読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎はいつもそこに

子供の頃から自然に生活の中にまざっていた不自然なものたちのお話。

森の歌

東京のはじっこの自然豊かなところに住んでいるので、川遊びやキャンプはいつでも楽しめます。

 

f:id:twinklesachiko:20160902164037j:plain

夏休みの思い出。川遊び。

 

 

 

キャンプ、大好きです。

地面との距離が近いと、どうしてあんなにわくわくするのでしょう。

 

f:id:twinklesachiko:20160902165535j:plain

 

以前、キャンプの夜にひとりで少し離れた森の中を歩いていたら、かすかな歌声が聴こえてきたことがありました。

 

女性のような声がいくつもいくつも重なった、とても美しい歌声で、木々の上の方から聴こえていました。

 

f:id:twinklesachiko:20160902172320j:plain

 

ひとり1音だけ発してみんなで音楽にしているみたいで、ミュージックベルみたいだなって思ったのを覚えています。

 

f:id:twinklesachiko:20160902172902j:plain

 

 

それを聴いて怖かったかというと全くそうではなく、大きな安心感に包まれて、幸せな気持ちになりました。

 

f:id:twinklesachiko:20160902175623j:plain

 

 

 

また別のキャンプの時、ひとりで静かに川で瞑想していた時のこと。

 

f:id:twinklesachiko:20160902173517j:plain

 

変性意識に入って、気持ちよく自然と一体化した ほんの2分くらいでしたが、ものすごくたくさんの精霊がそこにいるのがわかりました。

 

3mくらいの巨人、人間サイズのドレッドみたいな頭の人、小さな人、細長い人。

 

全部がそれぞれ岩や、木や、小さな植物にとけ込んで存在しているというか。

 

いつでもそこにいる。

 

人間がそれに気づくかどうかなだけで、本人たちは隠れているつもりはないのかもしれない。

 

そんな風に思いました。

 

f:id:twinklesachiko:20160902174525j:plain

 

「自然」の「分身」と書いて「自分」

 

「然」の意味を調べると「そのとおり、そのまま」と書いてあります。

 

自然界の美しさは神様の完璧なるデザイン。

それならば私たち人間も、いろいろな想いはあっても今のままで完璧なのでしょう。

 

自らをあーだこーだと判断せずに、そのままの自分で生きたいですね!