトに響いていました。

 

こんな神社もあるんですねえ。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170319175056j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170320124651j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170319182932j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170320124722j:plain

 

 

その後は浅草へ行き、仲見世通りを物色してから浅草演芸ホールで落語鑑賞。

 

落語なんて初めて観たけど、ものすごく面白かった!

 

入場料を払ったら好きなだけ居ていいんです。

噺家さんは次々いろんな方が出て来て、全員違う芸風だから、いくらでも観ていられちゃう。

 

これ近所にあったらやばいな。仕事ない日は一日中居ちゃいそうw

 

 

そんな、着物でお出かけdayでした。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170319183110j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170319183149j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170319182730j:plain

 

 

着物ワークショップをやっていると、「着られるようになっても、一人で出歩くのはハードルが高い」という声をよく聞きます。

 

 

見ず知らずの着物に詳しいおばさまに、いきなり叱られるんじゃないか。

変な着方をしてると思われるんじゃないか。

そもそも、着物姿ってちょっと恥ずかしい。

 

 

それならば、みんなで着れば怖くない。

というわけで、まずは着物でお出かけを体験してもらいたいなと思い、5月にお寺への遠足を企画しているのですが、私が普段、着物を着ていてどんな感じなのか、少し書いてみたいと思います。

 

着物で出歩いてると、年配の女性から特に好意的な視線を感じます。

あら素敵ねえ、なんて声をかけていただけることもあります。

 

ダメ出しされたことなんてないし、むしろ、人が無意識に放つマウンティング・アタックみたいなものは、着物だとほとんど飛んで来ません。笑

 

 

普段着感覚で着ていても、やっぱり華やかなんですよね、着物って。

洋服に換算すると、ドレスに近いんだと思います。

だから人によっては「ちょっと恥ずかしい」という気持ちが湧くのかな。

 

だけど着物は日本の民族衣装であり、野良仕事から冠婚葬祭までOKのパーフェクトウェアです。

 

そんな民族衣装を着てるだけなんだけど、ドレスを着てる気分も味わえる。

 

 

だから「ふだん着物」を楽しむってことは、普段からドレスを着ることにもなり、

普段からドレスを着ることを「自分に許す」ことにもなる。

 

それってものすごい自己肯定なんじゃないかと思うんです。

 

普段から「自分は美しく着飾るに値する」と認めることなんだから。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170320121531j:plain

 

 

それと、着物を着せてもらうことって、ほとんどの人がお母さんやおばあちゃんにしてもらった経験があるんですよね。

 

かわいいねえ、こんなに成長したんだねえ、って七五三の時に着せてもらったり。

 

 

私のワークショップに全力で協力してくださってる、ラブズキモノの美行さん。

美行さんに試着で着せてもらうと、その辺りの記憶の琴線に触れて泣いてしまう方もいるのですが、 それは「大切に愛された記憶」なんですよね。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170320115510j:plain

 

 

かわいいねえ、かわいいねえって家族に愛された記憶。

 

いつも自分のことは後回しで頑張っている心が、癒されて涙がこぼれる。

 

そんな人を見ると嬉しくなります。

 

日常で着物を着なくても、その一瞬、愛されてた自分を思い出して、また毎日の生活に向かっていく。

 

着物って、そんな素敵なものなんです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170320123020j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

...というワークショップのステマ!!!!!

 

油断してるとうっかり洗脳されるので気をつけてくださいね♡

本を読みながら

 

この前アルクトゥルスの記事を書いたら、お友達が「その本持ってるからあげるよ〜」と言って送ってくれました。

Rちゃん、ありがとう♡

 

 

f:id:twinklesachiko:20170308193724j:plain

 

 

私は自分が体験したことを体験したまま書いているので(極個人的な話すぎて書けないことは除く)、何かの知識に基づいたものではありません。

 

本で読んだものは「○○らしいです」「○○と書いてありました」と書いているつもりです。

 

純粋に体験を楽しんでいるので、先入観から事実を歪めて判断したくないし、下手に知識を増やして頭でっかちになりたくないので、積極的にスピ本などは読みません。

 

体験の後に調べてみてわかったり、答え合わせみたいに後から情報を知ったりするのがいつものパターンなのですが、こういうタイミングで手元に来てくれる本などは、必要な情報だと感じるのでワクワクしながら読んでいます。

今、ちょうど半分くらいまで読みました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170204141654j:plain

 

 

まず、先に断っておきたいのは、私は特定の宗教や人物を崇拝しているわけではないということ。

 

キリストやマリアがブログには度々登場していますが、クリスチャンではありません。

 

それどころか、ブログ内では「様」をつけての表記もしていないはず。

 

私にとって彼らは「エネルギー」なのです。 

 

その次元には、宗教の垣根もありません。

 

そして個人的な見解ですが、高次元の存在であればある程、その存在は「対等」であるはずだと思うのです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170122234806j:plain

 

 

光が強ければ強い程、圧倒的なエネルギーであればある程、

「神」のように感じるもの。

 

けれど、私の解釈が正しいかどうかはさておき、真の高次元の存在は崇められるために姿を現してるわけではないと思うのです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170316215505j:plain

 

 

「神は存在するから、信じれば救われる」と人間に思わせたいのではなく、

 

「私が神に見えるなら、それはあなたの中に神がいるということですよ」と知らせてくれているのだと思うのです。

 

人間の中にある思い込みや枠を壊し、本来誰しもが光を放つ存在だということを思い出させるために。 

 

 

f:id:twinklesachiko:20170316221721j:plain

 

 

だから、自分を大切に扱うこと、

自分の痛みに向き合って解き放っていくこと、

自分の住んでいる家を掃除すること、

まずは身近な人を大切にすること、

心を込めて食材を調理し、感謝していただくこと、

適度に体を動かし、時には旅行に行くこと、

 

 

そんな人間活動を大切にして行くだけで、十分なんじゃないのかと思うのです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170316230856j:plain

 

 

目の前にあるものや、ことや、人と向き合って行けば、自動的にそれは修行になるのではないでしょうか。

 

ちょっと話は逸れますが、例えばそれらをやらずに何かのセッションを受けても、果たして意味はあるのでしょうか。

 

 

この人のセッションを受けないと自分は100%になれないと思わされる情報

この人のワークショップに参加しないと、自分の本来の姿に出会えないと思い込まされる表現

 

 

 

確かにその人は本物かもしれないけど、

 

あなたもそのままで本物です。

 

 

 

世の中にはカリスマ性がある人物は確かに居て、そういう人が書いている本は売れるだろうし、セミナーなども人気なんだろうと思うのですが、 発信していることが真理に近ければ近い程、その人への信仰や崇拝が生まれて、宇宙の意図していることからズレていくこともあるかもしれません。

 

そういう人間の活動ですら、真意が伝わりきらなかったり湾曲されてしまうのだから、宗教の解釈ってものすごく難しいはずですよね。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170316214253j:plain

 

 

そんなことを日々感じながら生きていたので、このアルクトゥルスの本を読んでいたら同じようなことが書かれていて、ちょっと嬉しかったです。

 

伝えたかったことが湾曲されてて困るって、キリストが書いてました。笑

 

「人間がすぐに誰かを崇拝してしまうのは、人間のDNAに組み込まれた設定」とも書いてあり、その辺の解説が面白かったので、気になる方は読んでみてくださいね〜。

 

 

 

 

さて、この本を読みながら丹田松果体をずっと意識していたのですが、目が疲れたので目を瞑ったら、夢を見ているみたいにはっきりと銀河の景色が見えました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170316163101j:plain

 

 

ピンクと水色のグラデーションが美しい、壮大な銀河です。

 

この景色を、私は楕円形のドーム状の空間から見ているのです。

 

ちょうどスカイツリーの展望台みたいな場所。

 

他にも何人か人がいました。

 

アルクトゥルスの宇宙船に乗ってしまったのかもしれません。 

 

 

f:id:twinklesachiko:20170316173752j:plain

 

 

 私たちが見ている世界は、ほんの一部にしか過ぎない可能性。

 

世界を小さな枠で覆ってるのは、自分自身の思い込み。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170204141818j:plain

 

 

その枠を壊すには、

 

 

「自分が感じたものを、信じてみること。」

 

 

それだけなんです、本当に。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170316181754j:plain

 

 

夜、ずっと続きを読みたかった漫画を心友から借りました。

 

「どうしてもこれ、さっちゃんの物語なんだよねえ。」

 

と言われていた漫画で、別の惑星にいた人たちが揃って地球に転生して、当時の記憶を取り戻していくお話なんです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170317031454j:plain

 

 

単純に現世のヒロインとちょっと似てるとも言われました。笑

 

 

f:id:twinklesachiko:20170317031546j:plain

 

 

超能力や不思議な力が出てきたりとかね。

 

内容もなかなか謎が解けない感じでおもしろかったです。

多分昔にも読んでるんですけど、全然覚えてませんでしたw

 

こういうシンクロしてるものって、やっぱり「やって来る」タイミングが全てなんですね。

 

前半の10冊を借りてから、無理して続きを借りに行けば行けないこともなかったんですけど、意味のあるものは宇宙のタイミングを信じたいんです。

 

自然な流れで続きが借りられるタイミングが、それを読むべき時なのです。 

 

そしてアルクトゥルスの本を読んで、目を閉じたら宇宙基地の景色が見えた今日、すんなり漫画の続きを借りる流れになり、最終巻まで読み終わることができたのですが、そこにはとても似たような世界が描かれていました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170317115808j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170317120147j:plain

 

 

最後の方、夢の中で前世の月基地へ全員で行くんですけど、そのシーンがなんかもう懐かしすぎて泣きました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170317030428j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170317030449j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170317030508j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170317034603j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170317112839j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170317113329j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170317112540j:plain

 

 

 

謎のPV現る!

 

去年から完成していたのになかなか公開できなかったある動画が、ようやく公開の運びとなりました⭐️

 

夫の「あっぱれ治療院 高円寺店」のCM...というかPVです。

 

なぜ、こういうものを作ることになったかと言うと、高円寺店はキタコレビルという一風変わった場所だからです。

 

f:id:twinklesachiko:20170314190636j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170314190659j:plain

 

戦後バラック風の木造ビルは何度も増改築され、異次元のような不思議な構造になっています。

 

そしてここは現代アーティスト集団Chim↑Pomのアトリエ兼オフィスであり、

 

 

funcyqutton.hatenablog.com

 

 

来日したレディガガが買って話題になった洋服のデザイナーKoshiro Ebata氏がオーナーだったりするので、アートな空間なんですね。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170314192443j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170314192512j:plain

 

 

PV制作にあたり、夫は全てをシンクロに委ねました。

 

撮影に協力してくれたT家族とO夫妻はシンクロや「流れ」でしか動かない人たちなので、そのメンツで予定が合った日というのは「良き日」に違いないし、ミラクルも起こると確信したんです。

 

「流れ」に沿った行動は、必ずスムーズに展開していきます。

うまく進まない時は、何かを見落としてるか、タイミングではないのです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170314202422j:plain

 

 

もう一人、和楽器バンドの尺八奏者・神永さんも出演してくださることになり、通称バトルウェアと呼ばれるクソダサいスウェット上下まで、快く着てくださりました。(本当にありがとうございました!)

 

シナリオはなく、夫の「ものすごくざっくりした指示」に全員が即興で応えてみた、一発撮りの映像ですw

 

私はとにかく自分を無にして、流れと神永さんの音に身を委ねました。

 

 

 

そう、一発撮りなのですぐに撮影は終わったのですが、神永さんの尺八が思いのほか響き、向かいのアパートから怪訝な顔をしたスキンヘッドのお兄さんが出て来ました。

 

眉間にシワを寄せて、こちらの様子をうかがっています。

 

あれ?「流れ」には逆らっていないはずなのに...トラブルか!?

 

今にも苦情を言って来そうだったので、謝罪のためにスキンヘッドのお兄さんの近くまで行くと、

 

「わー!!やっぱり〜!!」

 

まさかの神永さんのお友達!!

 

「僕も尺八の音が大好きなんで〜、この音色は只者じゃないなと思って出て来たんですよお〜♡」

 

ものすごく優しいお兄さんでした。笑

 

やっぱり流れに沿っているとうまく行く。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170314195758j:plain

 

 

ツアーへ向かう神永さんをお見送りし、一同は再びキタコレビルへ。

 

残るは祭華unitedの音声録音だけになりました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170314195825j:plain

 

 

貸しギャラリー内で展示中の方に断りを入れ、少し端っこで録音させていただいてたのですが、ここで。まさかの。

 

 

 

その方にメタメタに怒られるという最大級のトラブルが発生したのです。

 

 

 

その方は撮影クルーが気に障っていたようで、こちら側も配慮はしていたのですが、突然の爆発。雷が落ちるとはまさにこのことでは、という勢いに、平謝りの録音メンバー。(私は離れたところにいました)

 

 

どこかで何かを間違えたのか?

配慮が足りてなかったのか?

これはどういうメッセージなんだ?

 

 

企画の失敗をちらりと感じてしまう中、飛び込んで来たのは英語の張り紙。

激怒した方が展示中のブランド名だったのですが、日本語に訳してみたら...

 

 

「よーいどん」

 

 

始まりの合図!!

 

そもそも当時「嫉妬」がテーマだった夫がキタコレビルで出会ったのが「SHIT展」

 

そこで一枚の大きな絵をランダムに切り分けた作品が売っていて、夫が気に入って買った部分は「SHIT」の「S」が切れていて「HIT」になっていました。

 

 

そう、世の中への嫉妬やSHITをHITに変えて行こう、というのがテーマのひとつなのです。

 

 

だから「SHIT!」と思う出来事は、起こって良かったのです。

いや、むしろ起きないと!

 

 

みんな仲良く、それは大事。

だけどそれだけじゃないじゃん世の中。

 

 

洗脳もステマも依存も蔓延る世界を切り分ける。

 

体ひとつの「本来」に戻す。

 

そんな治療すらもアートになる。

 

そんな動画かもしれません。

 

良かったら観てください。

 

最後「S(achiko)」が消えてHITになります◎

 

 


ビフォーアフター

 

thanks!

音源サンプリングリスト
◉起の序曲-psychic war cosmic soldier 2
◉Roll In Tokyo-Boku Wa

映像サンプリングリスト
◉Medlar-TerrelI
◉O.D.A.-Takuro

thanks!
音声楽曲提供
神永大輔 祭華united O.D.A
楽曲音源制作 音響 マスタリング
おにぎりくん
シールアート frt
撮影地 キタコレビル ガーター 守屋家

出演 神永大輔 祭華united frt O.D.A おにぎりくん P NIMA twinkle sachiko kikuemon

撮影編集 音源制作 総制作 TETSUHARU MORIYA

総合演出 あらゆる次元にまたがるつながり