謎はいつもそこに

子供の頃から自然に生活の中にまざっていた不自然なものたちのお話。

獅子は月見て何想う

 

久しぶりのキャンプに行ってきました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170808104316j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170808121913j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170808121933j:plain

 

 

 

f:id:twinklesachiko:20170808104909j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170808104835j:plain

 

 

湖で泳ぎながらスマホで撮った一枚の写真に、私は既視感を覚えました。

こちらの写真です。夫を撮ったもの。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170808103135j:plain

 

 

なんだっけこれ?

 

あ!あれだ!昔ライブペインティングで描いたやつ!

 

 

f:id:twinklesachiko:20160810222527j:plain

 

 

ポーズは違うけど、似てませんか?

 

この絵はこの場所のことだったんだなあ。

描いた絵がタイムラインと重なるまで9年くらいかかりました。

 

 

そして今日は満月であり、ライオンズゲートが開く日とも言われていますが、昔描いた絵の中からぴったりなものを見つけました。

 

6年前くらいの絵かな?

 

 

f:id:twinklesachiko:20170808102522j:plain

 

 

獅子は月見て何想う

 

孤独な荒野で見上げた月に、ひとすじの光

 

何もないと思っていた場所で、新たな天啓が降りる

 

何もなかったのではない

 

何も見ていなかっただけ

 

からっぽになった手のひらの中で、それこそが完成形だと気づく

 

これまでの時間、自分自身への信頼を深めてきたからわかること

 

何もない

 

つかまるところもない

 

それこそが完成形

 

 

 

8月8日 Happy new world

 

 

f:id:twinklesachiko:20170808114324j:plain

 

 

ライオンの絵を見てたら降りてきた言葉です。

 

なんだか楽しみですね。GOGO〜!

 

 

東京アートDAY

 

昨日はお昼過ぎに代々木で用事を終え、次の予定が夕方に高円寺での待ち合わせだったので、それまで何か展覧会でも行こうと思い検索してみると、、、

 

 

まさかのダヴィンチの展覧会を発見!

 

f:id:twinklesachiko:20170802202735j:plain

 

レオナルド×ミケランジェロ展|三菱一号館美術館(東京・丸の内)

 

 

ダヴィンチ・タロットを使うまではレオナルド・ダ・ヴィンチあまり興味を持ってなかった私ですが、毎日のようにカードと戯れていたら、原画が見たい!と思うようになりました。

 

原画を見て、本物のエネルギーを感じたい、と。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170326215829j:plain

 

 

だから一番見たい人の展覧会がやっていたわけで、もうすごいテンアゲでしたw

 

場所は三菱一号美術館。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170802162450j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170802162511j:plain

 

 

洋館が大好きな私は、またまたテンアゲ。

 

今回はダヴィンチとミケランジェロの展覧会で、油絵も少しはあったけどメインは素描(デッサン)。

 

天才ふたりの素描展、素描対決みたいな感じ。

 

f:id:twinklesachiko:20170802210609j:plain

 

 

 

f:id:twinklesachiko:20170802162539j:plain

 

 

これもまたシンクロ運命的で、タロットの絵柄は全部素描のものなので、私にしてみたら

 

「タロット原画展」だったわけです!!

 

もうねもうね、どれもこれもいつも見ている絵なわけですよ。

知ってる絵ばかりなわけですよ。

その原画!生のエネルギー!生ダヴィンチ先生!!(握りこぶし

 

 

f:id:twinklesachiko:20170802202846j:plain

 

 

面白かったのは、どちらも素描の絵なのに、パッと見て区別がついたこと。 

 

絵の知識ではなく、エネルギーが全然違うんです。

 

私はどちらの歴史的なことも作品に関しても、お恥ずかしながらほとんど無知なので、これはあくまでも感じただけのことなのですが、

 

ミケランジェロは好青年で、家族を大切にするような人。

 

物事の見方にも優しさや礼儀、公平さがあって、親切。フェミニスト

 

芸術に対してまっすぐの優等生。

 

 

対してダヴィンチはちょっと変態的で変わり者、闇の組織や呪術にも関与していたんじゃないかな?と感じてしまう何か。

 

ふたりは同じ時代に生きたとはいえ20歳くらい離れていたので、世代的なものはあるにせよ、紙に乗っているエネルギーの質の違いは明白でした。

 

どっちがいいとか凄いかではなく、宿しているものの違い。

 

とっても見応えのある展覧会でした。品質管理のため、めちゃくちゃ冷房効いてるので暑い日におすすめです(そこかいっ

 

 

f:id:twinklesachiko:20170802210447j:plain

 

 

 

からの、高円寺キタコレビル Garter galleryでのchim↑pomの展覧会!

 

 

bijutsutecho.com

 

 

前回の歌舞伎町の展覧会での作品を解体したものを、さらに展示した展覧会。

 

前回の展覧会ではネズミさんの怨念を念写してしまいましたが、今回はカメラは持っていなかったので何も起きませんでした。

 

前回はこちら。

 

 

funcyqutton.hatenablog.com

 

今回はスマホ写真ですが、スーパーラットもいましたよ。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170802162704j:plain

 

 

パルコのPとCも展示されてます。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170802162724j:plain

 

 

そしてそして、マンホールも通れます!

 

 

f:id:twinklesachiko:20170802162754j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170802162845j:plain

 

 

これはギャラリー内に道路を再現して作られたもの。室内にこの感じを再現しちゃうの凄いです。

 

こちらの展覧会は冷房が効いてないので涼しい日がおすすめです。

 

 

そんな東京アートDAYでした♪

 

 

f:id:twinklesachiko:20170802212510j:plain

 

 

 

私の世界14. Long time no see

 

父が亡くなって1年が経ちました。

 

先日、一周忌も無事に終わったところです。

 

 

 

父は亡くなってからもしばらく側に居てくれて、写真も教えてくれました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170802190912j:plain

 

 

私はそんな霊体の父との交流を経て、やはり魂に終わりはないんだと確信しました。

 

そして死という一大イベントは、見えない存在たちがきちんとサポートしてくれているのだと。

 

生きている今だって、ひとりの人間に対してたくさんの存在がチームとなって一緒に生きているのです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170802170811j:plain

 

 

父の旅立ちに関してまとめた「私の世界」シリーズにその辺りのことは書いてあるので、最初の記事だけ貼っておきます。

 

もう1年前か〜、早いですね。

 

 

funcyqutton.hatenablog.com

 


最終話で霊体の父とお別れしてからは、それっきり現れなくなってたんですが、一度だけ息子の運動会に来てくれたんです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170802192343j:plain

 

 

運動会の最初の時間は、父の不在がより寂しく感じました。

いつもはりきって息子の写真を撮ってくれていたからです。

 

 

午前中の競技が終わって、 シートにアウトドア椅子を並べ、母や義両親みんなで座り、お弁当を食べ始めた時でした。

 

 

明らかに、父がいる。

 

 

このシートの中に一緒に座っている父をはっきりと感じました。

 

いる。来てくれてる。

 

 

その瞬間、バン!と母の椅子が割れて、母がシートに転がり落ちたのです。

 

小さなアウトドア用の折りたたみ椅子で、座るところがプラスチックでできているものなんですが、座っていたプラスチック部分が突然思いっきり割れたんです。

 

割れただけではなく、母が思いっきり尻もちをつく爆発感。

 

いきなりの謎な出来事に一瞬みんな戸惑いながらも、母は「やだ恥ずかしい〜」と笑い、義父も「ちょっと体重が重かったのかもなっw」と明るくフォローしてくれ、楽しい昼食に戻りました。

 

 

運動会が終わって家に帰ってから、お昼の時に父が来てくれてたことを夫に話したら、

 

「俺はあの椅子が割れた時に、お父さんだ!って思った」

 

と言っていました。

 

母に、思いっきり抱きついたんですかね?笑

 

 

以前書いたハレツするネックレスといい、エネルギーが噛み合いすぎるとモノって割れたりするんですよね。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170512191057j:plain

 

 

あの記事に寺嫁の友人が「新品のお数珠も割れることがあるよ」とコメントくれたのですが、やっぱりあるんですね。

 

 

 

 

今、父は遠くで何かを勉強している感じです。

 

 

 

変わっていく、変容していく。

 

生きていても、いなくても。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170802183701j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脱皮

 

お久しぶりの更新となってしまいました。

 

6月に入ってから体調を崩し、アレルギーが悪化して寝込む日々でした。。

 

体は辛いし皮膚はただれ、体感以上に自分のビジュアルが辛かったです。

 

もうこんな皮膚なら今生の人生は終わっていいよ、来世は綺麗な白人でよろしく神様!

 

そんなことばかり考えていたら、ある夜、本当に死んだのです。

 

 

 

私の中にいる、醜い自分は受け入れたくない私が。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170710082809j:plain

 

 

ティンカーベルが飛んでいる夜でした。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170710082745j:plain

 

 

 

突如降りて来た天啓の内容はもう、あまり覚えていません。

 

けれど、私が手に入れた事実は、人生が変わってしまうものでした。

 

肌がボロボロでも、デブでもガリでもハゲでも出っ歯でも、世界は何も禁止なんかしてない。

 

 

ブスでもババアでも頭がイカレてても、世界は何も禁止なんかしてない。

 

 

ただ一人以外は。

 

そう、自分以外は。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170706111639j:plain

 

 

誰に何を言われても、自分が自分を守れていれば傷つくことがないのです。

 

 

逆にいくら褒めてもらっても、そこに同意しない限り、どの言葉も「宛先人不明」で送り主に虚しく戻って行くしかない。

 

全ては自分次第。

 

自分を傷つけることができるのは、宇宙で自分しかいないということ。

 

 

そのことが腹にストンと落ちたら、今までどれだけ自分が自分にダメ出しをしてきたのかよくわかってしまいました。

 

 

だからって手のひらを返すように「どんな状態でも生きてることに感謝!」とは思いません。

辛いものは辛いし、そもそも死んでからも素晴らしいはずだし。

 

けれど、「辛くてやだ」も含めて、そのままでOK!にしました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170516022640j:plain

 

 

自分の嫌な姿は拒絶したくなるけど、嫌なものは嫌なまま、でも否定はしなくていい。

 

 

集合的無意識の影響もすごくあったと思います。

 

世の中の「美とはこういうもの!」というマーケティングとか、歳はとっても若くいるべき!みたいな世の中の想念が、もはや強迫観念となってこびりついていたのかもしれません。

 

無農薬で元気に育った野菜はいろんな形をしているのに、なぜスーパーで売られてる野菜のような姿を目指さなくてはいけないのか。

 

みんなちがってみんないいのに。

 

どれだけのプレッシャーを自分に与えていたのでしょうね。

 

 

 

翌日の朝日はこんなんでした!

 

 

f:id:twinklesachiko:20170710082541j:plain

 

 

ピッカー!全て自分次第。なんて自由。

 

 

 

そうそう、いいお医者さんに出会えて今は回復しています。

 

けれど、私はこの体が面白いと思えてきました。

 

肉類のアレルギーだから野菜ばかり食べていたら、ものすごくよく絵が描けるコンディションになったし、

 

お医者さんには「炎天下の作業とか力仕事はしないでください」と言われたから、

 

涼しい部屋でのんびりしてていいんだもの。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170625150223j:plain

 

 

そしてもう、「美しさ」すらどうでもいいかなって。

 

外見的に可愛くありたい、美しくありたいって気持ちがもうほとんどないので非常に快適になりました。

 

 

 

 

全ては内側のことだから❤️

 

 

f:id:twinklesachiko:20170731015931j:plain

 

 

面白くて心地よければ最高だね。

 

 

新月とタヌキ

 

大浄化の真っ最中に、庭に子ダヌキが迷い込んで来ました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170625154203j:plain

 

 

タヌキってイヌ科なんだな〜と思わせる咆哮。音量。

 

でもめちゃくちゃ可愛いんです。まだちっちゃくて✨

 

 

f:id:twinklesachiko:20170625154222j:plain

 

↑アポロは何もしてないですよw

 

 

夫に連絡してから、母は動物が好きだから見に来るかな?と思い、電話。

 

「子ダヌキが来ててさ〜、なんか庭でじっとしてるからとりあえず捕獲したんだけどさ、」

 

と言うと、口調が説教モードになり。。

 

要約すると、どんな病原菌を持ってるかわからないんだから気をつけなさい。

捕獲して山に逃がしに行くのは、あんたはいいことした気になるだろうけど、山の生態系が崩れることがある。

保健所に連絡して素人は手を出さないのが一番。

保健所で処分してもらうのが正しい行いだ。

 

 

「私が言ってること、わかるよね?」

 

 

そうだ。この人は正論しか言わない人だった。

母はいつだって、だいたい正しい。

だけど、そこに納めたくないものをいつも持て余して来た私はいつしか、大事なことは隠す娘になっていた。

 

 

「わかる。わかるけど、よく考えたい。」

 

 

ちょっと不穏な感じで電話は終わり、さてどうしたものかと考える。

 

まさかこの歳で、捨て猫を拾って帰って怒られるみたいな体験をするなんて。。

 

外のゲージに入った子ダヌキは動かず、もしかしたらどこか怪我をしていて朝まで生きていないかもしれない。そうだ、朝まで生きてたらどうすればいいか考えることにしよう。

 

夜中、キュイキュイ声がし始めたので見に行くと餌がなくなってる。

自力で山に帰ればいいなと思ったのでゲージの入り口は開けたままに。

 

でも夫が「ポン太」と命名。

明け方くらいまで、庭で鳴き声と動き回る音がしていました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170625230828j:plain

 

 

次の日、ゲージにいないのを見た息子が

 

「飼いたかったなぁ。ポン太ってつけたかったのに〜!」

 

DNAってすごい。私は思いつきもしなかったけど?笑

 

 

ポン太は一日中、姿は見せないものの庭をうろちょろしていました。

置いておいた餌もきれいになくなっていました。元気になったみたいです。

 

もうきっと自分で山に帰って行くなと思ったので、ほっときました。

 

 

夜、家族が寝静まったあとお風呂に入ってると、ポン太じゃないタヌキの声がするのです。こんな短期間にタヌキの声の聞き分けができるようになるなんてね。

 

もしかして、仲間かな?

 

でも、夜なので姿はわからず。

 

お風呂から出た私は、縁側で涼んでいました。

 

すると、野良猫が近づいて来ま... いや、タヌキだ!!大人のタヌキ!

 

1mの距離で、しばらく見つめ合う私とタヌキ。

 

ああ、これはポン太のお母さんだ。なんとなくそうわかりました。

 

そのタヌキはくるりと向きを変え、帰って行きました。

 

 挨拶に来てくれたのかな。

 

 

 

いなくなった子供を探しに、民家の庭まで来た母タヌキ。

 

どんな時も見守り、どんな場所にも助けに行く。

 

そうだよなあ。母親って、本心とは別に「正しいこと」を教えなきゃいけない生き物なんだよね。

 

 

次の日「ポン太はお母さんが迎えに来て帰って行きました」と母にラインすると、

 

「何それ(笑)また今度聞かせて」と返ってきました。

 

全部丸くおさまったかな?そして今宵は新月。今月はどんな新月なのかな〜とサイトを見ると、まさかの「母親との関係」がテーマに上がってるじゃないですか。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170625234203p:plain

 

 

matome.naver.jp

 

おもしろいなあ。そんなタヌキ事件でした。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170625234954j:plain

 

 

おやすみなさい🌛

 

レットゴー

 

夏至の記事を書いた次の日、ものすごい暗闇の中にいました。

 

夏至で開いたゲートからのエネルギー、光の量が凄すぎて、自分の中の闇が炙り出されてしまったようで。

 

光って、強すぎると闇が強調されちゃうんですよね。

何でも光で照らしゃいいってモンじゃなくて、用法容量を守るじゃないけど、

 

「癒し」って、適した時に適したエネルギーを受けて初めて成立するわけで。

 

 

ただでさえ地球は二元性の星なので、何でも極まれば反転してしまうんです。

 

しかし自分で調整できるものならいいのですが、相手は宇宙。自然。

オープン・ザ・ゲート待ったなし。強制浄化スタート。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170625145838j:plain

 

 

一言で言うならば、市内全域の女性たちの生理前の鬱がまとめてやって来た、みたいな感じです。

 

しかも手荒れは悪化、熱も出て、一日中熟睡し続けても、夜もこんこんと眠り続けました。

 

情緒不安定と思われるのを覚悟の上で書きますが、

 

「もうこの人生終わっても何とも思わないなー」

 

と、さらっと思えてしまうくらい闇に飲み込まれていて、体が求める食べ物は少量のフルーツと野菜だけ。

 

大晦日以来の大浄化。久々のbig waveでした。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170625152519j:plain

 

 

その大波に飲み込まれながら、思ったのです。

 

「この波は生命力が弱ってる人には耐えられないんじゃないか?」

 

 

真っ先に浮かんだのは小林麻央さんでした。

 

ゲートが開くタイミング、光が強まる時は、だいたい重病人や死に近い人は旅立ちます。満月の日にお産が増えるのと同じです。

 

そうなるとこれは私の闇が噴出しているのか、旅立とうとしている魂たちのエネルギーに共鳴しているだけなのか、はたまたその両方か。

 

検証する余裕もなく、寝込んだまま闇に耐えていました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170625154117j:plain

 

 

翌朝起きると少しはマシになっていて、ニュースで麻央さんの訃報を知り、やっぱりそうだったんだな、と思いました。

 

だからと言うわけじゃないけど、何だかとても追悼の気持ちが湧いて、珍しくテレビをつけて海老蔵さんの会見も拝見しました。

 

 

私はその後も闇が続き、食生活はずっと野菜とフルーツのみ。

 

食べ物の体への負担が少ないので精神も徐々にラクになっていたのですが、

確かにあの晩、私の中でも誰かが死んだのです。

 

私の中にたくさんいるうちの、ひとりの私が。

 

 

何かが捨て去られ、どこか新しい私になっていました。

 

その新しい私は言いました。

 

「息をしているだけで、それだけで十分なんだよ。」

 

 

f:id:twinklesachiko:20170625150223j:plain

 

 

0を、着飾ったり仕事をすることで5とか6に高めていく生き方

 

自己実現をして8までいくと愛される価値があると思えるような世界

 

そういうことじゃなくて、0は0のままで完璧な存在なんだと、新しい私は教えてくれました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170625150333j:plain

 

 

テレビで麻央さんの綴った文章が紹介されていたのですが、

 

「家族は、私が彼らのために料理を作れなくても、幼稚園の送り迎えができなくても、

私を妻として、母として、以前と同じく、認め、信じ、愛してくれていました。」

 

大きなメッセージだと思います。

 

そしてそれは家族にとどまらず、自分にも言ってあげられること。

 

どんな状態でも、花が花であることは変わらない。

 

f:id:twinklesachiko:20170625150556j:plain

 

存在しているということは、それだけで全宇宙から祝福されている証拠。

 

f:id:twinklesachiko:20170625150853j:plain

 

 

何かになろうとしなくていい。何にもしなくたっていい。

 

生き方が少し変わりそうな気がします。

 

 

麻央さんは、新たなる次元でも変わらず輝いて、たくさんの存在に囲まれ愛されているのを感じるので、ご冥福をお祈りすると共に、愛と感謝とエールを送りたいと思います。

 

ありがとうございました。

 

 

神が消えた日

 

今朝、息子の部屋の前を通ると、白いヒトガタの誰かがいました。

 

目の前に来て、わざとらしくサッと隠れる、子供の大きさの白い誰か。

 

久々にはっきりしたもの見たな〜と思い、特に怖くもなかったので気にせずキッチンで朝ごはんの用意をしていると、息子がダダダダーっと走って私のところへ来ました。

 

「なっなっ、何かいた!!俺の部屋にっ!俺は霊感あるんだ、間違いない!!」

 

あ〜、息子も見ちゃったのか。

これで母ちゃんも見たって言ったら「ほんとう」になっちゃうので、

 

「大丈夫、大丈夫〜」

 

と言って朝ごはん食べさせましたw

 

そして気がついたのですが、今日は夏至ですね!

 

 

f:id:twinklesachiko:20170612205328j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170621185150j:plain

 

 

夏至は「丘」が開く日。 白い子供は丘の住人かな?

 

一年前の記事に書いてあります。夏至と妖精のお話。

 

funcyqutton.hatenablog.com

 

 

夏至は太陽が一番パワフルな日。

新たな始まり。

 

なのに暴風雨っていうw

凄かったですね!

  

雨が本降りになる前の朝の時間、私は湿気とたちこめる重苦しさにダウンしていました。

 

もともと満月の日は心身がつらくなったり、曇りの日は体が重くて動けなくなったりするタイプなのですが、今日のつらさは尋常ではなく、

 

「もう地球にいるのは無理だ!」

 

と口に出してしまう程で、見かねた夫が治療してくれることになりましたw

 

 

f:id:twinklesachiko:20170621195743j:plain

 

 

背中のあるポイントにアクセスして不調の原因を探ると、まさかの

 

「神アレルギー」

 

という診断。しかも日本のあらゆる八百万の神ではなく、天地創造絶対神。GOD。

 

「アレルギーって、好きすぎるものか嫌いなものに隠れてることが多いんだけど、誰か信仰してる唯一神とか絶対神って、いる?」

 

と聞かれたのですが、特に誰かを信仰しているわけではないし、ましてや神は「全ての存在の内側に宿っているもの」と思っているので何のことかわからない。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170609205547j:plain

 

 

キリストじゃない、弁財天じゃない、

しばらく夫とあれこれ話を突き詰めていくと、こういうことでした。

 

 

私は地震とか低気圧とかタダゴトじゃない自然現象を感じると、無意識にその向こう側に「大いなる神」を想像してしまうようで、その「神」のストレスだったのです。

 

乱暴に無慈悲に暴れまわる、架空の神。

 

そんな神はいないのに、勝手に自分の中で生み出した神の存在により、

対自然現象 ではなく対人問題になってしまうようで

 

他人に境界線を侵される感覚を架空の神に感じ、アレルギー反応が出てしまう、と。

 

勝手に自分でストレスの相手を作って、勝手に苦しんでいたのが、

天候に左右される体調の正体!!!

 

 

そのカラクリを知ることによって、私の中の「絶対神」が消えました。

 

 

もうその瞬間から体がすっごいラクになっちゃって!

 

「地球にいるのは無理だ!」レベルから「湿気多いなー」程度に。

 

完全に人生観が変わってしまいました。

 

ゲシュタルト崩壊っていうか、ゲシタルト崩壊。

 

もう一回言いますね。ゲシタルト崩壊。

 

 

ゲシ、、

 

 

 

 

 

f:id:twinklesachiko:20170621193352j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170621193410j:plain

 

 

 雨上がりの夕暮れでゲシ〜。(もはや語尾に