読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎はいつもそこに

子供の頃から自然に生活の中にまざっていた不自然なものたちのお話。

DJ その2

「さっちゃん、この夢どう思う...?」

 

不安そうな顔で聞いてくる幼馴染みに、

 

「そんなことより鬼が」

 

なんて、さらに怖がらせるようなことは言えず、鬼もかなり離れた距離に佇んでいたので、とりあえずはその話の感想を言いました。

 

「最後、電話で『これ夢で見た』って言った時の『えーそうなの?』っていうリアクションになんか違和感を覚える。。知ってて言ってるみたいな不自然さっていうか、なんだか不気味な感じがする」

 

そんな様なことを伝えた気がします。

実際のところ そのDJはどんな人なのか、好意を持たれてる感じなのか、いろいろ聞いたのですが、至ってふつうの男の子でいいやつだし、告白されたりストーカーされたりは全くない、と。

 

じゃあたまたま不思議なことが起きちゃったのかな〜?なんて話していると、ブランコの柵よりさらに後ろの方に、さっきの鬼が移動していることに気づきました。

 

さっきから幼馴染みの表情も暗いし、日も暮れてきたし、

 

「...そろそろ帰ろっか!」

「きゃあああ!!!」

 

突然、幼馴染みが悲鳴をあげて頭を抱え込みました。

 

「え...っと?大丈夫?」

 

なんだか空気が異様に重たいのです。

 

「ごめん...いきなり言われてびっくりしただけ...」

 

幼馴染みの顔は、引きつっていました。

私たちはそれぞれ自転車を押しながら公園を出て、しばらく無言で並走。

外はもうすっかり暗くなっていました。

 

f:id:twinklesachiko:20160828055846j:plain

 

200mくらい進んだところにある踏切が、私と彼女の分かれ道です。

踏切で止まると、お互い微妙な顔をしていたと思います。

私は気まずい空気なら、話してしまった方がいいなと思ったので、彼女に言いました。

 

「さっき、あのDJの話してた時にね...入口のところに鬼がいたの」

 

幼馴染みは半べそで言います。

 

「その後、後ろに移動してきたんでしょ...?」

「え!見えてたの!?」

 

すごく驚きました。まさか見えてたなんて。

しかし、驚くのはそれだけではなかったのです。

 

 

「あれは、DJ○○だった」

 

 

言葉を失う私に、彼女は続けます。

「私、さっき帰ろうって言われて...悲鳴上げたでしょう...?

あの時、もう私の真後ろに○○が来てたの。それで... なぜか○○は斧を持ってて... さっちゃんが帰ろうって言った瞬間、思いっきり振り下ろされたの」

 

それで悲鳴を上げてしまった、と言いました。

あの、鬼にしか見えない姿のあれが、DJ○○...?

それはもう、生き霊以外の何者でもありません。

 

怖がる彼女をなだめ、きっとまだついて来てるだろうDJ○○に、来るならこっちについて来なよと心の中で言い、 幼馴染みと別れて踏切を渡りました。

 

大通り沿いとはいえ、人が全然歩いていません。

自転車のスピードを上げて家路を急ぎます。

途中、自販機が4台並んでいる場所があるのですが、そこを通り過ぎる時に、私の速度に合わせるように一台ずつ

 

「ドンドン!!ドンドン!!ドンドン!!ドンドン!!」

 

と誰かが思いっきり叩いてるような音が鳴りました。

 

「俺、ついて来てるからね」

 

と言ってるようで、さすがにめちゃくちゃ怖かったのを覚えています。

こっちについて来なよと言ったのは、こういうのに多少慣れているのと、そもそも私はターゲットじゃないだろうから、私についてくる分には 家に入れないで終わるだけかなと思ったからです。

 

自販機を叩かれたのは予想外だったけど、やっぱり、家に入ってからはもう何も起こりませんでした。

 

「さすがに今日は怖かった。この体質何とかならないのかな」

 

今日の一連の話を父にすると、興味深く聞いてくれてから、

 

「まっ、うちは神主と画家の家系だからしょーがないのかもなっ!」

 

の一言で終わらされたというw えっ...

そんな思い出の出来事でした♪

 

その後、幼馴染はDJ○○とは特に何もなく、平和な年月が過ぎていきました。

あれは一体、なんだったのでしょう...?

逢魔が時、なんて言葉がよぎります。

秋の夕間暮れ、皆様もどうぞお気をつけ下さい。