奔放な死生観

子供の頃から、ふいに「もうすぐ自分が死んでしまう」という予感に襲われることがありました。 その予感は確信に満ちて、自信満々に私を怖がらせます。 怖くて眠れない夜もありました。けれども、翌日にはきれいになくなっているのです。 その代わりみたいにポストへ届く、近所の方の訃報のお知らせ。 そう、近所の方が亡…