読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎はいつもそこに

子供の頃から自然に生活の中にまざっていた不自然なものたちのお話。

体内記憶 その1

神社にいました。近所にある小さな神社です。

母がお賽銭を入れ、手を合わせて安産祈願をしていました。

「さあ、帰ろうか」

と、境内の急な階段を下り始めた時、まだ2歳にもなっていないくらいの姉が、その階段を転がり落ちてしまいました。

母は大きなおなかなので、ゆっくりとしか階段を下りられません。

姉は、一番下で泣いていたと思います。

私はその一部始終を、母のおへその穴から見ていました。

 

姉が神社の階段からきれいに転がり落ちた話は、母の妊娠中のエピソードのひとつなのですが、その場には父も祖母もいなかったし姉は記憶にないようなので、あの見事な転がり方を知ってるのは、母と私だけなのです。