読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎はいつもそこに

子供の頃から自然に生活の中にまざっていた不自然なものたちのお話。

DJ その1

夕方の公園で、幼馴染みとブランコに座り、だらだらと喋っていた時のこと。

高校生の頃のお話です。

 

「なんかさあ、最近ちょっと怖いことがあったんだよね」

 

そう言って幼馴染みが話してくれたのは、こんなお話でした。

 

 

 

 

夢の中で、○○っていうDJやってる友達から電話が来てさ、おー○○久しぶりじゃんって言ったら「俺ちょーいい選曲思いついちゃってさ!」って嬉しそうに言うんだよね。

 

「一曲目に××、二曲目は△△、三曲目に◆◆かけるじゃん、それで四曲目にボブマーリーかけたら五曲目あたりで和田アキ子とかかけちゃったりしてさw」

 

あはは!いいじゃんwやってよ〜って言ってたら目が覚めて、携帯が鳴ってるんだよね。見たらDJ○○でさ。もしもし?って出てみたら、

 

「俺ちょーいい選曲思いついちゃってさ!」って嬉しそうに言うんだよね。

 

え?って思ったけど、へ〜どんな?って聞いたらさ、

 

「一曲目に××、二曲目は△△、三曲目に◆◆かけるじゃん、それで四曲目にボブマーリーかけたら五曲目あたりで和田アキ子とかかけちゃったりしてさw」

 

って言うんだよ。夢と同じ!!ってすごいびっくりしてさ、リアクションできなくて困ってたら目が覚めたの。

 

【ここまで】が、夢だったの。

 

そしたらね、起きてからすぐ、携帯が鳴ったの。

まさか...と思って見たらやっぱりDJ○○でさ。怖くなったけど出ないわけにいかないし、私出てみたんだよね。

 

「もしもし...?」

「あ、ごめん寝てたー?俺w」

「あ、うん、大丈夫。...どしたの?」

 

「いやー俺さあ、ちょーいい選曲思いついちゃってさ!一曲目に××、二曲目は△△、三曲目に◆◆かけるじゃん、」

 

って言うんだよね。もう怖くて涙出てきちゃってさ。

 

それで四曲目にボブマーリーかけたら、五曲目あたりで和田アキ子とかかけちゃったりしてさ」

 

もう怖くて気づかれないように泣いたよ。

「私ね、今これと同じ夢見たんだけど...」って言ったら「えーそうなの?」って言われたんだけど、まあそんな感じのことがあってさー。

 

 

 

 

f:id:twinklesachiko:20160827124005j:plain

 

私たちが居たのは住宅街にある少し広い公園で、公園の入口も北、南、西の3ヶ所ありました。ブランコの私たちは西を向いて座っていたので、左隣にいる幼馴染みを見ると、ちょうど南側の入口が視界に入るのですが...

 

そこに、鬼のようなものが立っていました。

何か武器みたいなものを持って、そこに佇んでいたのです。

 

 

 

 

つづく