謎はいつもそこに

子供の頃から自然に生活の中にまざっていた不自然なものたちのお話。

太陽と月のダンス

 

新月、そして皆既日食

 

 

f:id:twinklesachiko:20170821142530j:plain

 

 

地球に降り注ぐ膨大なエネルギー。

 

反転するもの、広がっていくもの、湧き上がってくるもの。

 

取り残されたようで、でも今ここにいることは完璧に仕組まれたことだとわかる。

 

その時しかなくて、その場所しかなかった。

 

そんな完璧な宇宙の采配で、私たちは目撃する。

 

 

 約束された時に、約束された場所で。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170808113847j:plain

 

 

2009年の奄美大島で、私は皆既日食を体験しました。

 

数日前からそわそわして、何かが起こることを本能は知ってるようでした。

 

 

 

当日の天気は曇り。時々晴れ間が覗く程度。

 

みんなで見上げた空には、馬や使者や、宝船の形の雲が、次から次へと流れて行きました。

 

 

 

だんだんと薄暗くなる中、徐々に虫や鳥が、鳴くのをやめました。

 

何かを悟って、息を潜めてる。

 

大自然の中なのに、何の声も聴こえない。

  

 

f:id:twinklesachiko:20170821163648j:plain

 

 

風が吹き始め、気温が下がり、

 

太陽が三日月の形になって、ついには見えなくなりました。

 

夕方みたいな暗さに、遠くの空が朝焼けのよう。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170821163629j:plain

 

 

虫や鳥以外にも何の音も聴こえないと気づいたとき、いつもは太陽の音が聴こえているのだと知りました。

 

意識していないけど、あるはずの音。

 

 

 

曇りでも夜でもない、「太陽が消える」ということ。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170821144409j:plain

 

 

その後は曇ってしまいましたが、また徐々に明るくなり始め、涼しかった気温は南国にふさわしく ぐんぐん上昇。

 

虫や鳥の声も聴こえ始めました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170821150028j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170821145708j:plain

 

 

太陽が消えて色を失った世界が、また鮮やかに動き出す。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170821151715j:plain

 

 

私は無性に海に入りたくなって、水着に着替えて走りました。

 

身体中にエネルギーが満ち溢れて、海まで全力で走った記憶です。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170821151341j:plain

 

 

皆既日食のエネルギーを浴びた人は、眠くなって寝てしまうか、ものすごくパワフルになるか分かれるそうですね。

 

さらに妊娠出産で女性性が大半を占めていた私の中で、きっちり半分の男性性を取り戻したのも体感しました。

 

 

 

 

さて、2017年 今回の皆既日食新月とも重なってよりパワフルなのでしょう。

 

わたくし、熱を出しておりますww(得意技

 

 

f:id:twinklesachiko:20170821163006j:plain

私の中ではレアなゲームキャラのイラスト。 

 

 

Have a nice solar eclipse energy!

 

 

Hug

 

f:id:twinklesachiko:20170813100509j:plain

 

新たなる懐かしき者よ この喜びがわかりますか

 

 

 

 

息子を妊娠した頃「孫」のイメージで描いた絵。

 

母子ではなく、祖母と孫なのです。

 

 

夏休みということで、実家で母に猛烈に怒られる子供達を見ていたら懐かしい気持ちになりました。

そうだ、怖い母ちゃんだったな〜とw

 

 

久しぶりに実家に泊まった夜。

 

母の体をケアしてあげたいな、と思いながら眠ると、夢の中で母にヒーリングしていました。

 

小さな子を寝かしつけるように母をハグしながら背中を撫でて、母の口からつらつら出てくる苦悩を聞きながら、うんうんそうだね、辛かったよね、とたまに相槌を打っていました。

 

泣いたりしたあと、体がゆるんだと言い、母はそのまま眠ってしまいました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170813102651j:plain

 

 

次の場面で、私は何かのワークショップに参加していて、同じテーブルになった見知らぬ女性3人と楽しくおしゃべりしていました。

 

話しているうちにチャネリング状態になってしまい、いろいろなメッセージを伝えていたら、3人のうちのひとりが特に癒されていて、すごく喜んでくれて帰り際にハグをしました。

 

ハグをして、もうこの人はきっと大丈夫、と感じると、彼女は泣き出して「本当に安心しました」と言いました。

 

詳しい話の内容は覚えていないのですが、お役に立ててよかった、と思いながら帰宅。

 

 

家に入り、締め切っていた窓をあちこち開け放しながら、母やワークショップで会った女性との余韻を感じていると、ピンポーンとインターホンが鳴りました。

 

誰だろう?

 

玄関へ行こうとすると、ガラッとドアが開く音が聞こえ、

 

「こんにちは〜」

 

と母の声がしました。

 

あれ?母だ。母は家に上がりながら「さっきはありがとね〜」とよく寝た後のスッキリした顔で言いました。

 

「どうしたの?」

 

わざわざうちに来た母の意図がわからず尋ねると、

 

 

「私ばっかり話聞いてもらっちゃってたから。

本当は聞いてもらいたい話、たくさんあったよね。

ずっと聞いてあげられなくてごめんね」

 

 

とハグをされました。

 

私は小さな子供になっていて、母の腕にすっぽり包まれました。

 

よしよし、ごめんね。頭を撫でてくれて、背中をトントンされる。

 

懐かしい、体を揺らすリズム。

 

 

 

母も、ワークショップの女性も、そうか、こういう気持ちだったんだな、と強くわかった瞬間、全身がゆるんで

 

「うわあああ〜ん」

 

と泣いた瞬間、自分の声で目が覚めました。

 

暗闇にうっすら見える実家の新しい天井。カーテンの隙間から見える街灯の灯り。

 

家族の寝息。

 

私は今、どこにいたんだろう?

 

今の夢はなんだったんだろう?

 

母と、見知らぬ女性へのヒーリング・セッションと、自身のインナーチャイルドの癒し。

 

あ、これもライオンズゲートのエネルギーのせいだ。おそらく、閉まる最後の。

 

ちゃちゃっと夢で解決しちゃいましょう!みたいな宇宙の意図。

 

そんな体験でした。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170813105514j:plain

 

 

 

カモメカモメ

 

早起きして、海へ。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170809220433j:plain

 

  

行き先は決めず、南伊豆方面を目指す。

 

行こうと思っていた場所への船が昨日の時点で欠航と発表されていたので、とにかくきれいな海を目指して進みました。

 

 

早朝の道路はガラ空きで、あっという間に熱海近辺まで到着。

 

 

そこで夫が「そういえば熱海から船で行ける島があったよ」と言うので調べたら、ありました「初島」という島が。

 

熱海から出てるフェリーは1時間に1本。

 

 

7:30の便がある。現在時刻は7:20。

 

フェリー乗り場までの距離は車で3分。

 

よし、行こう。絶対に間に合う。

 

というわけで駐車場に車を止めて荷物抱えて、乗り場に着いたのが27分。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170809222247j:plain

 

 

私たちは初島へ行くと決めた10分後にフェリーに乗っていました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170810115654j:plain

 

 

さっきまで行き先もなく車に乗っていたのに。人生っておもしろい。

 

フェリーにはカモメがいて、海も空も本当にきれい。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170809225424j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170809202737j:plain

 

 

フェリーに乗ること30分、初上陸の初島は、人も少なくてものすごい穴場でした✨

 

 

f:id:twinklesachiko:20170809224412j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170809224434j:plain

 

 

何の情報もなく来たけれど、透明度が高くてシュノーケリングに最高でした。

青い綺麗な魚や、おびただしい数の魚群と泳いできました✨

 

そして一息ついた時、近くに一羽のカモメが飛んで来たのです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170809224619j:plain

 

 

あなた素敵だね。写真撮らせてね。とテレパシーを飛ばす。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170809224719j:plain

 

 

まんざらでもない感じ。しばらく近くで撮らせてくれました。

 

「飛ぶところも、見せてくれる?」心の中で話しかけると、

 

 

f:id:twinklesachiko:20170809224855j:plain

 

 

一度、私の方を見てから、

 

 

f:id:twinklesachiko:20170809225001j:plain

 

 

「いいよ。行くよ」と教えてくれました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170809225043j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170809225103j:plain

 

 

なんて美しい生き物なんだろう!

 

ありがとう!

 

 

ここで完全にカモメに心を奪われてしまったので、帰りのフェリーではたくさんのカモメに話しかけてみました。

 

フェリーの周りをたくさん飛び回っていたので、私の真上を飛んで〜!とお願い。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170810120501j:plain

 

 

すると、何羽も何羽も私の上を飛んでは戻り飛んでは戻り、たくさん撮らせてくれました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170810121533j:plain

 

 

撮影に協力してくれた、素晴らしいカモメたち✨

 

 

f:id:twinklesachiko:20170809230020j:plain 

 

 

f:id:twinklesachiko:20170810122718j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170809230219j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170809230332j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170809230356j:plain

 

 

ありがとう。また来るね。

 

そんな夏の一日でした。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170810123825j:plain

 

キーワードは。

 

以前書いた「あの人達」について。

 

funcyqutton.hatenablog.com

 

 

今も定期的にいろんな人が登場しますが、この頃は電車でうとうとした時や、ちょっと横になった時にも出てきます。

 

人間みたいな人もいれば、一応ヒト型だけど人間とは似ても似つかない姿の人、緑色の人、様々です。

 

 

最近会えたのはこんな感じの人で、もう少しひょっとこみたいな顔で緑色でした。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170613221337j:plain

 

 

この人に会えた時、なぜかものすごく懐かしくて嬉しくなりました。

 

久々にこの種族を見た、というか。

 

20年ぶりにサンリオショップに行ってハンギョドンに会った、みたいな感覚。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170808232751j:plain

 

「やばい!ちょー懐かしい!ちょー懐かしい!」

 

と、その人を見てテンション上がっている私に、少しブルース・ウィリスに似た人が話しかけてきました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170808233414j:plain

 

 

彼は付き合いの長い友人で、私のこともよくわかっている感じでした。

 

「(その種族に)会えて嬉しいのはわかるけど、ここで会ったこと覚えていられるの?」

 

ウィリスは言います。

 

「大丈夫!忘れる気がしないよ!」

 

私は答えます。

懐かしい人々を見渡して興奮気味の私を、ウィリスはしばらくじっと見てから、

 

 

「でも名前はいつも忘れちゃうくせにね」

 

 

と言いました。

そんなことないよ!と言いかけて、私はその緑色の種族の名前が言えないことに気がつきました。

 

 

あれ?待って待って、、思い出せない。

 

思い出せないと言うより、私は「知らない」。

 

 

やだ!忘れたくない!と思い、友人であるはずのウィリスの顔を見る。

 

大丈夫、言える。この人の名前は、、

 

ウィリスは少し悲しそうな、それでいて慣れているような顔で私を見ました。

 

「ほらね」と言いたげな顔が、だんだん消えていきます。

 

ああ、私はこの人の名前を「知らない」。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170808234743j:plain

 

 

そして目が覚めてしまう。

 

キーワードは「名前」。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170808235027j:plain

 

 

相手の名前を言おうとしたり、覚えていようとしたり、「名前」にフォーカスすると必ず一瞬でその場のことを何もかも忘れてしまうのです。

 

覚えているのは、よく知っている場所へ行ったこと、よく知ってる存在達に会ったこと、その事実だけ。

 

毎回、つい覚えていたくて「名前」にフォーカスしてしまうと、弾かれて現実世界に戻される。

 

毎回なんです。もう30回くらいは、と書こうとしたのですが、もしかしたら毎晩なのかもしれない。。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170625150333j:plain

 

 

とてもよく似た内容の映画が空前の大ヒットでしたが、私からするとあのタイトルはまさにその世界での禁句。

 

君の名は。」というのは現実世界へ弾かれるキーワードです。

 

名前のことを尋ねてはいけない。

 

名前のことを考えると目が覚めてしまうから。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170809001518j:plain

 

 

私はいくつかの世界を同時に生きている。

 

本当はきっと誰もがそうなんだと思う。

 

 

 

この世界でぶつかり合う人が、他の世界では形を変えて兄弟なのかもしれない。

 

仲良い友達とは、他の世界では祖母と孫かもしれない。

 

他の世界では魂の伴侶なのに、この世界では離れてお互いの任務に奔走しているのかもしれない。

 

この世界ではもう肉体を持っていない人が、他の世界では元気に楽しく暮らしているかもしれない。

 

他の世界では子供の頃の家族の団欒が、何も変わらずそこに在るのかもしれない。

 

 

 

私たちは何も失うことはないのかもしれない。

 

ただちょっと眠りが深いだけで。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170809003527j:plain

 

 

 いつか目を覚ましても名前を覚えていられるかな?

 

 

 

 

 

 

獅子は月見て何想う

 

久しぶりのキャンプに行ってきました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170808104316j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170808121913j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170808121933j:plain

 

 

 

f:id:twinklesachiko:20170808104909j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170808104835j:plain

 

 

湖で泳ぎながらスマホで撮った一枚の写真に、私は既視感を覚えました。

こちらの写真です。夫を撮ったもの。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170808103135j:plain

 

 

なんだっけこれ?

 

あ!あれだ!昔ライブペインティングで描いたやつ!

 

 

f:id:twinklesachiko:20160810222527j:plain

 

 

ポーズは違うけど、似てませんか?

 

この絵はこの場所のことだったんだなあ。

描いた絵がタイムラインと重なるまで9年くらいかかりました。

 

 

そして今日は満月であり、ライオンズゲートが開く日とも言われていますが、昔描いた絵の中からぴったりなものを見つけました。

 

6年前くらいの絵かな?

 

 

f:id:twinklesachiko:20170808102522j:plain

 

 

獅子は月見て何想う

 

孤独な荒野で見上げた月に、ひとすじの光

 

何もないと思っていた場所で、新たな天啓が降りる

 

何もなかったのではない

 

何も見ていなかっただけ

 

からっぽになった手のひらの中で、それこそが完成形だと気づく

 

これまでの時間、自分自身への信頼を深めてきたからわかること

 

何もない

 

つかまるところもない

 

それこそが完成形

 

 

 

8月8日 Happy new world

 

 

f:id:twinklesachiko:20170808114324j:plain

 

 

ライオンの絵を見てたら降りてきた言葉です。

 

なんだか楽しみですね。GOGO〜!

 

 

東京アートDAY

 

昨日はお昼過ぎに代々木で用事を終え、次の予定が夕方に高円寺での待ち合わせだったので、それまで何か展覧会でも行こうと思い検索してみると、、、

 

 

まさかのダヴィンチの展覧会を発見!

 

f:id:twinklesachiko:20170802202735j:plain

 

レオナルド×ミケランジェロ展|三菱一号館美術館(東京・丸の内)

 

 

ダヴィンチ・タロットを使うまではレオナルド・ダ・ヴィンチあまり興味を持ってなかった私ですが、毎日のようにカードと戯れていたら、原画が見たい!と思うようになりました。

 

原画を見て、本物のエネルギーを感じたい、と。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170326215829j:plain

 

 

だから一番見たい人の展覧会がやっていたわけで、もうすごいテンアゲでしたw

 

場所は三菱一号美術館。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170802162450j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170802162511j:plain

 

 

洋館が大好きな私は、またまたテンアゲ。

 

今回はダヴィンチとミケランジェロの展覧会で、油絵も少しはあったけどメインは素描(デッサン)。

 

天才ふたりの素描展、素描対決みたいな感じ。

 

f:id:twinklesachiko:20170802210609j:plain

 

 

 

f:id:twinklesachiko:20170802162539j:plain

 

 

これもまたシンクロ運命的で、タロットの絵柄は全部素描のものなので、私にしてみたら

 

「タロット原画展」だったわけです!!

 

もうねもうね、どれもこれもいつも見ている絵なわけですよ。

知ってる絵ばかりなわけですよ。

その原画!生のエネルギー!生ダヴィンチ先生!!(握りこぶし

 

 

f:id:twinklesachiko:20170802202846j:plain

 

 

面白かったのは、どちらも素描の絵なのに、パッと見て区別がついたこと。 

 

絵の知識ではなく、エネルギーが全然違うんです。

 

私はどちらの歴史的なことも作品に関しても、お恥ずかしながらほとんど無知なので、これはあくまでも感じただけのことなのですが、

 

ミケランジェロは好青年で、家族を大切にするような人。

 

物事の見方にも優しさや礼儀、公平さがあって、親切。フェミニスト

 

芸術に対してまっすぐの優等生。

 

 

対してダヴィンチはちょっと変態的で変わり者、闇の組織や呪術にも関与していたんじゃないかな?と感じてしまう何か。

 

ふたりは同じ時代に生きたとはいえ20歳くらい離れていたので、世代的なものはあるにせよ、紙に乗っているエネルギーの質の違いは明白でした。

 

どっちがいいとか凄いかではなく、宿しているものの違い。

 

とっても見応えのある展覧会でした。品質管理のため、めちゃくちゃ冷房効いてるので暑い日におすすめです(そこかいっ

 

 

f:id:twinklesachiko:20170802210447j:plain

 

 

 

からの、高円寺キタコレビル Garter galleryでのchim↑pomの展覧会!

 

 

bijutsutecho.com

 

 

前回の歌舞伎町の展覧会での作品を解体したものを、さらに展示した展覧会。

 

前回の展覧会ではネズミさんの怨念を念写してしまいましたが、今回はカメラは持っていなかったので何も起きませんでした。

 

前回はこちら。

 

 

funcyqutton.hatenablog.com

 

今回はスマホ写真ですが、スーパーラットもいましたよ。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170802162704j:plain

 

 

パルコのPとCも展示されてます。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170802162724j:plain

 

 

そしてそして、マンホールも通れます!

 

 

f:id:twinklesachiko:20170802162754j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170802162845j:plain

 

 

これはギャラリー内に道路を再現して作られたもの。室内にこの感じを再現しちゃうの凄いです。

 

こちらの展覧会は冷房が効いてないので涼しい日がおすすめです。

 

 

そんな東京アートDAYでした♪

 

 

f:id:twinklesachiko:20170802212510j:plain

 

 

 

私の世界14. Long time no see

 

父が亡くなって1年が経ちました。

 

先日、一周忌も無事に終わったところです。

 

 

 

父は亡くなってからもしばらく側に居てくれて、写真も教えてくれました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170802190912j:plain

 

 

私はそんな霊体の父との交流を経て、やはり魂に終わりはないんだと確信しました。

 

そして死という一大イベントは、見えない存在たちがきちんとサポートしてくれているのだと。

 

生きている今だって、ひとりの人間に対してたくさんの存在がチームとなって一緒に生きているのです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170802170811j:plain

 

 

父の旅立ちに関してまとめた「私の世界」シリーズにその辺りのことは書いてあるので、最初の記事だけ貼っておきます。

 

もう1年前か〜、早いですね。

 

 

funcyqutton.hatenablog.com

 


最終話で霊体の父とお別れしてからは、それっきり現れなくなってたんですが、一度だけ息子の運動会に来てくれたんです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170802192343j:plain

 

 

運動会の最初の時間は、父の不在がより寂しく感じました。

いつもはりきって息子の写真を撮ってくれていたからです。

 

 

午前中の競技が終わって、 シートにアウトドア椅子を並べ、母や義両親みんなで座り、お弁当を食べ始めた時でした。

 

 

明らかに、父がいる。

 

 

このシートの中に一緒に座っている父をはっきりと感じました。

 

いる。来てくれてる。

 

 

その瞬間、バン!と母の椅子が割れて、母がシートに転がり落ちたのです。

 

小さなアウトドア用の折りたたみ椅子で、座るところがプラスチックでできているものなんですが、座っていたプラスチック部分が突然思いっきり割れたんです。

 

割れただけではなく、母が思いっきり尻もちをつく爆発感。

 

いきなりの謎な出来事に一瞬みんな戸惑いながらも、母は「やだ恥ずかしい〜」と笑い、義父も「ちょっと体重が重かったのかもなっw」と明るくフォローしてくれ、楽しい昼食に戻りました。

 

 

運動会が終わって家に帰ってから、お昼の時に父が来てくれてたことを夫に話したら、

 

「俺はあの椅子が割れた時に、お父さんだ!って思った」

 

と言っていました。

 

母に、思いっきり抱きついたんですかね?笑

 

 

以前書いたハレツするネックレスといい、エネルギーが噛み合いすぎるとモノって割れたりするんですよね。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170512191057j:plain

 

 

あの記事に寺嫁の友人が「新品のお数珠も割れることがあるよ」とコメントくれたのですが、やっぱりあるんですね。

 

 

 

 

今、父は遠くで何かを勉強している感じです。

 

 

 

変わっていく、変容していく。

 

生きていても、いなくても。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170802183701j:plain