読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎はいつもそこに

子供の頃から自然に生活の中にまざっていた不自然なものたちのお話。

6番テーブルのお客さん(怖さ★)

カフェでバイトを始めたばかりの時のお話です。

そのカフェは駅前の地下にあり、モノトーンで落ち着いた雰囲気のカフェでした。

お客さんがひとりもいない時にテーブルのお砂糖の補充をしてまわっていると、

 

「すみません...」

 

女性の声です。もう一度言いますが、お客さんはひとりもいない店内です。

最初は気のせいかと思い、おかしいなあと思いながらきょろきょろしていると、店長に「どうかした?」と聞かれました。

「いや〜、今すみませんって聞こえたんですけど...気のせいですねw」

と答えると、長く勤務しているバイトの子と顔を見合わせて、

「あら〜、また霊感強い子が入ってきちゃったね」

と言うんです。どうやら、霊感強い人は必ず「すみません...」と呼び止められるそうで、バイトの間では「6番テーブルのお客さん」と呼ばれているとの事。

確かに6番テーブルから聞こえていました。私は、なんとなくその女性は80年代風のウェーブヘアで、誰かと待ち合わせをしている気がしました。

 

飲食店の仕事に、トイレ掃除はつきものです。

そのカフェのトイレは、ちょうど6番テーブルを通り過ぎて右に曲がった、つきあたりの場所にあります。トイレ掃除に行こうとすると、やっぱり

 

「すみません...」

 

と呼ばれました。無視してトイレまで行き、ドアに清掃中の札をかけ、中に入って鍵をかけて掃除を始めました。

 

「すみません...」

 

今度はドアの前から聞こえます。怖さと戦いながら、便器を磨いていく。

 

「すみません...」

 

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏、と呟きながらトイレットペーパーを補充する。

 

「すみません...」

 

コンコンコン、コンコンコン、とノックが来た。でも、でも、本物のお客さんかもしれなくない!?と思い、一応大きな声で「はい?」と返事をしてみる。

 

「すみません...」

 

やっぱりオマエかー!!!

そして清掃が終わり店内に戻ると、相変わらずお客さんはひとりもいませんでした。

 

これが毎回だったので、ちょっと限界を感じてこのバイトは早々に辞めてしまいました。

ちなみにこの話を最初に家族にした時、心配した母がお守りを作ってくれました。

お清めの塩が入っていて首から下げられる小さな巾着です。

このアイテムは、残念ながらまったく効力がありませんでしたw