謎はいつもそこに

子供の頃から自然に生活の中にまざっていた不自然なものたちのお話。

サンタクロースに会った話

いきなり季節感のない話題ですが、かなり怖い体験も多いので、まずはソフトな記事から書いていこうと思います。

 

それは小3のクリスマスでした。

私にとってサンタさんは疑いようもなく「存在しているもの」だったので、「存在を暴いてやろう」とか「目撃してやろう」なんて気持ちはまったく持っていなかったのです。

きちんと眠っていると、必ずもらえるプレゼント。受け取る代わりに、相手の存在には干渉しない契約。そこには大きな秘密が隠されているようで、気になるけれど、知らなくていいやと思っていた気がします。

 

ところがその年、あろう事か夜中に目が覚めてしまったのです。

 

もう一度眠ろうと思っても、全然寝つけない。枕元を見ると、まだ何も置かれていない。これはまずい、早く寝ないと来てしまう。隣で寝息を立てている姉を見て、だんだん焦り始めていく。

 

その時、部屋の前の階段の踊り場から、誰かが電気のスイッチを押す音が聞こえました。

パチ、パチ、パチ、パチ、と、ゆっくりonとoffを何度も繰り返す音がするのです。

なんだろう??と思っていると、何度目かで部屋のドアの隙間から明かりが差しました。ようやく電気がついたようです。

でも、普段、踊り場の電気がつかないことなんてないのに変なの、と思いながら布団をかぶり、寝たふりを続けていると、ゆっくりドアが開く音がしました。

 

 

さ、さ、サンタさんが来たああああああ!!!!

 

 

心臓がばくばくと速くなっていき、握りしめた手は汗ばんでいく。頭から布団をかぶっているので息苦しい。でも寝たふりを続けないとプレゼントがもらえない!!!

 

細心の注意を払いながら寝たふりを続けていると、足下のドアから誰かがゆっくりとこっちへ歩いて来るのです。その人はすごく落ち着いた雰囲気で、一歩、また一歩とゆっくり近づいて来て、ついに私と姉が川の字で寝ている真ん中を歩き始めたのです。

 

その人が布団の上を歩く度に、掛け布団に重さが伝わって来ます。

私はいけないことだと知りながら、頭からかぶった布団の隙間から目を開けていました。

 

一歩、一歩、ついに目の前に差しかかります。私ははっきりと見てしまったのです。

 

赤い生地の裾に、白いふわふわのついたズボンを。

 

その人は枕元で一瞬立ち止まり、そのまままっすぐベランダに通じる窓まで行き、消えてしまいました。

 

え...っ 

プレゼントは... ?

 

私の頭の中で興奮と混乱が入り乱れます。

そこで再び、誰かが部屋のドアから入って来ました。

私は条件反射でまた寝たふりをしていると、ガサゴソと音がして、何かが枕元に置かれたのがわかりました。

 

「ふふっ、よく寝てる〜」

 

と母の声が聞こえ、その時に始めて、隠されていた「大きな秘密」の正体を知ったのです。

 

本当にサンタクロースが来たこと、

そのサンタクロースは何もくれなかったこと、

プレゼントは両親からだと知ったこと。

 

一夜で起きた出来事はカオスすぎて、正直いまだに消化できていませんw

 

 

f:id:twinklesachiko:20161224115602j:plain