読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎はいつもそこに

子供の頃から自然に生活の中にまざっていた不自然なものたちのお話。

幽体離脱

連日、この胡散臭いブログにたくさんの方がお越しくださり恐縮でございます。

ありがとうございます。

 

今日のテーマは、幽体離脱

 

幽体離脱とは、生きている人間の肉体から、心・意識が抜け出すという心霊主義での現象をさす。

幽体離脱 - Wikipedia

 

f:id:twinklesachiko:20160715115829j:plain

※写真はイメージです。

 

 

私が幽体離脱を体験したのは一度だけですが、始まりは金縛りでした。

夜中に金縛りに合い、そんなに怖い感じはしなかったので気にしないで寝続けようとした時でした。(さすがに図太くなりますねw

 

背中から、布団の感触が消えたんです。

 

ん?なんだこれ?と思い目を開けると、体が宙に浮いていました。

床と天井の間くらいの高さに、仰向けで寝ている姿勢のまま、浮いているのです。

そしてゆっくり、上昇していました。

意識はハッキリしてたので静かにテンションが上がり、こんな体験は滅多にないから、せっかくだし宇宙まで行けるか身を委ねてみよう、そう思ったのです。

 

ところが、天井を超えた辺りで自分が高いところが苦手だと思い出して、いきなり怖くなってしまいました。

それだけ、自分の体が高いところに行ってる感覚がはっきりと実感できたという事なのですが、怖い!と思った途端、上昇が止まり、ゆっくり下へと下がっていきました。

その下がり方が、上に上がっていった時とは違い、落ち葉とか薄い紙が落ちる時みたいに、ヒラっヒラっと左右に揺れながらの下降でした。

ゆっくりだったのに、最後自分の体に降りた時はちょっとドシンと衝撃があり、「うー」って声が出ました。

それだけの体験談なんですけど、子供の頃の金縛りって、なんかこう周りにいる霊が必死に私の霊体を追い出して私の体に入って来ようとしている感じだったんですけど、金縛りって幽体離脱しやすいのかもしれないですね。

 

あ、上に貼ったウィキペディア見てみたら「基本的に金縛りを経て幽体離脱をする。 」って書いてある!やっぱりか〜。

 

そうそう、幽体離脱のいい画像ないかなと思って検索してたら、ものすごく気になる本を発見。

 

f:id:twinklesachiko:20160715131945j:plain

 

とにかく表紙がやばい。いいですね。この感じっ

この本の目次が載ってるページ見つけたので貼っておきます。

目次だけでもかなりキテる!

 

幽体離脱アストラル・トリップ

 

これ欲しいな〜と思ってamazon見たら、かなりレア本みたいで20000円でした!

残念。

とりあえず同じポーズでプロフィール画像でも撮りたいですねw