読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎はいつもそこに

子供の頃から自然に生活の中にまざっていた不自然なものたちのお話。

金星人の兄弟

数年前、いろいろな金星人が夢に出てくる時期がありました。

姿は人間型で、白人と他の人種のハーフみたいな方が多かった気がします。

金縛りに合うと夢の中に現れて助けてくれたり、いろんな金星人が登場しました。

丁寧に名前を名乗ってくれる人、すぐ消えてしまった人。その中で一番心に残ったイケメン兄弟について、書いてみたいと思います。

 

その兄弟はイメージ的に16歳と20歳くらいで、整った顔に細いドレッドみたいな髪型、布を纏っているような服を着ていました。見た目は若いけど、実際にいくつなのかはわかりませんでした。

まず、デパートの屋上にある遊園地みたいなところへ連れて行かれました。

ネオンの光みたいなものが溢れてる噴水のようなもの(ようなものばかりですみません)、砂ではない鮮やかな「何か」で出来た砂場みたいな遊び場、そこに続くすべり台。

その様々な遊び場について、「兄」の方がいろいろ説明してくれた気がします。

「弟」は私を見定めるような目で、コーヒーカップの中からこちらを見ていました。

 

次に、どこかの山の頂上にいました。「行きました」というより、次の瞬間には「いました」という感じです。

その山は地面が土ではない何かで出来ていて、表面がつるつるしていました。

山を下りながら兄の方が宇宙や金星、いろいろなことについてお話してくれたのですが、残念ながらその内容のほとんどを忘れてしまいました。

ひとつだけ憶えているエピソードがあります。

 

私の前を歩く兄が、言葉は石に変えることができる、と言い、

 

「たとえば... ほら」

 

と、ふり返りながら手のひらに赤い宝石を出現させたのです。その赤は透明で濃く、本当に美しい石でした。

 

最後は家まで送り届けてくれました。お礼を言い玄関を閉める時に、ゆっくり閉まっていくドアの向こうで初めて弟が口を開きました。

 

「あんなにベラベラ喋っちゃって、大丈夫なのかよ」

 

その声は不満そうで、私は最後まで彼のお眼鏡にはかなわなかった様子。

完全に閉まったドアの向こうで、兄が答えます。

 

「いいんだよ。彼女は伝えていく人だから」

 

私が何を誰に、どこに伝えればいいのか、いまだによくわかりません。

兄がどんな言葉を石に変えたのかも、憶えていません。

でもあの美しい赤い宝石は…、もしかして「愛」、なんじゃないのかなあと思っています。

夢を見た当時、すぐに描いてみた絵があるので、こちらも載せておきます。

 

f:id:twinklesachiko:20160503201539j:plain