謎はいつもそこに

子供の頃から自然に生活の中にまざっていた不自然なものたちのお話。

マリアをめぐる冒険


これまでのマリア様との交流を、思い出しながら書いてみたいと思います。



2年前、1111や2222のぞろ目ばかり現れ始めた頃、なぜだかチャネリングに興味が湧き、それまでは勝手に見えたり感じたりしていた存在に、初めて自分からコンタクトを試みたのです。


その時読んでいたチャネリング本には、悪質な霊や存在とは交流しない方法が書かれていたので、とても参考になりました。



私は特に誰とはなく交流してみたのですが、とにかくキリストとマリアが現れ始めたのです。



朝の半覚醒のまどろみの中、数人の子供たちの楽しそうな声が聴こえてきます。


「あのねぇ〜、うふふ!」

「今ね〜」

「ふふっ 今ねぇ、マリア様が近くにいるんだよ〜」

「ほんとだよ♪」


目を覚ますと、誰もいませんでした。


またある時は、マリア本人が枕元に立ち、はっきりとした声で


マグダラのマリア!」


と言いました。

その時の私はマグダラのマリアを知らなかったので、起きて検索したら本当に存在していたのでとても驚きました。


どうやら、マリアはマリアでも、聖母マリア(キリストの母)ではなくマグダラのマリア(キリストの恋人)だと主張したかった様です。


その後もマリアは現れ続け、「○○を作りなさい」とお菓子作りまで指示されたこともありました。


(作りましたよ笑)



ある朝、目が覚める直前に、金色に輝く木像のマリアが涙を流している夢を見ました。


目が覚めてすぐ、夢に現れたマリアに似た画像を探してみると、ほぼ同じものを発見。


秋田にある教会のマリアで、時々涙を流すと有名な木像のマリアだったのです!


f:id:twinklesachiko:20170201235603j:plain



秋田の親友に早速メールで聞いてみると、


「うちから車で10分だよ笑」


えー!これはいつか行きたい!と思いながら、その日は朝から瞑想のワークショップに行く予定だったので出発。


参加者4人程の会に、なんだかエナジーの強い、笑顔の素敵な女性が来ていたので話してみると、なんとお名前が「マリアさん」!


パワフルなヒーラーさんで、タロットもやると聞いたので、瞑想後にすぐセッションを受けさせていただきました。



その時の私は、まさか2年後に自分がタロット占い師になっているとは少しも想像していなかったです。


人生っておもしろい。


こうして振り返ってみると、マリアの涙はやはりメッセージだったんだなぁと思います。




そして今、私は夜行バスに乗っているわけなのですが...


行き先は秋田。



絵と写真とタロットのお仕事で単身秋田へ向かっています。

(協力してくれた家族に感謝✨)



あの涙のマリアにも会いに行くつもりです。




しかしスムーズに行かないのが私。

うっかり各駅に乗ってしまい、トイレ行きたいなぁと思いながら新宿に着いた時にはバス出発ぎりぎり。


バスターミナルのトイレには長蛇の列。


まぁ、言っても夜行バスですから。バスのトイレでいいや〜と乗り込んだらトイレがない


え?嘘だよね?


バス出発。


「次の休憩所は1時間20分後〜」


待って。本当に無理なんだけど。


もうバスの中でどうやって用を足そうか考える。ビニール袋にタオルを敷い、、いやいや待て。ちょっと待て。私今年で36歳。


去年、高速を運転しながらビニール袋にゲロ吐いたことが頭をよぎる。


ゲロ用の袋はあるのになぜおしっこ用の袋はないのだ


秋田の親友からラインが来たのでおしっこ漏らしそうだと泣きつくと


「ブログ書いて乗り越えて!!」


というわけで白目になりながら書いたのが本日のブログです。


「あの涙のマリアにも会いに行くつもりです」まで書いたところで休憩所に到着!


トイレに駆け込んだらドアの木目がマリアに見えました


f:id:twinklesachiko:20170202004140j:plain





新月と旧正月

 

今日は新月、そして旧暦のお正月ですね。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170122222043j:plain

 

 

 

昨日まで普通に使っていた香水の蓋が、メタメタに割れてましたw

 

何もしていないのに、今朝バッグから出したらこんなに割れている。。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170128181108j:plain

 

 

これはミラクルガールが作ってくれた特別な香りで、彼女が世界中を旅して集めた希少な香水やアロマ、海外のマジカルショップで仕入れたエッセンス、小さなパワーストーンなどが、かなりのハイ・エネルギーでミックスされているもの。

 

 

私、お仕事の時は必ずつけています。プロテクト感もすごく強くて、なくなるとリピートしているのですが、空になったボトルを持ってるだけでも気持ちがラクになるんです。

 

中をチェックすると、半分以上入ってた中身もカラに。

バッグの中でこぼれているわけでもなく。

 

 

これを見た瞬間、中のエネルギーが結界(蓋)を破って飛び出したのを感じて。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170128195718j:plain

 

 

これは... 新しいスタートを意味してるのかな??

 

 

以前、ルルドの泉の水の入ったボトルを胸にあてて瞑想をしてた時にも、中の水がブシュブシュ噴き出してきたことがあったので、何かのメッセージなのは間違いなさそう。

 

 

なんとなく、久しぶりに「日本の神様カード」を引いてみました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170128181350j:plain

 

 

出たカードはこちら。経津主神

 

 

f:id:twinklesachiko:20170128181413j:plain

 

 

めっ 目覚め!

 

自分で言うのもなんだけど...まだ目覚めるの?

いいの?w

そろそろ人間のふりもできなくなりそうw

 

 

窓の外を見ると、和風の妖精が。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170126091406j:plain

 

 

経津主神さまでしょうか?

 

わかりました。目覚めます。

 

 

 

f:id:twinklesachiko:20170128191513j:plain

 

 

うちにあるタロットは、

左から、日本の神様カード、観音力カード、ギャラクシータロット、ダ・ヴィンチ・タロット。

私がセッションで使っているのは右のふたつです。 

 

それぞれ誰がメッセージをくれるのかを書くと、

 

左から、神様、仏様、大天使や女神、天才。

 

天才ダヴィンチだけ人間なんですよね。

 

 

昨日会っていたお友達が言っていました。

「人間をやったことのない存在からのメッセージは参考にならねえ」と。笑

 

 

f:id:twinklesachiko:20170128192220j:plain

 

 

それ、ちょっとわかるなあと思って。

私も最初はギャラクシータロットだけを使っていたのですが、それ自体はすごく私に合っているし、素晴らしいタロットだなあと思っていたのですが、だんだんアドバイスが「半分」な感じがしてきたのです。

 

陽だけ、上だけ、女性性だけ、精神的だけ、というか。

 

陰や、下や、男性性の具体的なアドバイスがあれば完璧なのに、と思っていた頃、古本屋さんの中を歩いていたらグイっと何かに引っぱられ、振り向いたところにあったのがダ・ヴィンチ・タロットでした。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170128200113j:plain

 

 

ダ・ヴィンチの男性的で天才的な視点はいつもおもしろいです。

 

ギャラクシータロットとの出会いのお話も、そのうち書きたいと思います。

 

では、良きnew timeをお過ごしください☆

 

 

あの家は

 

今日は実家の引き渡しだったので、母と一緒に行ってきました。

 

引っ越しはまだ少し先ですが、今日からは母の家です。 

 

 

f:id:twinklesachiko:20170127201345j:plain

 

 

今日はまずお清めをしました。

 

母は各部屋に塩とお酒をお供えし、私は部屋のエネルギーを感じながら邪気を払っていきます。

 

更地になった時に、私と夫で土地の波動をチェックして、必要なところに必要な鎮め物を埋めたので、もうそんなにやることはないくらいには仕上がっていました。

 

 

二階に上がり、ふと廊下を見ると、一瞬でしたが昔実家で飼っていた猫がフッと現れて消えました。

 

怖い感じではなく、光の中を歩いている感じで。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170127212247j:plain

 

 

霊というより、ここの場の「記憶」なのかな?

 

あるいは別次元の実家と、一瞬すれ違ったような感覚。

 

 

ひと通り浄化してまわった後、一階のリビングに母が持ってきた父の写真があったので、その前に立って少し瞑想しました。

 

私の背後にはリビングが広がっているのですが、しばらくひとりでその場に意識をとけ込ませていると、うしろのリビングに20人くらいご先祖様がいるのを感じました。

 

正面には父、その横には祖母。なぜか梅の木も見えました。

古き昭和の風景みたいな日だまりの中、みんなわくわくした面持ちで新しいお家を見に来たみたいでした。(祖母がきちんとしたおしゃれをしていたのが、特にそれを物語っていました。)

 

みんな和気あいあいとしていて、でも父は明らかにみんなから讃えられていた気がします。

 

やっぱり、家ってご先祖様にも関係のあるものなんですね。改めてそう感じました。

 

 

 

以前書いた記事に「自分が設定してきたシナリオと違うところに生まれてしまった!」と感じていた時のことを書きましたが、

 

 

funcyqutton.hatenablog.com

 

子供の頃から、愛の波動に満ちた白くて広い家のビジョンもずっとあったので

「あの家は何なんだろう?」と思っていたのです。

 

 

母は今日、父と一緒に打ち合わせからずっとお世話になっていた設計の方に

 

「夫が介護になっても大丈夫なように、夫のために建ててあげたかった家なんです」

 

と言っていました。

 

父は父で最後の打ち合わせの時、母が席を立った隙に

 

「家ができる頃、私は多分もういないので、あとはよろしくお願いします」

 

と言っていたそうです。

 

 

私がキャッチしていた「愛の波動に満ちた白い家」というのは、つまりそういうことだったのです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170127220223j:plain

 

 

これはすごく大事なことだと思うのですが、

 

「愛の波動に満ちた白い家」というものは、私が生まれた時に存在していなかったのは当たり前のことだったのです。

 

 

父は激務の時期も一生懸命働き、勤め上げ、母は長男の嫁でもないのにずっと姑と暮らしながら最後は7年介護をし、娘の反抗期とか、あらゆる出来事を乗り越えた先の、父の病気。

 

つらすぎて耐えられない出来事、受け入れたくない現実、そういう見たくないもの、やりたくないものから逃げずに向き合った先に待っていたのが

 

「愛の波動に満ちた白い家」なんじゃないでしょうか。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170122235711j:plain

 

 

それは、目指して到達できるものでも、無理やり手に入れられるものでもなく

 

ただただ地味な作業の果てにあるもの。

 

 

地味で、ひたむきで、美しい作業。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170103181650j:plain

 

 

 

 

そして、ここまで体験することによって、「愛の波動に満ちた白い家」が、

本当は最初からここにあったことにも気づかされるのです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170127221909j:plain

 

 

 

 

 

シャッターを閉めて帰ろうとした時に、なんとなく撮ったら紫色の光が写りました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170127192039j:plain

 

 

そんなお話でした♪

私の世界13. ありがとう

 

私の祖母は95歳で大往生した時、亡くなってすぐは近くに存在を感じてたのですが、49日を待たずしてあちこち飛び回っているみたいでした。

 

95歳ということは、知り合いほとんどあの世ですからね。

忙しくもなるのかもしれません。

 

今、祖母はもう、とても遠くにいて、日常で存在を感じられることはほとんどありません。

強く強く呼べば来てくれると思うのですが、私は祖母からたくさんのものを貰ってるので、もうそれで十分だからいいのです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170122230514j:plain

 

 

ここ最近、父が次のステージへ行く感じがしています。

 

数日前に母とお墓参りしてきたんですけど、母は律義なタイプなので、友人たちから届いてる手紙やハガキを、墓前で父に説明していました。

 

父はひとつひとつ嬉しそうに返事をしていて、別にいつもお墓にいるわけじゃないのに、やっぱり嬉しそうでした。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170122224457j:plain

 

帰りに寄った手打ちうどん屋さんのお庭で。

 

 

 

一昨日、マハコハンの夢を見た時に、もうひとつ見た夢があるんです。

 

私と姉が山の写真を見せ合って、それぞれ「私今度ここ登るよ〜」とか言ってるところにいきなり父が登場して、普通に話しかけてきたのです。

 

夢の中でも「おお!亡き父が現れた!」という感動と衝撃で。

 

姉も「お父さんじゃん!!」と嬉しそう。

 

しばらくたわいもない話をした後、よく見ると父が若返っているのです。

 

30〜40代くらいかな?

 

そして服を着ていなくて、体の4ヶ所に手術跡みたいな傷がありました。

 

服を着ていないのですが、体が発光しているように光ってるので、違和感はなく、そこに「準備が整ってきた」という感じを受けたのです。

 

目が覚めると、やっぱり父は次の場所へ旅立とうとしてるんだなと感じ、でももうじき実家の新築が完成するのでそれまではいるんだろうと思いました。

 

 

 

今日は母の家で蟹丼をご馳走になったんですけど、お正月に実家の新年会に行けず蟹にありつけなかった私のために作ってくれたごはんでした。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170122220610j:plain

 

 

うちの実家で「蟹」は父との思い出の食べ物のひとつで、毎年父は年の瀬になると築地で蟹を買ってきて、新年会で捌いて焼いてくれていたのです。

いくらも筋子を買ってきて、父が漬けてくれて。

 

それが食べられないことは、本当に父の不在を思い知るのです。

 

蟹を食べないお正月が、気持ちの上でも食欲の上でもこんなに悲しいとは思いませんでした。

そういうわけでの蟹丼だったのですが、帰宅してお布団でうとうとしていると、やっぱり父がそろそろ行ってしまう気がして、意識の中で話しかけてみたのです。

 

父は、やっぱり次へ行かなきゃいけないようで、力強く

 

「楽しかった!!」

 

と言いました。

 

「こんないろんな世界を体験できて本当に楽しかった。でもそろそろ次の仕事があるから。」

 

半分寝ているような状態で交信を続けます。

 

「私、お父さんの娘で良かった。ありがとう」

 

父は嬉しそうに笑い、

 

「もう写真も、わからないことあんまないだろ?」

 

と言いました。ああああ、そうか、ずーーーっと写真を教えてくれてたんだって、今更ながら理解しました。

 

父が亡くなってから、わからないところがあったので「どうして習っておかなかったんだろう」って後悔したんですよね。

 

いきなり写真のレベルが上がったのは、その後でした。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170122234553j:plain

 

 

どうして私は毎日写真を撮り続けていたのか。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170122234806j:plain

 

 

どうして勝手に上達していったのか。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170123001848j:plain

 

 

どうしてこんなにも光が写るのか。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170111192609j:plain

 

 

わかっているようで、全然わかってなかったなぁ。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170122235200j:plain

 

 

「今年も蟹、一応食えただろ?」

 

そう言われて、ああああ、それすらも父のギフトだったのかと。

 

今日、話の流れで、父が生前達成できなかったと思い込んでたものが、実は20年程前にもう達成していた事実を初めて知ったのです。

 

それを聞いて私、心底ホッとしたんです。なんだーーよかったーーって。

きっとそれも父の采配だったんでしょうね。

 

 

大丈夫だよ。俺は幸せだった、と。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170122235711j:plain

 

 

サイキックに生まれると、肉体の別れと魂の別れを二重に経験しなきゃいけないので、得なんだか損なんだかわかりませんね。笑

 

今、変換が勝手に「尊」になりましたw

 

得だし、尊なんですね〜♪

 

 

 

 

ありがとう。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170123001720j:plain

 

 

行ってらっしゃい。

 

 

銀河戦士とハートのメッセージ

 

息子が描いた宇宙戦争のお話。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170121124648j:plain 

 

 

 熱の戦士と氷の戦士の戦い。

その勢いは、まわりの人々が吹き飛ばされてしまう程の激しさだった。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170120223341j:plain

 

 

戦いはどんどん白熱していき、ついには...

 

 

f:id:twinklesachiko:20170120223407j:plain

 

 

統合され、ひとりの戦士になってしまった。

 

 

すると、闇の敵が登場。

名前は「チュウ・ニビョウ」

 

 

f:id:twinklesachiko:20170120223430j:plain

 

 

新たな戦いが始まった。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170120223457j:plain

 

 

 戦いがスパークして、エネルギーは地球をかすめて飛んで行く。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170121124712j:plain

 

 

そして戦士は、太陽を蹴り飛ばして...

 

 

f:id:twinklesachiko:20170121124731j:plain

 

 

粉々に!

 

その瞬間、太陽が粉々になった衝撃によって...

 

 

f:id:twinklesachiko:20170120223521j:plain

 

 

ふたりは兄弟になった!!!

 

そして彼らはあらゆる銀河をぶん投げに旅に出るのであった。おしまい。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170121124750j:plain

 

 

なんかいろいろ衝撃だったので載せちゃいました。w

 

そんな彼が嬉しそうに貰ってきたのがこちらのポスター。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170121125643j:plain

 

 

ハートネブラって書いてある通り、ハートの銀河!

 

「ぜひトイレに貼ってくれ」とのことだったのでトイレに貼りました。

 

 

 

最近、本当にハートがよく現れます。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170110100842j:plain

 

 

f:id:twinklesachiko:20170121131255p:plain

 

 

刺身を買っても入ってるし、

 

 

f:id:twinklesachiko:20170121125706j:plain

カルパッチョです。

 

 

生ビールの泡の中。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170121125730j:plain

 

 

フリマでハートのペンダントを見つけたので、自分用じゃなくても作品素材にも使えるな〜って買おうとしたんです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170121130821j:plain

 

 

これ、ちょっと謎なお話なんですけど、おばあさんが出しているブースで見つけたんですね。

手編みのニット小物が並んでるところに、ひとつだけこのペンダントがあって。

 

200円と値段がついてたので「これください」と言って、おばあさんに200円渡したら150円のお釣り渡してきて。

 

「えっ!違いますよ〜笑」

 

って言ったら、思わずハッとするような深い瞳で私を見ていて、慈悲深い微笑みを讃えながら、お釣りを握ってる私の手を両手で包んで首を横に振ったのです。

 

その間、無言で。

 

狐につままれたような気持ちになりながらも、素直に「ありがとう」とお礼を言い、50円で買ったのですが、これ何の造形なんだろう?とハート部分を見つめてみたら、なぜか逆さまにモチーフがついていたのです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170121125819j:plain

 

 

グラサンかけた、双子の天使!!

 

そんな出来事でした。

 

 

本当は誰のもの? その3

 

夢の中で、私は地下鉄のホームにいました。

ホームにはたくさん人がいて、なぜかディズニー帰りの人が多かったのを覚えています。

 

私の目の前には薄い緑色に輝く男の人が立っていて、デビッド・ボウイがさらに歳を取ったような顔で、ピーターパンみたいな服を着ていました。

 

f:id:twinklesachiko:20161017155458j:plain

 

白人ぽい顔立ちに、その皮膚も少し緑がかっていて、全体的に光っています。

 

その人は目の前に立っているのに私の方は見ないで、テレパシーで話しかけてきました。

 

 

「自分の内側を信頼して、内側へ入ってゆけ。

自己を深めなさい。答えはそこにある。」

 

 

f:id:twinklesachiko:20170121074734j:plain

 

 

名前を尋ねると「マハコハン」だと言いました。

 

アセンデッド・マスターのひとりです。

マスターのマスターであると聞いたことがあります。

 

目が覚めてすぐ、マハコハンを検索すると、オーラソーマのボトルが出てきました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170121075225j:plain

 

artbeing.com

 

読んでみると、夢で言われたこととほぼ同じことが書かれていました。

 

さらにこのページからの抜粋ですが、

B062 Maha Chohan(マハコハン)-今週のボトル

 

 

外側のマスターを見るのではなく、直接自分の内側にマスターを見いだすこと

 

ハートの内側に深く問いかけたときに聞こえてくる声に耳を傾ける、というこ
とです。

そうしたときに、内なる教師、内なるマスターとつながることができるのです。

内側に教師を見いだしたときには、まわりのすべての状況、すべての人が教師
となるのです。

 

 

これはまさにそうで、以前、心ない人の言葉で傷ついた時に、最終的には

 

「この人の要素は自分にもあるんだ」

 

という発見に繋がったのです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170121084759j:plain

 

 

Aさんがした犯罪について、Bさん(心ない人)が擁護しながら被害者(私)を叩いていたわけなんですが、

 

別件でCさんがやらかしたことを、私は友達だから受け止めていたのです。

友達なので、受け止めたり、受け止めてもらったり支え合う関係ですが、

 

受け止めること、受け入れることは、必ずしも愛とは限らないと気づいたのです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170121091511j:plain

 

 

敢えて受け入れない愛、叱る愛、離れる愛、

そう、離れることが本当の意味で愛になることがある。

 

 

被害者を叩くような真似はしなくても、結果的に同じことしてないかな?

 

 

その時に初めて、Bさんはそれを「体現して見せてくれた」「教えてくれた」のだと思えたのです。

 

すべての人が教科書であり、教師だと思えた体験でした。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170121083817j:plain

 

 

この間この記事をアップした時に

 

funcyqutton.hatenablog.com

 

facebookに知らない方からのコメントがついて、伝えたいところがずれて伝わっちゃってるなーと言葉の表現の難しさを感じたのですが、それは私も自分の本筋とずれてたからなんです、書くスタンスが。あくまでも当社比ですが。

 

結局その方は今日書いた「相手は写し鏡だ」を言いたかっただけで、そう考えた方がいいよと言っていたんですね。

でもさらに奥にあったのは

「つらい気持ちを分かち合える場もほしい」だったのです。

 

で、その時、友人も難解なコメントをしてくれてw

見る人によっては何言ってるかわからない変な女の子だと思うのでしょうが、私はそこに「敢えてもっと意味がわからない書き込みをすることで助けようとしてくれている」意図がわかったので、温かい気持ちになりました。

 

「本質を見抜く」をテーマにした記事で巻き起こった、本質見抜きゲーム。

 

すべてが愛のアートでできている。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170121093802j:plain

真ん中にイルカ♡

 

 

他の領域の気づきや解釈もあるので、それはまたの機会に書きたいと思います♪

 

この件について書き続けるのは根に持ってるからじゃないよw

学びが多い教材なだけです。そして私も完璧じゃない。向き合ったり、七転八倒を繰り返しながら自分の小ささと大きさを知っていく旅です。

 

今日も読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

こたつチャネリング その2

 

夢の中で私は、古着や中古のおもちゃが並ぶお店にいました。

 

洋服を見ていても、高いブランドのストールが安く売られていても心を奪われることはなく、ふらりと懐かしいおもちゃが並ぶコーナーへ行くと、かわいいユニコーンのついたポーチがあって、これは友達のお土産に買おうと思い、手に取りました。

 

 

なんだか懐かしい、色がきれいなおもちゃが並ぶ中、私は何かに気を取られました。

 

それは文房具についていたキャラクターかもしれないし、何かのイラストだったかもしれません。

 

 突然、小学校の記憶と場面が蘇ったのです。

 

 

 

「すごくすごく懐かしい場所が夢に出てくることない?」

 

掃除をしている時に、なぜかたいして仲良くもない男子に聞いてみたのです。

 

「小さい頃の記憶とか?」

 

ほうきを持った男子が言います。

 

「ううん。行ったことは絶対ないし、現実にはなさそうな場所なんだけど、その塔の一番上には会いたい人がいるんだよね。誰なのかも覚えてないんだけど、いることはわかってるんだ。すごく賢い人もいてさ。

その場所の夢はたまにしか見ないから、しょっちゅう行くことはできないんだけど」

 

その男子はばかにすることもなく不思議そうに聞いてくれて、

 

「ふ〜ん。なんか哲学的だね。」

 

と言いました。

 

会話はそこで終わったので続きは心の中で思ったことなんですが、

 

『こういう現実世界より、あの場所のことを考えているほうがずっと楽しいなあ。』

 

 

 

 

場面は夢の中の、中古のお店に戻りました。

 

「な?現実より、こっちの世界のほうがいいなんて思ってたじゃろ?」

 

と、賢くてかわいい神様みたいな人が言いました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170115192451j:plain

 

 

本当に驚きました。今の今までそんなクラスメイトとのやりとりのことは忘れていたけれど、確かに記憶にある出来事で、その「夢に出てくる塔」も懐かしくて仕方ありませんでした。

 

その頃、夢の場所は塔の形状も含め「現実ではありえない場所」と認識しているのに、でも「絶対に存在する場所」だと確信していました。

 

今は正体がわからなくても、大人になったら絶対にわかる!とも思っていたのです。

 

 

 

賢くてかわいい神様みたいな人に向かって話し始めた私は、小学生に戻っていました。

 

「だってさ、こっちの世界が素晴らしすぎて、現実世界がくだらなく思えちゃうんだもん。」

 

神様に向かって、少し拗ねた言い方をしていました。

 

「現実世界で起こることも、みんなが話してることもよくわからないんだもん。言葉が全部けむりに見えるよ。けむりが多いか、少ないか、それだけの違いにしか見えないんだもん。」

 

 

f:id:twinklesachiko:20170115192434j:plain

 

 

賢くてかわいい神様みたいな人は言いました。

 

「それでいいんじゃ。けむりに見えるのは、そこで燃えているものがあるからなんじゃ。何が燃えてるか、わかるかな?

 

 

魂じゃよ。」

 

そう言ってにっこり笑いました。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170115195822j:plain

 

 

「おまえさんがここに来れなくなったのは、現実世界でやるべきことがあったから。そうじゃろ?一見くだらない、美しくないと思うことでも、すべてが必要な体験なんじゃ。

 

うれしいことも、かなしいことも、全部を味わうことで魂を燃やすんじゃよ。

 

魂というのは、魂火(たましひ)なんじゃ。

 

魂火を燃やすことが、大事なことなんじゃよ。」

 

 

f:id:twinklesachiko:20170115195928j:plain

 

 

と、ここで昼寝から目覚めたのですが。

 

昨日、夫に治療してもらい体のバランスがすごく変わって、フラワーエッセンスも飲み始めたら頭の一ヶ所が痛くなったんです。

 

去年からバンバン来てる流れなのでさすがにもうわかってるんですけど、かなり大掛かりなアプデが体に起きているらしく、私の中の古いものや奥の扉が次々に開き始めているようです。デトックスもはんぱじゃなく。

だから、その頭痛も脱皮前の苦しい感じなんだろうと受け流していました。

抜けたらまた少し新しい世界に切り替わるのかな、と。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170115194359j:plain

 

 

今日はずっとこたつで横になってたのですが、昼寝する前に読んでたブログにシャンバラの世界にアクセスしてるヒーラーさんが出てきたので、シャンバラについて考えていたんです。

 

シャンバラってものをよく知らないけど...

アセンションした時に現れた人たちって、あれはこの人の言うところの「シャンバラ」なんだろうなと。

共通項目も多かったので、きっとそうなんだろうと思って眠ったら、こんな夢を見て、

 

 

 

 

私が子供の頃に夢の中でよく遊びに行っていた場所がまさにそこだったんだと、長い長い年月を経て知らされたのです。

 

 

f:id:twinklesachiko:20170115194912j:plain

 

 

追い出されて行けなくなってたことも初めて知りましたがww

 

 

 

起きたら体がすっきりしていて頭が痛いのも治っていたので、夢を忘れてしまう前に、寝起きでバーっと書きました!

 

かわいい神様だったなあ。

 

 

 

うれしいことも

たのしいことも

かなしいことも

 

くだらないことも

ほんいじゃないことも

くるしいだけのことも

 

意味があるから 

魂火を燃やすんじゃよ〜〜♡

 

 

f:id:twinklesachiko:20170115192513j:plain