読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎はいつもそこに

子供の頃から自然に生活の中にまざっていた不自然なものたちのお話。

2525

 

 

もしも始めから、魂の世界を覚えているまま生まれてきた人がいたとして

 

  

f:id:twinklesachiko:20161010141722j:plain

 

 

起きていることの意味をほとんど理解していて、その上で譲れない使命を抱えていたとしたら

 

 

まわりの人が喜劇や悲劇を通して成長していく過程を、指導員のようにただただ見守ることしかできないとしたら

 

 

f:id:twinklesachiko:20161010142455j:plain

 

 

 

 

それでも自分の中に愛を抱えているとしたら

 

 

 

 

f:id:twinklesachiko:20161010142017j:plain

 

 

 

譲れない美学があって

 

大きな宇宙というストーリーに身を委ねるしかないと思い知っていて

 

時が来るのを待つしかないとわかっていて

 

それでも誰かを助けたいと思って相手を見つめた時に

 

その相手が泣きながら立ち上がり、前を見つめる力強い眼差しに気づいた時、

 

その力強さに もしかすると励まされて、やっぱり宇宙に委ねるしかないんだと再び真理を噛み締めて

 

あたたかい気持ちになるのかもしれない。

 

 

 

f:id:twinklesachiko:20161010140454j:plain

 

 

終わりと始まりの真ん中で。