謎はいつもそこに

子供の頃から自然に生活の中にまざっていた不自然なものたちのお話。

体内記憶 その3 旅立ちの時

何となく、おなかの中にいた時の情景を覚えています。

 

そこは薄暗く、たまにピンクの明かりがぼんやりと灯る、静かな場所でした。

薄暗い洞窟の温泉のような、生暖かくて横長の空間。

 

そう、初めは横長の空間だったのです。

 

その部屋の中で、私はちょっと退屈でした。でも孤独ではなく、安心感の中でひとりの時間を楽しんでいました。

 

床のようなところにずっと気になるものがあって、それはごつごつした低いテーブルのように見えます。時々それに触ってみたり、眺めてみたりしていました。

 

広かった部屋はいつしか小さくなって、自分が大きくなったのだと悟りました。

あまり身動きがとれなくなってきて、私はもっと自由に動き回りたい!と思い始めます。

 

ここから出てみたい。

 

そう思った時に、ずっと気になっていたごつごつした低いテーブルのようなもの、頭に当たっているこれこそが「出口」なのだと気づいたのです。

 

f:id:twinklesachiko:20160605111510j:plain

                     

私は3月生まれなのですが、子供の頃から春が近づくと

 

「新しい世界が始まる」

 

というわくわくした感覚がいつも蘇ります。小学生の頃その感覚を友達に言っても伝わらなかったのですが、3月の風が吹くと懐かしくて懐かしくて泣きそうになるのです。

 

始まる!始まる!嬉しい!という気持ち

 

f:id:twinklesachiko:20160605111716j:plain

 

世界中が祝福してくれているような大きな力

 

f:id:twinklesachiko:20160605111824j:plain

 

あなたが産まれてきた時も、世界中が大喜びしていました。

すべての命が、祝福されて誕生しているのです。

 

 

illustration by funcy-qutton (twinkleサチコ)