読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎はいつもそこに

子供の頃から自然に生活の中にまざっていた不自然なものたちのお話。

女神様と子猫

いかにも女神様な声で、「お別れに、来たのですよ...」と聞こえました。

夢の中で「誰がですか?」と答えると、いかにも女神様な声で

「白い、小さな子猫です。会いに来たのですが...間に合いませんでした...」

 

そこで目が覚めました。真夏の暑い午前中です。

汗びっしょりな体で一階に下りて行くと、ガーデニング姿の母が

「子猫が死んじゃってたのよ〜!」

と言ってきました。

「裏のアパートの駐車場でね、暑すぎたのかしら、日陰で力尽きちゃってて」

 

「その子、もしかして白猫じゃなかった?」

 

と言うと、

 

「やだ!なんで知ってるの〜!!」と母は怖がっていました。

まだ会ったこともない子猫が、お別れを言いに現れた。

しかも出会えなかったという、無力感しか覚えない出来事でした。

あれから10年以上経ち、今、私は白猫と暮らしています。