読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎はいつもそこに

子供の頃から自然に生活の中にまざっていた不自然なものたちのお話。

こたつチャネリング

 

高尚な魂への「なり方」を探すのではなく

 

「在り方」を探す

 

それはようやく身につけるものではなく

 

初めから備わっていることに気づくだけ

 

それを知るだけでいい

 

 

f:id:twinklesachiko:20161127161959j:plain

 

 

 

 

こたつでうとうとしてると、そんな言葉が聴こえてきました。

 

ギフトの現象学ですね。

 

「ギフトとは、すでに与えられていることに気づくこと。」

 

 

私にはずっと使っているノートがあって、そこには、降りてきた言葉や聴こえたメッセージ、チャネリングしたやり取りなどメモしています。

 

通称エンジェルノート。

 

 

f:id:twinklesachiko:20160615230738j:plain

 

 

強く心に響いたエンジェルナンバーなんかも書いてるので、ちょっとした辞書?みたいになっています笑

 

使い込んでいるからページが取れたりし始めているのですが、見事なまでに、もう必要じゃないメッセージのページから取れていってます。

 

 

 

さて、エンジェルノートを始めた頃から知りたかったことが、最近ようやくわかったのです。

ずっと知りたくて、悩んだり、心乱されたりしながら、向き合ってきたようなこと。

 

 

それを知れてから、ある日ふとエンジェルノートが気になって、最初の方から読んでみました。

 

すると驚くことに、3ページ目に、今回私がようやく知れた「答え」が書いてあるのです。

 

ずっと知りたかった答えが。そこに。

 

 

f:id:twinklesachiko:20161002030911j:plain

 

 

書いた記憶はあります。

何度か読み返した記憶も、そもそもチャネリングした記憶もあるのに、その時の私にはそれがただの散文であり、答えではなかった。

 

なぜか。

 

 

 

それは、

受け入れたくない答えだったから。

そこに愛を見出せる心ではなかったから。

それが救いの姿だと理解できないほど、目の前のものしか見えていなかったから。

 

 

一周まわって、スタート地点に置いてあった答え。

 

 

でも、一周まわった経験がないと、その石が探していた宝石だと気づくことはできなかった。

人生はつまり、そういうことなんだと思う。

 

まるでアルケミストのようなお話。

 

f:id:twinklesachiko:20161127163958j:plain

 

 

そしてさらに何周もすると、もっとたくさんの気づきとともに、懐かしくも新しいものに出会えるのかもしれません。

 

 

f:id:twinklesachiko:20161002024316j:plain

 

 

 

 

 

おまけ。

 

私のアトリエ兼、タロットセッションルーム兼、食事も昼寝もチャネリングもできるエクストリームこたつ♡

 

 

f:id:twinklesachiko:20161127170412p:plain