読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎はいつもそこに

子供の頃から自然に生活の中にまざっていた不自然なものたちのお話。

銀河鉄道の夜

毎年、母の実家に帰省していた小学校時代の夏休み。

母の田舎は山と田畑に囲まれた長閑な場所で、夏休みはいつも2週間くらいそこで過ごしていました。

私は姉や従姉妹たちとプールへ行ったり、トウモロコシ畑でかくれんぼをしたり、畑で採りたてのトマトの味に感動したり。

 

そんな「わたしの夏休み」の出来事です。 

 

ある夜、電車の音で目が覚めました。

目を開けるとカーテンの向こうで電車が走っています。ガタンゴトンと大きな音を立て、走り抜けて行きました。

翌朝、母に言うと「こんなに駅から離れた場所に電車なんか走っていない」と言われてしまいました。確かに線路なんてありません。

 

夢だったのかなあ?

 

しかし数日後、また夜中に電車の音で目が覚めました。

やっぱり夢じゃない。本当に電車が走っている。

 

翌朝母に言うと「また夢見たの?」なんて言われてしまいましたが、

 

「電車、私もたまに見るよ」

 

と、従姉妹のお姉ちゃんが言い始めました。

そのお姉ちゃんも霊感が強く「道路を歩いてた人が急に消えちゃった」と言い出したこともありました。

 

私は嘘つきじゃないことが証明できてホッとしましたが、結局あの電車の霊はなんだったのか、今もわからないままです。

 

夜中に轟々と音を立てて走り抜けるその電車は、それでも不思議と怖くはなく、当時よく見ていたアニメ映画の「銀河鉄道の夜」を思い起こさせました。

f:id:twinklesachiko:20160601183051j:plain

 

どんな人が乗っていて、どこへ向かって走っていたのでしょう。

 

f:id:twinklesachiko:20160601183139j:plain

 

 

3.11以降、私は母の故郷を訪れることはできなくなりました。

 たくさんの魂があの電車に乗って、美しい景色を見ていることを心から願います。

 

 

以前プラネタリウムで見た銀河鉄道の夜


「銀河鉄道の夜」予告編(日本語版)

 

せっかくなのでこちらも置いておきます。

大好きな作品。


Night on the Galactic Railroad - 銀河鉄道の夜