読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎はいつもそこに

子供の頃から自然に生活の中にまざっていた不自然なものたちのお話。

妖精の見つけかた

座ってボケーっとしていると、妖精が3人座ってるのが見えました。

おそろいの赤いドレスに身を包み、3人とも似たような姿です。

 

...って、え!?妖精!?

 

ハッとしてよく見てみると、テーブルの上に置いてあるミニ薔薇の花が3つ咲いているだけでした。私の視界には、確かに3人の妖精が見えていたのです。

 

妖精は実在します。

本当に会いたいと願い、彼らの存在を心から信じるのならば、誰でも見ることができると思っています。

それはなぜかと言うと、妖精は見間違いと紙一重で姿を現すから。

 

ここ数日取りかかっているお仕事の中に、薔薇の花と妖精を描くものがありました。

まず、イメージに合う エネルギーの豊かな薔薇の鉢植えを買ってきて、しばらく眺めます。「降りて」くるまで描きません。

これまでもの作りをしてきた経験から「降りて」こない時に何かを作っても、それは作業でしかないからです。

しかも、今回描くのは「薔薇の妖精」。

妖精の存在を感じられるまでは描きようがありません。

その日は一日、薔薇の前に座っていたのですが何もできませんでした。

 

次の日、薔薇を見てみるといくつかの花が散り始めています。

きれいな花を描くには絶対に昨日だった。でも、薔薇が語りかけてこないのだから仕方がない。このまま散ってしまったらどうしようと思いましたが、こちらが待ってる限り、必ず何かが現れることは確かなのです。

 

昨日まで可憐に咲いていた花が散りかけている。その部分を見上げた時。

 

 

 

 

f:id:twinklesachiko:20160617145901j:plain

やっと見つけました。

ボリュームのあるドレスを着ている、羽が生えた薔薇の妖精です。

 

 

 

ただの枯れ始めた花に、そっと息づく小さなエネルギー。

私は、妖精ってそういうものだと思ってるんです。

 

 

 

でも、そう見えるでしょう?

f:id:twinklesachiko:20160617153344j:plain

 

 

きれいに咲いてるうちは会えなかったわけですね。

待った甲斐あり、ようやく絵が描けました。

f:id:twinklesachiko:20160617154759j:plain

 

 写真のお花はたまたまピンクだけですが、この鉢植えは黄色からピンク、濃いピンクへのグラデーションがきれいな薔薇で、その品種名が「アブラカダブラ」なのはちょっと出来すぎてるかな?

 

 

おまけ。森で出会った妖精。

めっちゃおしゃれ。

f:id:twinklesachiko:20160617155744j:plain