謎はいつもそこに

子供の頃から自然に生活の中にまざっていた不自然なものたちのお話。

偉大な人

 

シシガミ様みたいな人に会いました。

 

週に一度通っている弓道場でのことです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170217083351j:plain

 

 

私の弓道歴はまだ1年数ヶ月なので、弓を語れるほどの経験はまったく積んでいないのですが、そんな私でもわかること。

 

「射」って、人によって全然違うんです。

 

型があるので動作は同じなのですが、技術だけではないものが、その人の射に現れる。

 

弓道は武道でありながら戦う相手はいません。

相手は的、つまり自分自身なのです。

 

だから求められるのは強さではなく、気品。 

 

 

f:id:twinklesachiko:20170217095632j:plain

 

 

毎週交代で違う先生が教えてくれるのですが、その先生によっても教えるポイントや切り口が違います。

 

ただ共通して言えるのは、どの先生もぽんっと「真理」みたいなことを言い、見えない領域のところまで捉えて伝えてくださるということ。

 

引き方を教えてもらいながら、人生を説かれているような。

 

弓道は「座禅」ならぬ「立禅」と言われているのですが、もう本当に禅の世界なんですよねえ。

 

f:id:twinklesachiko:20170121074734j:plain

 

 

だから、先生や熟練の方や練習生、誰を見てもとてもエネルギーが気持ちいいのです。

 

そしてボディーワークという観点から見ても、ここまで体の細部を意識できるものはなかなかないんじゃないかなと。

(まだ私の知らない世界はきっとたくさんあるのでしょうが。)

 

外側から見ると「弓を引いてる」だけなんですけど、その中で起きていることが果てしない。

昇段審査では、弓を握る手の中で起きていることも審査対象になるそうです。

 

奥が深すぎてオラわくわくすっぞ!

 

ちょっと前に話題になった、達人同士の剣道の試合とかもすごいですよね。

 

 

www.youtube.com

  

こういうことですよね、きっと。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170217091139j:plain

 

 

そんなわけで毎週いそいそ通い続けた結果、この度 弓道連盟に加入させていただける運びとなりました。

 

連盟に加入すると、今まで週1回、体育館内の弓道場での練習だったのが、古くからある別の弓道場に自由に行けるようになるんです。

 

そちらでは曜日ごとに特定の練習会もあるので、週に何度か弓に触れることができるようになります!

 

でもちょっと大変かな?大丈夫かな?

なんて思いつつ、昨日も弓道場に行ってきたのですが、そこで冒頭のシシガミ様みたいな人に会ったのです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170217100231j:plain

 

 

初めてお会いする年配の女性の先生で、華奢な方なんですが、佇まいの次元が違う。

 

 

道場で教えてくださる先生は、どの方もすごく深い真理と優しさを兼ね備えています。

 

弓道の性質上、教え方も禅のようなスピリチュアルな要素が入ってくるんですよね。

 

「弓は引くのではなく開く。」

「腕の中にあるエネルギーを凝縮するように」

「的に当てようとしてはいけない。当たるのはただの結果にすぎない」

 

などなど。毎回本当に勉強になります。そして昨日その先生に言われた言葉は、

 

 

弓道は、呼吸です。」

 

 

f:id:twinklesachiko:20170217104550j:plain

 

 

「呼吸がすべてなんですよ。」

 

と言い、「呼吸」を教えてもらったら、成長の遅い私が何段飛ばしかで飛躍したんですよこれが!

 

その瞬間、これまでいろいろ伝えてくださってた先生たちの言葉も全部身になったというか。実が成ったというか。

 

どの先生もものすごく「高い」方々なんです。技術的にも、国体選手を何人も排出してる先生もいるし。

 

けど次元が違うってこういうことかと体感したのです。

 

真の優れた指導者というのは、こんなレベルなのかと。

 

さらに私の変化を見て、そのシシガミ様は笑顔で言いました。

 

 

「今日はもう帰ってもいいですよ。もう、今日はそれを習得できたから十分。」

 

 

え!まだ来て数本しか射ってないのに!w

先生の優しい目は真理を語っている。でも、、もう少しやりたい。

でももう少しだけやらせてください。と言って引き続き練習させていただきました。笑

 

途中、会話の中で「子供がいます」とひとこと言ったら、

 

 

「弓にばかり夢中になってはいけませんからね。母親は太陽です。

週に1回でも大丈夫。無理のないように続けてください。」

 

 

と、ものすごく大きなスケールの、包み込むようなエネルギーで言われたのです。

 

まるで、これから増える練習量に不安を感じた私を見透かすように。 

 

その後も先生は「母親は太陽なんです」と何度か仰っていました。

 

でもその言葉も決して説教臭くなく、限りなく真理に近いエネルギーというか。

 

優秀な指導者って、本当にすごいと思いました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170217180249j:plain

 

 

だって、人に何かを伝えるって本当に難しい。

 

愛を持って伝えても、表面的な言葉しか受け取ってもらえなかったり、本質まで届かなかったり。

 

伝える側と、受け手のバランスもある。

 

伝わらないだけでなく誤解が生まれたりもする。

 

 

 

でも、たった一言で世界が変わることもある。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170217180822j:plain

 

 

私の昨日の弓のように。

 

 

 

そして今日facebookを見たら、3年前は大雪でした。

 

じゃん。もののけ姫のモロ。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170217093749j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170217093757j:plain

 

 

またこんなの作りたいなー。

 

張りつめた〜〜弓の〜〜 って、どこまでもシンクロしちゃう♡